病気のプロフィール

2004年6月中旬左胸だけ大きくなる。2週間と待たずに赤く2倍の大きさに。
2004年7月上旬おみくじで大凶を引き病院へ行くことを決心。どこへ行っても乳腺炎と診断されるが一向に快方に向わず。
2004年8月下旬4番目の病院にて乳がんと判明。29歳での告知。浸潤性乳管がんのVb期。病巣が大きいため抗がん剤治療(FEC療法5クール)をうける。
2005年1月上旬手術 左乳房切除、リンパ節郭清。病理結果により炎症性乳癌と判明。リンパ節転移29/35 VC期。ホルモンレセプター、ハーセプテストともに陰性。
2005年1月下旬放射線治療始まる。50グレイを25回に分けて照射。
2005年3月下旬抗がん剤治療(タキソテール 6クール)開始。
2005年7月下旬タキソテール6クール終了。以後経過観察。
2005年12月17日ハミングバード、天国へ旅立つ。

詳しくは100の質問を見てね


家署名の件ペン


皆さんにお願いした署名が39,081名分集まり、先日5月10日に尾辻厚生労働大臣へ要望書と共に提出されました。 署名にご協力いただいた皆様、また趣旨をご理解してくださった皆様、どうもありがとうございました。 詳しくは下記のページをご覧ください。
http://home.s00.itscom.net/777/kaigo/



2006年02月26日

ご無沙汰しております

ご無沙汰しております。ハミ夫です。

ハミングバードの納骨式後、いろいろと忙しく、なかなかブログを更新
できませんでした・・・。しかし、おかげさまで、ハミ夫の転職先と
引っ越し先が決まり、現在、あれこれ準備をしております。3月中旬に
ハミングバードが待つ故郷へ引っ越します。

どちらも、トントン拍子で話が進みました。特に、引っ越し先は、あと数時間
遅れていたら、お目当てだった、たった一件の物件を逃すところでした。
何より、その物件の名前が、ハミングバードと新婚生活をおくった物件の
名前と一緒だったのです!これもハミングバードの力添えがあったからだと
思います(^^)。ハミングバードに感謝ですm(_ _)m

----------------------------------------------------------------------

ハミングバードがお世話になった病院に通っているお友達がいらっしゃいました!
2月11日に、pumitaさん、Nさん、やすっちさん、マーシャさんの4名
(べっちさんがご都合によりお越し頂けなかったのが残念(>_<))、
2月12日に、はやぶささんがいらっしゃいました(^^)。

う〜ん!両日ともにとても楽しかったです!!関西オフ会の皆様と
お会いしたときも感じたのですが、やっぱり、初めて会ったとは思えない
ほど話がはずむし、何より、皆様、本当に素敵な方々でした(*^_^*)。

そのときのお話をいくつかご紹介したいと思います。

----------------------------------------------------------------------

以前紹介した詩「1000の風」。pumitaさんもこの書籍を持っていて、
私に読ませたいと準備をして下さっていたそうです。
ところが、その書籍が見当たらない・・。それが2月3日のこと。
そして、納骨式にてお坊さんから、その詩を私が聞いたのが2月4日。
ブログを読んだpumitaさん、驚かれたそうです。
間違いなく、ハミングバードがpumitaさんのその強い気持ちを察して、
私に伝えたのだと思います(^o^)。

----------------------------------------------------------------------

Nさんから、次の写真データを頂きました。
051219_椿 小.gif
「椿の花」です。Nさんのご自宅にて、この一輪だけが、力強く咲き続けて
います。そうです。間違いなく、ハミングバードがNさんに、これまでの
ように「ありがとう」「治療がんばってね!」と微笑みかけているのです!
椿の花言葉は「気取らぬ魅力」「高潔な理性」とのことです。ハミングバード
にピッタリの花言葉だと感じました。
美しい写真、本当にありがとうございました。

----------------------------------------------------------------------

pumitaさん、Nさん、マーシャさん、やすっちさんがお帰りになるとき
でした。この日に頂いたチューリップ、まだつぼみだったのですが、
何と!ふんわりと咲いているではないですか!

