病気のプロフィール

2004年6月中旬左胸だけ大きくなる。2週間と待たずに赤く2倍の大きさに。
2004年7月上旬おみくじで大凶を引き病院へ行くことを決心。どこへ行っても乳腺炎と診断されるが一向に快方に向わず。
2004年8月下旬4番目の病院にて乳がんと判明。29歳での告知。浸潤性乳管がんのVb期。病巣が大きいため抗がん剤治療(FEC療法5クール)をうける。
2005年1月上旬手術 左乳房切除、リンパ節郭清。病理結果により炎症性乳癌と判明。リンパ節転移29/35 VC期。ホルモンレセプター、ハーセプテストともに陰性。
2005年1月下旬放射線治療始まる。50グレイを25回に分けて照射。
2005年3月下旬抗がん剤治療(タキソテール 6クール)開始。
2005年7月下旬タキソテール6クール終了。以後経過観察。
2005年12月17日ハミングバード、天国へ旅立つ。

詳しくは100の質問を見てね


家署名の件ペン


皆さんにお願いした署名が39,081名分集まり、先日5月10日に尾辻厚生労働大臣へ要望書と共に提出されました。 署名にご協力いただいた皆様、また趣旨をご理解してくださった皆様、どうもありがとうございました。 詳しくは下記のページをご覧ください。
http://home.s00.itscom.net/777/kaigo/



2005年09月30日

君待つと

朝晩がめっきり寒くなりましたね。風の色はもう秋色。
私も洗濯物を取り込みながら体中で秋を感じていました。
そして

(今日はなんだか頭が寒いな)

と気付いたのです。何気なく窓を見ると

坊主頭の自分がいるではありませんか。

そう、かつらをつけ忘れてベランダに出ちまいました。

キョロキョロキョロ・・・

幸い誰もいません。部屋に戻りかつらをかぶってもう一度
ベランダへ出ました。


君待つと我が恋居れば我がやどの すだれ動かし秋の風ふく


今日は特に秋風が身にしみた私です。
ははははん。ふふふふん。


今日で9月も終わり。副作用もほとんど消えて、元気に
動き回ることができるようになりました。満足、満足。
来月は誕生日がやってくるのだけど、月初めから色々
と出かける予定が入っているの。それが私の誕生日
プレゼントだなあ、なんて今から楽しみにしてます。
来月もどうぞよろしく〜♪













posted by ハミングバード at 21:55| Comment(10) | TrackBack(0) | つれづれなるもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ピンクリボンキャンペーン

突然ですが10月2日に有楽町マリオンで開かれる
ピンクリボンシンポジウムに参加します!!
(一部はもういっぱいだったので二部のみ)

今月半ばに初めて乳がん関連の講演を聞いて、その
パワーに圧倒された私。本や雑誌では伝わってこない
熱気を感じ、これからは講演会になるべく参加しようと
地元の講演会に申し込みをして準備をしていた。

そうしたら、たまたま聖路加国際病院の中村清吾先生
にお会いした方の話を聞く機会があって「一目お会い
したいーーー」と熱烈に思い、ネットで検索していたら
先生の講演があるじゃない!それが今回のピンクリボン
シンポジウムだったの。申し込んだのが23日。招待状
が来たのが28日、今週の水曜日だよ。ギリギリセーフっ!

そして更に運命の輪は廻る・・。

(折角、東京さ出るだで誰がに会えねえべか。ブログ
で呼びかけるだか。でももう木曜日。いぐら何でも
急すぎだべー)

と思っていた矢先、私のブログ更新が滞っていたのを
体調でも崩したのかと心配してパトさんがメールを
くれた。(何てやさしいんだ、パトさんっ)

そこで私から一言。

「一緒にランチしてください黒ハート

「ええ、よろしくてよぴかぴか(新しい)

と、バラ色のお返事が来たのが今日。

そんなわけで急遽、オフ会となりました。ポッ。

もしこの急なオフ会に参加してあげてもいいわよ、という
方がいらっしゃったら明日中に私にメールをください。

11時半有楽町集合。ランチの場所、決まらず。もしかしたら
ランチを探してうろつくかも?!というオフ会でよければの話
なんですけど。
リボン今回のオフ会は同病の方限定とさせていただきます。
あしからず。)

posted by ハミングバード at 19:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 乳がん検診 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月29日

