病気のプロフィール

2004年6月中旬左胸だけ大きくなる。2週間と待たずに赤く2倍の大きさに。
2004年7月上旬おみくじで大凶を引き病院へ行くことを決心。どこへ行っても乳腺炎と診断されるが一向に快方に向わず。
2004年8月下旬4番目の病院にて乳がんと判明。29歳での告知。浸潤性乳管がんのVb期。病巣が大きいため抗がん剤治療(FEC療法5クール)をうける。
2005年1月上旬手術 左乳房切除、リンパ節郭清。病理結果により炎症性乳癌と判明。リンパ節転移29/35 VC期。ホルモンレセプター、ハーセプテストともに陰性。
2005年1月下旬放射線治療始まる。50グレイを25回に分けて照射。
2005年3月下旬抗がん剤治療(タキソテール 6クール)開始。
2005年7月下旬タキソテール6クール終了。以後経過観察。
2005年12月17日ハミングバード、天国へ旅立つ。

詳しくは100の質問を見てね


家署名の件ペン


皆さんにお願いした署名が39,081名分集まり、先日5月10日に尾辻厚生労働大臣へ要望書と共に提出されました。 署名にご協力いただいた皆様、また趣旨をご理解してくださった皆様、どうもありがとうございました。 詳しくは下記のページをご覧ください。
http://home.s00.itscom.net/777/kaigo/



2005年02月27日

恋の季節

まだまだ、春は遠いけど、私の愛する野鳥たちには
もう恋の季節。

番いで飛んでいる鳥たちは楽しげで見ていて嬉しくなる。

カラスが巣材を運んでいく

オナガが番いで飛んでいく
珍しくいい声で呼び合う

見知らぬ鳥たちがが猛スピード
でからまりながら遠くへ行く

あの子たちにはもう春がやってきて
全ての命に向かって一直線だ

鳥があの小さな体で精一杯鳴く姿
命をいっぱいに詰込んだ体はピカピカだ
磨かれた羽はやわらかで強い
小さなつめは梢を喜びで震わせる

小さな時から、小鳥を飼っていた。
あんなに小さいのに愛情は人一倍だ。

ひょんなことから野鳥を育てる機会があって、以来
野鳥も、飼い鳥も大好きなのだ。





posted by ハミングバード at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 死せる詩人の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月26日

幸せな二人

どこまで行くの?

一寸先の闇を知らない
無邪気なカップル
 
どこまで行く気?

すぐそこに迫った不幸
幸せの真っ只中

夢はマイホーム 中古でもいいかな
なんて新居を探して今日も二人
まっしぐら 私の体で物件探し

まだまだ先は長いからはやらないで
二人の気持ち

まだまだ見ていたい
ずっとずっとそばにいたい
このまま快適に飛ばしたい
二人同じ気持ちでしょう

もっともっと愛したい
どこまでも目指したい光の中

あんたたちは私なの
私はあんたたちなのよ
お互い見つめあうことはなくても
いつも一緒なんだ

もう少しだけゆっくりと
まあひとつ お茶でものんで
まあひとつ ここでおやすみ

posted by ハミングバード at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 死せる詩人の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月25日

HAIRCUT 100

髪を切る100の方法

腰近くまでのばした長い髪を切ったのは去年の9月のことだった。

抗がん剤で髪が抜けるのだ。(FEC療法をうけた)
長い髪が家でとぐろを巻かないように、先に短く切ることにした。

「本当に抜けるんですか?」とほとんど無意識に2回も聞いてし
まった。だって髪が抜けてしまうなんていくら言われても信じられ
ない。2回目の回答の時に、本当に言いづらそうに「すまないけど
抜けます。」と言われた。嫌なこと言わせて先生、ごめんなさい。
 
夏はさらさらと涼しげに鳴り
冬には純毛のマフラーだった

ペットの小鳥が私の髪をつらつらと
滑っていくのを見るのが好きだった

私の髪よ、さようなら

で、ボブにしたら

・・・かわいかった。(おいコラァ!)
で、気に入ったと思ったら2週間後には抜け始めた。抜けてしまうと後は
もうどうでもよくなってしまった。抜けてしまうのは最早仕方が無いので
おもむろに髪を引き抜いて「ほーら、おみくじだよ〜」と、即席おみくじ
にして遊んだ。夫はリアクションに困ってた。