ハミングバードとこのブログを思わせる、やさしいピンク色が印象的(^^)。
皆さんがお帰りになるのを微笑んで見送るかのように、優しく咲きました。
これには、私もビックリ。皆さんがお帰りになった後、うれしくて話かけて
いました(^^)。

そのときの模様については、pumitaさん、マーシャさんのブログでも
ご紹介くださっています。

----------------------------------------------------------------------

はやぶささんとハミングバードの劇的な出会いのお話も素敵でした。

はやぶささんもハミングバードと同じ病院に通っていらっしゃるのですが、
日頃から、ハミングバードのブログをご覧になっていたはやぶささん、
「もしかしたら、同じ病院かも?」と感じていたそうです。

そしてある日、はやぶささんは病院内を歩いている女性を見て、
「もしかして、あの子がハミングバードでは?」と直感で感じます。
そして、思い切って声をかけてみます。
「ハミングバードさんですか?」
「はい!?そうです!あれ?もしかして、はやぶささん?」

このときの模様について、ハミングバードは、会社から帰ったハミ夫に
一生懸命、説明してくれたのを思い出しました。
「今日ね、突然、ハミングバードさんですか?って声をかけられたの!」
そのうれしそうな笑顔。
「けど、私も『あ、この方、はやぶささんだ。』って感じたんだよね」

ハミ夫も、さすがに「すごいなぁ」と感じました。
ハミングバードに声をかけて下さったはやぶささんに感謝です(^o^)。

----------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------

そういえば・・。

もうお気付きの方もいらっしゃるかもしれませんが、
「ハミングバード」という名前の由来は、これまたYUKIの歌です。
「COMMUNE」というアルバムの7曲目「ハミングバード」がその歌です。

メロディーは、
あっけらかんとしているような・・
ちょっと物悲しいような・・
それでいて、とても洗練されています。
小柄で美しく、優しい名曲です。

歌詞は、
ハミングバードが乳ガンと自分の関係を恋にたとえた詩や
K先生への想いをふと感じさせる部分があったり・・・

「ハミングバード フライアウェイ」
「さすらうよ フライドアウェイ」
     :
「さえずるのよ?・・・いつまで?」

ハミングバードは、ガンと闘う自分をこの歌詞に重ねたのだと思います。

そして後半は、今、私たちに向けて伝えている言葉にも聞こえます。

「ゆら ゆら 漂う風になる」

この部分は「1000の風」を感じます。

ハミングバードが天国へ旅立つとき、ハミングバードが愛したYUKIの
CDの歌詞も棺の中に入れました。そんなこともあり、今、YUKIのCDを
聴くと、ハミングバードのメッセージに聴こえてきます。

YUKIの「ハミングバード」、ぜひ聴いてみて下さい(^o^)。


※pumitaさん、マーシャさんのブログへのリンクを追加しました!
(やすっちさんのブログが見つかりませんでした・・・(>_<))
posted by ハミングバード at 20:21| Comment(11) | TrackBack(1) | 日常の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月07日

ハミングバードの納骨式

こんばんは。ハミ夫です。

いつもたくさんのコメントを頂き、誠にありがとうございます!
お一人お一人にコメントをお返ししたいのですが、時間が思うように
とれません(>_<)。しかし、ひとつひとつ、有難く読ませて頂いております。
どうかご容赦ください。

--------------------------------------------------------------------------

2月4日(土)、故郷にある墓苑に、ハミングバードのお骨を無事に納骨致しました。

私は、前日、故郷にあるハミングバードの実家へ向かったのですが、
空にはモクモク大量の雲。とても寒い風。ちょっと天気が心配・・・。
その夜、ものすごい突風が吹き荒れていて、なかなか寝付けません。
・・ん?これだけ風が吹いているということは、明日は晴れてくれるか??