ピンクバンド3

J.POSHでピンクバンドが販売されてます。
9月21日からだって。


band2.jpg


2本で800円。良心的なお値段じゃないの。
でも送料が分からない・・。前に作ってくれたら
買うと言ったからではないれど購入しようっと。
サイズが大きめだけど。

ピンバッジもほしいけど、もう少しシンプルなのが
いいかなーー。ピンバッジも種類があって楽しいね。

↓J.POSHの啓発グッズのページ。
http://www.j-posh.com/goods1.htm


J.POSHでは啓発グッズの送料は無料だそうです!
それと、ピンバッジの実物をみたらとってもシンプル
でした。HPの写真をを見て四角いバッジなのかと思
っていたら違っていました。
posted by ハミングバード at 23:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 乳がん検診 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

講座3

行ってきました三回目の能講座!

今週始めは病院だったし、読み聞かせは忙しいしで
疲れ気味で、ぎりぎりまで休みたい気持ちだったけ
ど、そんなことをしたら後悔すると思い、出かけた。
前回も行った喫茶店で昼食をすませるとなんとなく
落ち着いてきて気分よく稽古場に向う。

三回目は能装束を見せてもらった。能装束は古けれ
ば古いほどよいものとされ、600年間も使われ続け
ているものがあるそうだ。昔の着物は今のものとは
比べ物にならないほどよくできているのだって。

着方も普通のものとは違っていた。着物って脇に線
が入っていてそれは体の横につけるのだけれど、能
装束はあえて脇線を前の方に持ってきて褄(ツマ、
着物の下のヒラヒラした部分)も通常より上に持って
くる。そうやって下の部分をねじり、能楽師が静止し
ていても装束で螺旋状の動きを表現するというとーっ
てもヒソヤカナ演出なのだ。


舞いの方は集中できなくて前回ほど気持ちよくはな
れなかったけれど、舞い自体は覚えてきたぞーー。
それと両肘は常に張った状態を保つのだけど、手術
した左側は突っ張った感じがいつもあるので容易に
構えることができる。これぞ怪我の功名よお。
肩の高さに腕を持ってくるといい感じに腋の下が伸
びて気持ちいいの、ストレッチも兼ねた舞い・・・・・・
なんて言ったらきっと先生に怒られるなあ。


写真は稽古場のお庭。
庭の向こうは海。

庭.jpg
posted by ハミングバード at 22:20| Comment(12) | TrackBack(0) | お稽古事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月27日

2ヶ月後の受診

昨日は久々の診察にちょっとドキドキしながらの通院。

先生の診察に3時間待たされちゃった。でも私、そんな
の気にしない。だって昨日は貴公子だったんだもの。
流行のヒラヒラしたブラウスを着ていただけなんだけど
夫が私を見るなり「キコウシみてえだ」って言うから私も
その気になったの。
そんなわけで貴公子は病院の庭のバラに「私のために
咲け!」と言いながら人気のない庭をずんずん進んで
いきました。

すると見たこともない木の実を発見。

ちいさな木のタ.jpg

この小さな実が鈴なりに木になっていた。

(へええ?!かっわいい〜)

ちょっと斜面を登って木に近づくと足元にはこおろぎ。
さっきから「ころころ〜りりり〜」って聞こえると思った。
しばらく木を眺めていると見知らぬ鳥がやってきた。頭部に
黒の2本ライン。濃いグレーの羽にオレンジのお腹。ジョウ
ビタキにも似てるけどなんか違う。口ばしにはかの木の実。
そしてそれを両脚にはさんでつつきだした。

カカカカカッ バッバッバッ

つついては皮を取りの繰り返し。脚がちょっと内股。

「ジージージー」

急に鳴きだしたと思ったら5〜6羽の仲間がやってきた。
一瞬にして野鳥天国!1mも離れていないところで野鳥
がえさを食べてる。そのうち実を取っては別の木で食べ
始めたことに気付いて、やはり邪魔だったのだなとその
場を去った。それでも貴公子大満足。
後で調べたらヤマガラという鳥だった。

そしてその後夢見心地で診察に。
久々の先生の姿に溜息。雄弁な私も無口になりました。
(すみません、いっつもこんなこと言っていて。でも
本当だからっ。もう言わずにはいられないからっ。)

検査結果異常なし。
9月に入ってからの腰の痛みも通院当日の朝より消失。

とにかく何だろう。また免疫上げて帰ってきました。
次は1月に検査。三ヶ月以上、先生の顔を見ないなんて!
ワナワナワナ・・・ブルブルブル・・・。ということを避けるため
に7月に治療を終える際に一緒に写真を撮っていただきま
した。これで何とか耐えられそうだわ。