一度、一部を残してほとんど抜けてしまった。一部というのが曲者で
落武者みたいだった。残りの髪は自分で切ってしまった。
G・Iジェーンみたい、と言いたいところだけど、どう見ても瀬戸内
寂聴かムショあがりだ。実家では野球部員というあだ名がついた。
またも夫はリアクションに困っていた。お父さんはいまだに見れない
でいる。かわいそうだけどちょっとかわいいのです。男の人ってこ
れだから・・。

今は地毛が1cmくらい伸びてきた。私の毛根はやる気満々だ。
まだ、そのまま外には出られないのでボブスタイルのかつらでお出かけ。
5ヶ月も付き合ってきたので、今ではすっかり馴染んでる。

かつらはフォンテーヌの既製品の人毛タイプを買った。12万ですね。
病院の美容室のお姉さんがきれいにカットしてくれた。
自分で洗ってセットするのが最初は面倒だけれど、慣れてくるとなんて
ことはない。しかも人毛なので触り心地もいい、市販のシャンプーで事
足りる。合成は専用シャンプーが必要だ。
洗うときはシャンプー、コンディショナー、トリートメントをすると
調子がいいようです。


posted by ハミングバード at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 抗がん剤治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月24日

胸の診察は乳腺外科へ

おっぱいの事って誰に訊けばいいのかなあ。

それは、乳腺外科です。

または乳腺外来、専門クリニックへ。

私は自分の胸が腫れた時、思いっきりよく産婦人科に行ってしまった。
ネットでおっぱいの事を調べて乳がんのHPに行き当たって、そこで
乳腺外科がいいよって書いてあるのを見たのにこの体たらく。

乳腺外科は大きな病院にあって、大きな病院は混んでるから嫌だったと
いうのと、自分はがんじゃないっていう思い込みがあった。
だけど、私の住んでいるところでは産婦人科で乳がんの検診をやって
いるんだよ。詳しく知っていると思うじゃないか〜。

調度、市から乳がん・子宮がん検診のはがきが来ていたので、ついでに
検診もしてもらおうと個人経営の産婦人科に赴いた。乳腺炎だろうとい
う事になり、5日間抗生物質を服用。一向によくならずにまた行った。
そこで言われたこと

「乳房は普通、外科で見てもらうものなんだよ。外科に行ってください。
あと検診だけど胸が腫れすぎていてしこりに触れないから、腫れがひい
たら検診をうけてごらんよ。」

すでに、胸全体がシコリだったわけですが・・。

乳がんに抗生物質。効くわけがないのです。
昔、映画で胃がんなのを知らずに胃薬飲んでた映画監督の話があった。
なんか、似てるなあ。まさか、そうだなんて思わなかったよね、監督。

次の外科でも、次の乳腺外科でも分からずとうとうがんセンターの
乳腺外科に行くことになったわけだけど、産婦人科と外科で1ヶ月を
費やしてしまった。最初から乳腺外科に行っていれば1ヶ月は早く診
断がついたということになる。

急がば回れ、急がば回れ。
ちょっと遠くても、すごく混んでいても、乳腺外科に行こう!
大切な自分の体だから。
posted by ハミングバード at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 乳がんのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月23日

YUKI 好きっ

YUKIのアルバム買っちゃった。

「joy」

アルバムが出るたびに、前のよりいいって
思えるアーティスト、それがYUKI。
ソロになってからのにわかファンだけど
許してもらえるかしら?

歌詞重視派だけど、YUKIの場合はこの
声だけで、かなり満足。あげく歌詞もいい
んだから文句ないよね。
YUKIって神様が創った新しい楽器なん
じゃないかな。
歌詞が言葉じゃなくて音に変わっていくの
を聴くのはとても心地がいい。

YUKI大好き。
もっと、もっと歌ってほしいよ。
posted by ハミングバード at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 心ときめきするもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月22日

はじめに

このブログを立ち上げた理由。それは少しでも多くの人に乳がんの情報
を提供できたらと思ったから。

私の経験を元に綴るし、先生ではないので専門的なお話はできないけれど
乳がん初心者として何をすればいいのかは自分なりに話せると思う。
乳がんの方、もしかしたらと不安に思っている方、乳がんに興味がある方
いや特に無いという方、みんなみんな大歓迎だよ。

いつも病気のことばかり考えているわけではないので、私の好きな本のこ
と絵本のこと、野鳥のことなどものせていくつもり。でも当分は病気の話
が多くなってしまうかも。ほら、書かないと忘れてしまうことってあるで
しょう?
それはともかく、どうぞよろしくね。

posted by ハミングバード at 01:58| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれなるもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。