そして、納骨式当日の朝を迎えました。
天気は快晴!雲ひとつありません。・・・んー!!ホントに良かった(^^)。
ハミングバードが夜のうちに雲を追い払っていたのかな?

粛々と納骨式は進行し、とうとう、ハミングバードはお墓の中へ・・
もう、ひたすら涙が出ました・・。すると、最後に、お坊さんが一息ついてから、

「ハミングバードさんが話していると思って聞いてください」

と、おっしゃって、一遍の詩を朗読されました。
その詩の名は「1000の風」。

素敵な詩でした。そして、悲しみは安堵となり、
ハミングバードが私の心の中に飛び込んできたようでした。

「ハミングバードは、もっともっと大きな存在になって
 皆を見守ってくれているんだ」

そう感じるとともに、自分の外側ではなく、
ハミングバードが自分の心の中に生き続けているんだ、
と感じました。

この詩は、Web上でも公開されています。ここで全文紹介したい、
とも考えたのですが、書籍も何種類か出ているようなので、
ぜひ、そちらをご覧頂ければと思います。

ハミングバードを胸に抱いて自宅へ帰宅。
遺影をご安置して、ハミングバードとの静かな生活が始まっています。

----------------------------------------------------------------------------

pumitaさんへ
>寂しいですが、ハミちゃんは いつも傍にいると思います☆
>だから、ハミ夫さんは 今までどおり、笑顔でハミちゃんに話しかけてほしいです…

ご心配頂き、ありがとうございます。
pumitaさんのおっしゃるとおり、ハミングバードは、これまで通り、私の傍らにいます。
そして、ハミングバードに話しかけながら、毎日を送っています(^^)。

----------------------------------------------------------------------------

お坊さんの「1000の風」の朗読を聞いていて、

「ハミングバードも、ちょっと似たような詩を書いていたような・・・」

と感じてブログを見ていたら・・・ありました。
2005年5月6日に掲載した「あなたに上に」です。
何となく、ですけど、似たようなスケールの大きさや慈悲深さを感じます。

ところで、この詩の中に、次のような一節を見つけました。


  明々後日は雷
  
  あなたが見てるすぐそこでピカッと光ってみせるからね


そういえば、オフ会 in 静岡の帰り道で、駅についたそのとき、
たった一度だけ雷がピカッと光りました。
(そのときの模様を、Hinataさんがブログに書いてくださっています)
やはり、あれはハミングバードだったのかもしれませんね!

-----------------------------------------------------------------------------

ちょっと気になったコメントがあったので一言。

カワセミさん、ハミングバードの夢をご覧になったのですね!

その中で、

 『「YUKIの曲集めてるの〜♪」って言ってiPodをいじってました。
  なぜiPod!?』

とあり、驚きました。

実は、我が家には、私のiPod、ハミングバードのiPodShuffleがあります。
私のiPodには、YUKIの「joy」までのすべてのアルバムの曲がインポートされています!
ハミングバードのiPodShuffleには、ハミングバードお気に入りのYUKIの曲やCharaの
曲が入っています。

ハミングバードが病院での待ち時間に音楽を聴きたい、ということで、
私のススメで購入したiPodShuffle。大変気に入った様子で、よく首にぶら下げて
いました。

そして!
納骨のために故郷へ向かった4日、車の中で、iPodを接続してYUKIのオンパレード。
不思議なことに、目的地の高速道路出口の料金所へ入る直前、最後の曲がぴったり
終了(曲が終わって、料金所のおじさんと話すまでの時間はたったの数秒でした)。

まさに、出発してからの数時間で、YUKIの「joy」までのすべての曲を「時間内に」
聞き終えた、といった感じ。これまでも故郷と自宅の間を、ハミングバードと一緒に
ドライブしてきましたが、そのとき、決まって車の中はYUKI。私もYUKIが大好き。