そうそう図書室に2005年度版の『乳癌診療ガイドライン』
が置いてありました。全部で5冊。アマゾンでは売り切れ。
内容は難しい箇所もあるけれど、一度目を通すといいかも。

本ガイドラインは,乳癌診療に携わる医師および医療従事者を対象として,実地医療での疑問点(Research Questions;RQ)を整理し,Evidence-based Medicine(EBM)の手法に基づいて現時点での回答(推奨)を体系的にまとめることで,誰もがその時点での最良の医療が享受できることを目的として作成された。また,その根拠となった構造化抄録のすべてをCD-ROMとして収録・貼付した。

ということです。
読んでいたら欲しくなってしまったけど、とりあえず借りる
だけにしてみた。後で市の図書館にリクエストしようかな。
うちの図書館、かなりマイナーな本も入れてくれるんだよね。













posted by ハミングバード at 18:39| Comment(12) | TrackBack(0) | 無治療の日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

治療終了後初検査

@CT(胸部、腹部、腰椎)

特に転移を疑う所見なし。

肺に放射線治療のあとの白い影が映ったがこれは前から。
特に問題なし。先生曰く、ばんばん運動していいらしい。

A血液検査

腫瘍マーカーに問題なし。

(でも私は、今までのデータを見てみると数値に表れにくい
タイプとのこと)


採血で新たな猛者登場。私の肘の関節付近の血管から採血
できた人がいた。

「ハミングバードさん、いつもどこから採ってます?」

「ここがベストです」

と関節辺りを指差す。血管はでません。触って探してもらいます。

「ああ、ここね。確かにあるねえ。ムズカシイナ・・」

「・・・手の甲でもいいですよ。」

「ええい、悔しいっ。やってみてもいい?」

(そのチャレンジ精神かった!)

「ええ、いいですよ」

ブスーーーーーーっ。

チューーーーーーっ。

「やったーー」

やった、うれしいっ。地味な喜び。
でも採血し辛いに人間にとっては大きな喜びなのだ。




posted by ハミングバード at 17:04| Comment(6) | TrackBack(0) | 術後の検査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スリーブ再び

スリーブをつけるようになって2週間もしたら腕の痛みが
とれた。夏ということもあって外しがちになってしまい後は
マッサージだけで過ごした。その結果。左の肘の上だけ
にむくみが残ってしまった。自分で半そでを着たときに気
になっていたくらいだから治っていないことは分かってい
たのだけど・・。

昨日リハビリで診てもらって最大で2cmの差があることが
分かったのでまたスリーブを着用することになった。

また一ヵ月後に受診。
posted by ハミングバード at 16:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 腕のむくみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みどりのゆび4

緑濃菌に感染していたらしい左人差し指の爪が
生え変わって、きれいな爪になりました。結局
もらった塗り薬はほとんど使わなかったな。

爪はまだ波打ってぼこぼこしているけれど、親指
の先が少し黒く変色しているのを残してあとは問
題なし。はがれている部分もなくなった。

足の爪も赤黒く変色していたのが生え変わってきた。
手の爪よりも段がついてみっともないけど、そのうち
治りそう。来年はサンダルを履けるかな。今年はさす
がに履けなかった。



posted by ハミングバード at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 抗がん剤治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いきなりリタイア?!

ストレッチを始めて2日。
たったの2日で腰痛を起こしました!

9月に入ってからちょっと腰が痛いな〜とは
思ってましたが、本格的に痛くなってしまい
ました。立ったまま床に置いてある物を取れ
なくて膝をついて取る。座っていて近くにある
ものを取ろうと手を伸ばすだけで痛い。いざ
って取りに行ったよ。とにかく体を曲げられな
い、伸ばせない。
姿勢を良くしていたら幾分良くなってきて、
これは徐々に良くなりそうだと思っていた。

それで昨日、病院に行ったら治った。朝起きた
ときからほとんど痛まなくなっていた。

(出た。まただよ)

私は病院に行くと気合と安心のせいか大抵の症状
は治まるようになっている。熱に関してはかなり
顕著で2度下がったこともある。だから大抵のお
医者さんに症状のある時に来るようにと言われる。


