病気のプロフィール

2004年6月中旬左胸だけ大きくなる。2週間と待たずに赤く2倍の大きさに。
2004年7月上旬おみくじで大凶を引き病院へ行くことを決心。どこへ行っても乳腺炎と診断されるが一向に快方に向わず。
2004年8月下旬4番目の病院にて乳がんと判明。29歳での告知。浸潤性乳管がんのVb期。病巣が大きいため抗がん剤治療(FEC療法5クール)をうける。
2005年1月上旬手術 左乳房切除、リンパ節郭清。病理結果により炎症性乳癌と判明。リンパ節転移29/35 VC期。ホルモンレセプター、ハーセプテストともに陰性。
2005年1月下旬放射線治療始まる。50グレイを25回に分けて照射。
2005年3月下旬抗がん剤治療(タキソテール 6クール)開始。
2005年7月下旬タキソテール6クール終了。以後経過観察。
2005年12月17日ハミングバード、天国へ旅立つ。

詳しくは100の質問を見てね


家署名の件ペン


皆さんにお願いした署名が39,081名分集まり、先日5月10日に尾辻厚生労働大臣へ要望書と共に提出されました。 署名にご協力いただいた皆様、また趣旨をご理解してくださった皆様、どうもありがとうございました。 詳しくは下記のページをご覧ください。
http://home.s00.itscom.net/777/kaigo/



2006年09月09日

リレーフォーライフ2006

先週の9月2日(土)。
ハミングバードの両親と私の3人で、
リレーフォーライフ2006に参加しました。
もちろん、ハミングバードも参加!(写真を持っていきました)

昼間はサバイバーズラップ。
陸上競技場のトラックをリレーを組んで8時間(!)歩き続けました。
サバイバー(がん患者)やがんを克服した方々、サバイバーの家族や遺族が、
がんと闘う方々の勇気を称え、がん撲滅、がんを取り巻く社会環境が良い方向に
変わっていくことを祈りながら、前へ前へと歩きました。

夜はルミナリエ。
参加者が、それぞれの想いや故人へのメッセージを用紙に書き、
それをローソクが入っている容器に巻き付けてルミナリエを作成。
トラックに沿って置いていきました。
最後は、自分のルミナリエを持ってトラックを歩き、ゴール地点にルミナリエが集結。
これをもって、サバイバーズラップが終了し、
集まったローソクの灯を囲んで、皆で深い祈りを捧げました。

-------------------------------------------------------------------

サバイバーズラップも終盤。
太陽が沈んで辺りが暗くなり、秋を感じさせる涼しい風が吹き始めると、
トラックに置かれたルミナリエの灯りが次第に浮かび上がってきました。

20:20頃。参加者全員が、それぞれの思いを胸に、ルミナリエを持って最後の1周。
皆が次々とゴールを迎え、とうとう最後のルミナリエがゴールイン。
その瞬間の深い感動。疲れが喜びに変わった瞬間でもありました。

そして、集まった灯火を囲んで30秒間の深い祈り。
短いようで長かった・・。
ハミングバードを想い、家族を想い、乳がんで知り合った仲間を想い、
リレーフォーライフで知り合った仲間を想い、
がん撲滅、がん医療の進歩を祈り・・・。

すごいスピードで、いろんな事が頭の中をよぎり、
自然と涙があふれてきました。

何という一体感!
競技場の仲間・同志が一カ所に集まって祈った、あの30秒間。
今想うと、あのとき、ものすごいエネルギーみたいなものが
高い密度で私たちの頭上に発生していたように感じます。

素晴らしかった・・
参加して本当に良かった・・

---------------------------------------------------------

今回のリレーフォーライフの発起人、シュウさんこと三浦秀昭さんに
心より感謝申し上げます。

ご自身も、がんと闘っていらっしゃるシュウさん。
ステージに立ったシュウさんから感じた生命力。
説得力のある話と、自信に満ちあふれたその表情。
リレーフォーライフでの感動は、最後のシュウさんのご挨拶の中に
凝縮されていました。

--------------------------------------------------------------------

今回のリレーフォーライフ参加は、ロッキーさんからのお電話がなければ
実現できませんでした。本当にありがとうございましたm(_ _)m

そして、その電話はハミングバードの尽力によるものでもありました。

「ハミングバードの携帯電話、ここ数ヶ月、充電が切れたままだな・・」

自分の携帯の機種変更を考えながら、ふと、ハミングバードの携帯電話が
気になり、不意に充電を始めること数十分。

「♪♪♪・・」
「えっ!?携帯電話が鳴っている!」

それがロッキーさんからの電話だったのです。
数ヶ月ぶりに充電を始めた数十分後にロッキーさんから電話。

「ロッキーさんから電話が来るから充電しておいて(^^)/」

ハミングバードがそう伝えた、としか思えない、
ハミングバードらしい、さりげない気遣い。
さりげないけど、ものすごいインパクトがあったよ〜

---------------------------------------------------------

当日、ルミナリエにて、ステージでインタビューを受けてほしい、
という話を偶然頂きました。

「えっ!?僕がですか?」
「はい。今回参加されての感想や想いを語ってください」

一瞬、頭の中が真っ白になったのですが、ハミングバードのためにも
ここは、がんばってみよう!と決意し、引き受けました。

本番はもちろん緊張し、何を言ったのかハッキリ覚えていないのですが、

「ハミングバードは、ブログのコミュニティの中で、
 皆で支え合いながら闘い抜いた」
「今回のリレーフォーライフで、より大きなコミュニティが
 生まれることを望む」