ということで、ハミングバードがiPodをいじって、YUKIの曲を聴いているのは、
納得のワンシーンです(^^)。

>ハミちゃんは薄ピンクのジャージ
>ハミ夫さんは薄いブルーのジャージを着ていました。

ユニクロで買っておこうと思います(^^ゞ
posted by ハミングバード at 00:44| Comment(14) | TrackBack(1) | 日常の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月02日

近況と詩の件です

ご無沙汰しております。ハミ夫です。

2月に入りました。

お花に囲まれたハミングバードに、感謝の気持ちを込めて、
毎日、毎食、私と同じ食事をお供えし、仕事以外の時間は、
ずっと同じ部屋で生活を共にしてきました。

そして、今週末、四十九日を迎えるハミングバードは故郷へ帰ります。

今でも、ハミングバードが側にいる気がして、
声をかけたり、一緒にご飯食べたり、おやすみの挨拶をしたり、
何となく、寂しくなかったのですが、
うーん、さすがにちょっと寂しくなるな、と思います・・。

「生まれ変わったら、またどこかで会おうね」

ハミングバードは、遺言の中で、透き通った美しい声で
私に言いました。今でも忘れられない、本当に美しい声でした。

ハミングバードを胸の中で感じながら、
また会える日を待ちたいと思います。

----------------------------------------------------------

さて。
カワセミさんご指摘の「詩」の件です。

掲載しようと考えていた詩は、YUKIの歌の歌詞でした。

しかし、よく考えてみたら、ブログに歌詞を
掲載することはできないのですよね・・。
あの時は、何気なく、何も考えずにお知らせしておりました。
申し訳ございませんでした・・・。

ということで、ここでは、その歌を紹介したいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

■「プリズム」(YUKIのアルバム「PRISMIC」の10曲目)

息を引き取ったハミングバードが病院から我が家に帰ってきた夜、
添い寝をし、夜中に目が覚めたときに、私の頭の中に「鮮明な音」で
流れてきた歌が、この「プリズム」でした。
次の日、歌詞を読んで、

「これは、天国へ旅立つハミングバードの気持ちなんだ」

と確信しました。ハミングバードは、それを私に伝えたかったのだ
と思います。

曲全体が、まさに「プリズム」のようにキラキラ輝いている曲です。
本当に美しい名曲です。

-----------------------------------------------------------------------------------

■「Home Sweet Home」(YUKI のアルバム「joy」の13曲目)

全摘手術が終わり、骨転移のために再入院するまでの間、
ハミングバードがよく聞き、よく歌ってくれた歌です。
車で、このアルバムを聞いていて、「Home Sweet Home」が
始まると、ハミングバードは、決まって、YUKIと一緒に
歌っていました。闘病中のハミングバードの気持ちが
こめられていると思います。再入院しているとき、何度となく、

「早くお家へ帰りたいです」

と看護師さんに話をしていたハミングバードを思い出します。

ゆったりしたテンポの透き通るような美しい曲ですが、
その中に、激しい心の葛藤が込められています。

-----------------------------------------------------------------------------------

これらの歌は、通夜・告別式の前後に、会場で繰り返し流しました。
ハミングバードの気持ちを、ハミングバードが大好きだったYUKIの歌にのせて
伝えることができれば、と思ったからです。

もし、機会がございましたら、ぜひ、聞いて頂きたい、と思います。
そして、歌詞を読んで頂きたいと思います。

そして、何より、こんなに素敵な歌を創って下さった、
YUKIさんに、心より感謝申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

ちなみに、ハミングバードは歌が上手でした。よく通る声で、かわいい口を
大きく開けて歌っていました。

ところで、べっちさんがご覧になった夢、最高ですね!
ハミングバードが歌っていたのは、きっとYUKIの曲です。
私は、少々アコースティックギターを弾くので、
今度は、私も一緒に参加したいです!
posted by ハミングバード at 01:37| Comment(16) | TrackBack(0) | 死せる詩人の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。