と、いうわけでめでたく腰痛から開放された私では
ありますが、ちょっとこのストレッチは私には危険
なようなので、別の方法を考えます。あ〜あ、なか
なか気に入っていたのにな。姿勢はそのままキー
プしようっと。やっぱり背筋が伸びると気持ちいい。

posted by ハミングバード at 16:12| Comment(4) | TrackBack(0) | 部分やせ(わき腹) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月25日

夢か現か

昔話が続いておりますが思い出した時に書こうと思います。

私の幼年期はとってもとっても暗かった。

いじめられては泣き、いじめられなくても何かされるのでは
と泣く。保母さんに訳を問われれば「悲しくて」と答えるだけ。
新人保母さんを一人ノイローゼにしてしまうところだったらしい。
2年間の幼稚園がとても苦痛だった。皆と話をするのも難しく
感じたし、わあわあ騒いでいるのを聞いているのも嫌だった。
お家で静かにお母さんと一緒にいたい。ただそれだけ。

幼稚園が嫌で嫌で休み時間には一人でいつも廊下の端の
非常口についている背の低い窓から外を眺めた。ある時その
窓から一面の菜の花畑が見えた。昨日までなかったはずな
のに。私はその時不思議に思うことなくその美しさをただ喜
んだ。明日も絶対見るんだとその時は張り切って幼稚園に
行った。次の日その花畑は消えていた。
えーとあの世を見ちゃったかな?お寺さんが経営してる幼稚
園で住職さんが園長さんだったし。というのは冗談で、帰りた
いあまり幻覚でも見たのかもしれない。

こんな私だったから今から話すお話は夢か現か分からない。

卒園式のことだった。
その日はどの子も特別な日だと感じていたに違いない。
私も「今日は最後の日なんだ。だからちゃんとしなくては」
という思いがあった。そして前からやろうと思っていたこと
を実行しようとした。

それは誰かに話しかけること。

私が幼稚園でおなじ園児に自ら話しかけたという記憶がある
のは卒園式の時、一回きりなのだ。先生にだって何か言うの
は稀。いつも話しかけられてやっと話すくらいだった。それは
どこかおかしいことだと幼心に分かってはいても私にはとて
も難しいことのように思えたのだ。

その日はみんながベテラン保母さんのK先生お手製のフェルト
で作られたマスコットをもらって喜んでいた。デザインは皆違っ
ていた。私はお隣のK君に思い切って言ってみた。

「ねえ、それ、かわいいね。とりかえっこしようよ」

「ええーー?!やーだよっ」

その一言、ただそれだけ。

(出来た。出来た。出来た。出来たーー。)

(普通におはなしできたよ。なんだ簡単じゃん。いじめてこないじゃん。
仲良くできたよ←(?否定されてるのにね))

そうやって喜んだのもつかの間、すぐに自分の2年間がいかに
無駄だったかを悟り私は落ち込んだ。

(あんな簡単なことができないなんて、私ってなんてダメだったの
だろう。バカ、バカ。どうしよう。恥ずかしい。恥ずかしいよぉ)

でもそれを言葉で表現するには私は幼かったのだ。誰に言うこと
なく悶々としていた。

そしてここからが夢か現か分からない話なのだが、あれは小学校に
入学する前だったから卒園式が終わって間もなくのことだったろう。
家族でドライブに出かけた。その日はとても霧の濃い日だった。
目的地に着いて車を降り、家族四人で森の中へ入る。しばらくして
吊り橋に差し掛かった。折からの霧で橋の下の川さえ見えない。小
さな私にはその吊り橋がとてつもなく高いところにあるように思えた。
そこで母に問うてみた。


「ねえ、ここから落ちたら死ねる?」


私は死んでもう一度、幼稚園をやり直したかった。
生まれ変わりや何かをその時知っていたとは思えない。誰かに聞いた
としても理解できなかったろう。ただただその時は死ねばもう一度やり
直せるものだと思って言った。

それを聞いて烈火のごとく怒ったのは母である。

「そんなことを言う子はここから落ちてしまいなさい!!」

滅多に叱られたことのない私は、そのショックと落ちたら母に会えなく
なるのだという直感から、すぐに死の恐怖を理解した。

(やだやだやだ!お母さんっ見捨てないで)
(もう言わないから、怒らないで)
(小学校でがんばるから捨てないで)