といったようなことを話したハズです。
もちろん、ハミングバードも一緒にステージ上がりました(^^)

そして、ルミナリエに書いたハミングバードへのメッセージ

「笑顔とやさしさと勇気をありがとう
 また会える日まで、オレがんばるよ」

を紹介しました。

遺言の中で「生まれ変わったら、またどこかで会おうね」
と話していたハミングバード。がんと闘い抜いて、生まれ変わった
ハミングバードに、会っても恥ずかしくないように大きくなりたい
という決意。リレーフォーライフを自分の出発点にしたかった
気持ちの表れでもありました。

-------------------------------------------------------------

リレーフォーライフでは、素敵な出会いがたくさんありました。

■ロッキーさん
ハミングバードがお世話になっていた頃から話は聞いていましたが、
お会いするのは初めてでした。目を見ただけで、強さ、優しさ、生命力
を感じることができる方でした。ロッキーさんと話ができて本当に良かったです。

■seimamaさん
何と!以前は同じ市民だったんですね!一緒にお話ししていて、
以前住んでいた地域の雰囲気を懐かしく思い出しました。
もっとお話がしたかったです〜。

■はるちさん
リレーフォーライフに参加する数日前に、ご本人の有名なブログにて
その壮絶ながんとの闘いを知りました。当日、絶対お会いしたい!と
考えていたことをチームの方に伝えると、すぐに会いに来てくださいました!!
その美しさ、笑顔の輝きに驚きました!ホントにキラキラ輝いていました。
また必ずリレーフォーライフでお会いしましょう!

■Takeさん
初めてお会いしたのに、昔からの友人のような不思議な方でした。
一緒に歩きながらたくさんお話しましたね。
Takeさんの一言一言には優しさがありました(^^)
mixiへの招待、ありがとうございました。今後ともよろしくお願い致します(^^)/
とっても素敵な奥様。大切になさって下さい!

■indyさん
笑顔が素敵なindyさん。歩きながらたくさんお話しましたね!
いろんな話で笑ったり驚いたり。時間が短く感じられました(^^)
試験がんばって下さい!(もしかして試験は明日!?)

■もか。さんとそのご家族
もっともっとお話ししたかったです〜。そういえば、第九のコーラスの練習
されているんですよね(私、クラシック音楽大好きなんです)。
そんな話もしたかったなぁ・・。
お嬢様から、私のインタビューへの感想を頂いた時、実はとっても
うれしかったんです〜。よろしくお伝えください。

■ヒデ&ポッコさん
会場で一番最初にお話しした気品のあるご夫婦。
お話が途中になってしまった気がします。もっとお話したかったです。
またリレーフォーライフでお会いしましょう!

■笙さん
ルミナリエでのインタビューのあと、私のゼッケンをご覧になって、
話しかけてくださった仙台の方。シュウさんのブログでも紹介されていた方で、
とても落ち着いた品のある方でした。いつでもご連絡下さい(^^)/

お名前を失念していまい、大変申し訳ないのですが、
笙さんとご一緒に歩かれていた、福岡の方ともご縁がありました。
素敵な旦那様を肺ガンで亡くされたとのこと。医療の地域格差などについて
もっとお話ししたかったです。

■みのこう門さん
がんと闘いながら、全国を走っているという超人的なサバイバー。
その存在と屈託のない笑顔に、ものすごく勇気づけられました。
応援しています(^^)/

■TAKA変酋長さん
自ら編集長となって情報誌を発行し続ける、影響力大のサバイバー。
ほんの少ししかお話しする機会がありませんでしたが、私の目の前に
立っていたTAKA変酋長さん、ものすごく大きく感じました。

その他、掲示板に書き込み頂いた、リレーフォーライフスタッフの
ファルモルビシンさんや雨のち晴れさんとも、少しだけお話ができました(^^)
おーちゃんさんとはお会いできなかったのですが、その後、メールにて
ご連絡を頂きました。

また、ルミナリエのインタビューにご指名くださったTOMさんからも
メールを頂きました。

私が参加したチーム「癌でもいいじゃん♪」には、その他にも
お話できなかったメンバーの方がいらっしゃいました。
ぜひ、次のリレーフォーライフでお話しましょう!

---------------------------------------------------------------

あれから1週間。
テーマソング「命のリレー」を思い出すと、
あの会場の雰囲気や感動がよみがえってきます。

会社へはリレーフォーライフで頂いたリストバンドを付けて出社。
少しずつ、がんについて語っていこうと考えています。
そして、今回のリレーフォーライフで知り合った皆様との
ご縁を大切にしていきたいと思います。

posted by ハミングバード at 23:00| Comment(27) | TrackBack(2) | 日常の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。