記憶はそこまでである。

死ぬことは諦めた私であるが、その後、自分を変えるのは至難の業だった。
思うように人と話せるようになるのに4年。人前に出ても物怖じしなくなるのに
5年かかった。

母に吊り橋のことを訊いても覚えていないと言う。
それでもあの時の寂しげな情景、そして恐怖と決意は忘れられないものなの
である。人は現にだけ生きるすべを見出すのではなく夢の中でもまた成長で
きるものなのかもしれない。




長〜い昔話に付き合ってくれてありがとう。
posted by ハミングバード at 18:06| Comment(12) | TrackBack(1) | 夢としりせば | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月24日

まっかな秋

紅い花jpg.jpg



真っ赤だな 真っ赤だな
つたの葉っぱが真っ赤だな
もみじの葉っぱも真っ赤だな 
沈む夕日に照らされて
真っ赤な頬っぺたの君と僕
真っ赤な秋に囲まれている

真っ赤だな 真っ赤だな
からすうりって真っ赤だな
とんぼの背中も真っ赤だな
夕焼け雲を指差して
真っ赤な頬っぺたの君と僕
真っ赤な秋に呼びかけている

真っ赤だな 真っ赤だな
彼岸花って真っ赤だな
遠くの焚き火も真っ赤だな
お宮の鳥居をくぐり抜け
真っ赤な頬っぺたの君と僕
真っ赤な秋を尋ねてまわる



posted by ハミングバード at 18:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 死せる詩人の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

のこった!

のーた、のーーたあ。のこった、のこったあ。

のおた、のおたああ。のこった、のこったあ。

ずざあっ、ずざざざざああああ。

夕暮れの中、相撲をとり続ける小六女子二人。
そして計らずも行司となってしまった一人の小六女子。
校庭にはもうこの三人しかいない。

「ちょっとぉ、ハミちゃんを取らないでくれる?」

親友Mのこのセリフから全ては始まった。


親友Mは私が小学三年生の時、転校してきて以来の友だちだ。
なぜだか私を一目見て気に入ったとかで「絶対一番の友だちに
なるんだ!!」と心に誓い、転校初日からなにくれとなく世話を
焼いてくれた。家も近くていつも一緒に遊んでいた。
「遊びたくない」と言ったって無理やり引きずり出されていたに
違いない。彼女はとても強引なのだ。あまりに仲が良すぎたの
かそれきり同じクラスになることはなかったが四年生になってか
ら同じ部活に入ったこともあってクラスが違ってしまったことは
気にならなかった。

しかし、親友Mは大いに気にしていたのである。

六年生になって、私はTさんという子と仲良くなった。なかなかに
気が強くて、強引。私は実際はそうでもないのだがどうもおっとり
して見えるらしく一種の人間に「言いなりにさせたい!支配したい!
いやこいつは私の言うことを聞くはずだ!」と思わせてしまうらし
い。親友MもTさんも強くそう感じたのだろうと思う。その試みが
失敗した親友Mはかつての自分と同じことをしようとしているTさん
に敵意をむきだしにした。親友M、独占欲も大変に強いのだ。

これまた気の強いTさんが喧嘩を吹っかけられて黙っているはずがない。

「なあにーー?!私が誰と仲良くしようと勝手でしょ?」

「そうはいかないわよ。前から気に入らなかったんだから。
ハミちゃんは私の親友なのよ。取らないでよ」

実は親友M、以前も私を取られるまいと画策し、私と自分の父親を
怒らせるという事件があった。それからは大人しくしていたのだが
彼女は納得したのではなく我慢していただけらしい。

私本人の意思は無視され言い合いはエスカレートしていった。
そして負けず嫌いで曲がったことの嫌いなTさんは高らかに宣言した!



「それじゃあ、相撲で勝負よ!」


「???いいわよっ、相撲で勝負よ!」


一瞬引いた親友Mも受けて立った。

しかし、土俵なんて小学校にはない。どうする、小六女子二人。



「トラック。トラックでやればいいよ」


スケールでかーーーーっ。楕円だし。


トラックって、あれよ。運動会でリレーとかする時に使うあれよ。
でも火のついた二人はもう止められない。

「ハミちゃん、ちゃんと見ててねーーー」

声をそろえて言う。実は仲がいいんじゃないの、この二人。
まあ、とにかく逆らうまい。

「う、うん。分かった」

「はっけよーい、のこった!」




そして勝負は親友Mが負けて終わった。
(世界最大級の土俵も小さくしか使われなかった。)
だからと言ってその後、私たちの関係は変わることはなかった。
似たもの同士の二人がちょっとぶつかって思わず相撲をとって
しまっただけ。

家が別方向のTさんと別れて二人で歩いたいつもの帰り道。
私は何を話したのか覚えていない。きっと親友Mは終始悔しが
っていたに違いないけど。

(あんなことしなくたって側にいるのに)

なんて気の利いたセリフは言わなかったろうな、私。

(相変わらず、気が強いなあ)

くらいにしか思わなかったんだろうな、私。


大人しくて友だちも少なくて、クラスの男の子にいじめられていた
私を温かく受け入れてくれたのが小学三年生の時に転校して行っ
た先のクラスだった。みんなが私を宝物みたいに扱ってくれた。
その先頭にたっていたのが親友Mだったのだ。彼女の「好き」が
みんなに伝染したに違いない。そして彼女は最初に思った「好き」
を今も続けてくれている。

子どもらしい独占欲や我儘で隠されてすぐにはそうと分からなかった
友情が真の愛情だと気付いたのは社会人になって何年もしてからだっ
た。彼女は他人でありながら家族のような愛情を注いでくれた初めて
の人でした。

我儘で気が強くてむきだしのニトログリセリンみたくすぐ爆発する
癇癪持ちで強引で口が悪くて短気。それでいて常識人で気が利いて
快活で素直で正直で愛情深くて自分を愛するすべを知っていて力持
ちでちょっと体が弱い。

そんな彼女の特徴をひとつでも持ち合わせた人間を見ると思わず
顔がほころんでしまう私なのでした。
posted by ハミングバード at 18:24| Comment(8) | TrackBack(0) | 心ときめきするもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月23日

素敵なブログ紹介します

リボン乳がん仲間のリンクにeasyさんの
「take it easy…乳がんと」を載せました。

easyさんが悩み、迷いながら選択された治療法
などが克明に記されています。easyさんの提示
される医療への疑問、考え方にはいつもはっと
させられます。

そしてオススメはブログに載せられている写真の
数々。被写体の選び方、撮り方がとっても素敵
です。特にお花の写真はブログを見てくれる方へ
のプレゼントだそうです。私もいつも和ませてもら
ってます。

easyさん、これからもよろしくねかわいい
posted by ハミングバード at 11:44| Comment(2) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月21日

メールアドレスについて

ブログに遊びに来てくださる皆様。いつも
ありがとうございます。私もブログを続ける
にあたって大変な励みになっております。

今日はひとつおしらせがあります。コメントや
メールをくださる方で折角、メルアドを教えて
くださったのに、こちらから返信できない時が
あります。メルアドを間違ってしまったのでは
と思うのです。決して私が返信をさぼっている
わけではありません。とてもお返事がしたい
のです。
ブログ上で名指しでいうのも失礼かと思いま
して、迷いにまよって本日このようなお知らせ
をさせていただきました。

それとメールをくださる方でメルアドを書かれて
いない方がいらっしゃいます。もちろんそれは
自由なのですが、もしメールのやりとりをご希望
される方はメルアドを教えてください。そうすれば
私もお返事ができます。

お心当たりの方がいらっしゃいましたら、どうぞ
もう一度メール等でお知らせください。
posted by ハミングバード at 08:47| Comment(2) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダイエットグラフ

seesaaのダイエット機能を使っている私です。
この機能のひとつに朝、晩の体重、体脂肪を
記録できるというものがあります。今までは
朝晩2回測定して記録していましたが2005年
9月16日の記録から朝だけの測定にします。

参考までに言うと体脂肪率が急にあがってるのは
朝の測定だからなんです。朝と晩ではかなり体脂
肪が違います。うちのがいい加減なだけ?そもそも
体脂肪計って機械によって数値が変わります。それ
なので私は目安程度に考えてます。
posted by ハミングバード at 08:28| Comment(10) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月20日

大トロ宣言

スーパーやせるヨーグルトによるダイエットで目標
体重をクリアした私は6月末、ダイエット卒業宣言
をしました。

その2週間後の7月中旬、左わき腹のウエストが
消失していることに気付き、大騒ぎ。病院に行くも
「病気じゃありません」と一蹴。その後、方々を見
聞きした結果、単にたるんだだけという結論に達し
ました。
いきなりたるんだようだけれど運動不足と姿勢の悪さ
で徐々にそうなっていったのだと思います。と、言い
たいところだけれど、卒業宣言から2週間後に測った
ウエストはプラス2cmでした。たったの2週間で2cm。
どういうこと?!私のわき腹は雪崩を起こしたの?
体に欺かれること多し。

そして私は聞いた。7月31日放送の
「発掘!あるある大辞典2 第68回」の放送内容を!

『わき腹のお肉が消えた…?』

わき腹!わき腹!わき腹!これだああーーーーーっ。

腹斜筋というわき腹の筋肉を鍛えることによって
余分なお肉を減らせるというもの。従来の腹筋を
鍛えるやり方では腹斜筋は鍛えられないそう。

実はリハビリの先生も「この部分は腹筋じゃなくて
腹斜筋という筋肉があるところで、そこが衰えたの
かなあ?!」と言っていた。

とにかく腹斜筋を鍛えるエクササイズに飛びつきたい
のはやまやまだったけれど、治療中で夏だしぃ、絶対
続けられないと判断。涼しくなるのを待ちました。
時は秋・・・私は決行します。

この放送を見た方はご存知だと思いますが、わき腹に
いかに肉がついているかを測定するためにわき腹の
肉を洗濯ばさみではさむということをやりました。

実験で洗濯ばさみが取れれば合格。
はさまったままの人はお腹周りに脂ののったトロを
蓄えているということで「中トロ」と「大トロ」に分けら
れてしまいます。

なんと私、問題の左側だけでなく右側まで「大トロ」。

これはやるしかございません。

ええーと、ダイエットを止めてから約1kgほど太った
ので現在のウエストはプラス3cmとなっております。
よって目標はウエストマイナス3cm。

放送では一日左右10回ずつのエクササイズを1セット
となっていますが、今日やったら結構きつかったので
5回ずつ朝晩やろうと思います。それとやっぱり姿勢
に気をつけなくてはいけないそうです。ハイ!

ウエスト、腰周り、体重、体脂肪を朝に測定します。
放送では2週間で効果が出たそう。まあ、ダイエット
の時と同じくマイペースでやっていこうと思います。
とりあえず1週間後に経過報告します。

posted by ハミングバード at 20:44| Comment(10) | TrackBack(2) | 部分やせ(わき腹) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月19日

ライ麦畑で

かかし2.jpg

「僕が何になりたいか言ってやろうかな?
なんでも好きなものになれる権利を神様の野郎がくれたとしてだよ」

「なんになりたいの?ばち当たりな言葉はよしてよ」

かかし1.jpg


「とにかくね、僕にはね、広いライ麦畑やなんかがあってさ、
そこで小さな子供たちが、みんなでなんかのゲームをしてる
とこが目に見えるんだよ。何千っていう子供たちがいるんだ。
そしてあたりには誰もいない・・・誰もって大人だよ・・僕のほか
にはね。で、僕はあぶない崖のふちに立ってるんだ。僕のやる
仕事はね、誰でも崖から転がり落ちそうになったら、その子を
つかまえることなんだ・・・つまり、子供たちは走ってるときに
どこを通ってるかなんて見やしないだろう。そんなときに僕は、
どっからか、さっととび出して行って、その子をつかまえてやら
なきゃならないんだ。一日じゅう、それだけをやればいいんだな。
ライ麦畑のつかまえ役、そういったものに僕はなりたいんだよ。
馬鹿げてることは知ってるよ。でも、ほんとになりたいものと
いったら、それしかないね。馬鹿げてることは知ってるけどさ」

「パパに殺されるわよ」

「殺されたって平気だよ」

かかし3.jpg


『ライ麦畑でつかまえて』J.D.サリンジャー 野崎孝訳 白水社
posted by ハミングバード at 18:35| Comment(10) | TrackBack(0) | つれづれなるもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月18日

十五夜さん

日没.jpg


私は待っていました。
月が昇ってくるのを。

今日はお出かけついでに海に出て、そこに昇る月を見られ
たらどんなに素敵なことでしょうと胸を高鳴らせていました。
海に着いたのが5時前。私はずっと待っていました。

途中、カップルだらけの海に業を煮やし、思わず
カップル殲滅作戦を練った私だったけれど

「もっとハートフルに!ピースフルに!」をモットーに
こんなものを購入し心を静めました。




焼いもjpg.jpg




一時間が過ぎたころ

「はっ」

私は気付きました。

(月は東に日は西に・・・・)

そう、上の写真を見てください。太陽が海に沈む・・・という
ことは月は反対から昇る!逆だったーーー。

「私の時間を返してーーーーーー」

悔しいのでそのまま更に待ち続け午後6時30分。
私は見ました。律儀に海の反対側から昇る月を。

五夜さん.jpg



お家ではこのようにお供えをしました。
お月見団子はとてもおいしかったです。
その頃には月はすっかり雲の中でした。


お供えjpg.jpg


来月の十三夜さんは10月15日です。
posted by ハミングバード at 23:52| Comment(10) | TrackBack(0) | 節句・行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月16日

お月見準備

18日は十五夜さんなのでその準備をしています。

十五夜さんは中秋の名月、または芋名月と呼ばれます。
それなのでお団子のほかに里芋とさつまいもをお供え
しようと思います。季節の味覚で梨も一緒に。
晩ご飯は五穀米にさつまいもを入れて秋刀魚とお芋の
味噌汁、それと何かきのこを使った副菜と簡単な酢の
物でも作ります。

最近は室礼(しつらい)に興味があります。
室礼ってお正月に床の間に鏡餅なんかを飾りますよね、
あれです。うちはアパートなので床の間はないけれど
代わりにサイドボードにのせてしまいます。そんなわけ
でここ最近、三方を探していました。

三方.jpg

それが高い割には作りが雑で気に入ったものが見つからず
とうとうダイソーで買ってしまいました・・。当日はここに奉書
(奉る時に使う和紙)を敷いてお団子をお供えします。
楽しみ〜♪

室礼というのは基本的に板と板が重なることはタブーとされて
いるそうで、布の敷物を使うそうです。兎柄のランチョンマット
に満月ということで丸いお盆を使ってみることにしました〜。

明日はススキを取りに行ってきます。
そうそう、スーパーにススキが売っていました。驚きです。
一緒にお花が売っていたな。七種類はなかったけれど秋の
七草のつもりかなと思いました。

(秋の七草・萩、尾花、葛、撫子、女郎花(オミナエシ)、藤袴、桔梗)



室礼については

『室礼』 叢文社 山本三千子 著を参考にさせてもらっています。
綺麗な写真と詳しい説明があってとてもいい本なんです。
posted by ハミングバード at 15:40| Comment(19) | TrackBack(0) | 節句・行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月14日

ジョニーッ

本日、観てまいりました。

『チャーリーとチョコレート工場』

原作の『チョコレート工場の秘密』とジョニー・デップが
好きな私としては見ておきたい一本でした♪

文字には文字特有の魅力があるけれど、ここまで映像化
してもらえると素直に拍手かな。ちょっと脚色ありだけれど
そうしないと映画としてまとまらなかったかも。以前も映画
化されているのだけれど、そっちを見ていないのが残念。
今度見てみようかな〜。

それにしてもジョニー・デップ。相変わらずいい仕事をして
くれます。この人の何が好きかって、もらった役を半端じゃ
なく演じきるところ。あと表情の細かさ。とぼける顔、ごまかす
顔なんか最高なんだよねーー。全身小説家ならぬ全身役者?
語呂わるぅ〜。でも今回のジョニーはただの変わり者。
原作に忠実です。いや訂正、それ以上。脱帽。

ジョニーがなかなか出てこなくて、わざとじらしているのだけど
登場の仕方が最高で、一人で笑ってたんですけどぉ。ジョニーも
面白いけど周りの役者たちもかなりいい味出してるよ。ただジョ
ニーの顔が始終マイケル・ジャクソンに見えて参った。

この映画、理屈ぬきで夢の世界をチャーリーとジョニー・デップ
演ずるウィリー・ウォンカと楽しむべき映画かな。しかもダンス
ありパロディあり風刺ありでなかなかに大人心をくすぐるのです。
上映時間約二時間。あっと言う間だった。あ、でも両隣の女の子
たちはずっと腕を組んでクスリともしなかった。まあ、人それぞれ。


原作も挿絵が不気味で楽しいです。チャーリーのお家はもの
すごい貧乏なのだけど、原作の挿絵はそれをさらに強調して
くれます。あと貧乏の描写が原作は容赦ないです。これの
続き物として『ガラスのエレベーター宇宙にとびだす』があり
ますが、私は好きではないです。原作者ロアルド・ダ―ルは
かなりの曲者だと思います。私が好きなのは『チョコレート
工場の秘密』だけです。



posted by ハミングバード at 19:02| Comment(14) | TrackBack(0) | 心ときめきするもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。