病気のプロフィール

2004年6月中旬左胸だけ大きくなる。2週間と待たずに赤く2倍の大きさに。
2004年7月上旬おみくじで大凶を引き病院へ行くことを決心。どこへ行っても乳腺炎と診断されるが一向に快方に向わず。
2004年8月下旬4番目の病院にて乳がんと判明。29歳での告知。浸潤性乳管がんのVb期。病巣が大きいため抗がん剤治療(FEC療法5クール)をうける。
2005年1月上旬手術 左乳房切除、リンパ節郭清。病理結果により炎症性乳癌と判明。リンパ節転移29/35 VC期。ホルモンレセプター、ハーセプテストともに陰性。
2005年1月下旬放射線治療始まる。50グレイを25回に分けて照射。
2005年3月下旬抗がん剤治療(タキソテール 6クール)開始。
2005年7月下旬タキソテール6クール終了。以後経過観察。
2005年12月17日ハミングバード、天国へ旅立つ。

詳しくは100の質問を見てね


家署名の件ペン


皆さんにお願いした署名が39,081名分集まり、先日5月10日に尾辻厚生労働大臣へ要望書と共に提出されました。 署名にご協力いただいた皆様、また趣旨をご理解してくださった皆様、どうもありがとうございました。 詳しくは下記のページをご覧ください。
http://home.s00.itscom.net/777/kaigo/



2008年07月25日

ぶげままさんの告別式

昨日、ハミングバードの大切な友人だった
ぶげままさんの告別式に参列しました。

ぶげままさんは、ハミングバードにとって、
一番最初に知り合った炎症性乳がんのお友達。

関西オフ会へ参加したときは、
ぶげままさんのお宅にお邪魔して、
夜通し語りあった仲でした。

関西オフ会から帰ってきてからも
「ぶげねえさん」
と呼んで、携帯メールを中心に、
頻繁にやり取りしていました。

病気やお薬のことに詳しかったぶげままさん。
勉強熱心なだけでなく、悩んでいる友人の気持ちを察して
優しく(時には厳しく)的確なアドバイスをしてくれる
お姉さんのような存在でした。

-----------------------------------------
自分の気持ちにまっすぐに
夢と希望に向かって
全力で走りつづけました。

家族を愛し
周囲を大きな気持ちで包んでくれました。

かけがえのない日々を
愛おしむように
人生を歩んできました。
-----------------------------------------

告別式で頂いた「御会葬御礼」にあった文言です。
ぶげままさんの女性としての強さ、優しさ、温かさが
ストレートに伝わってきます。

泣きながらお母さんへのメッセージを読むぶげ太くん。
じーっとお母さんの顔を見つめて「ママ、おはよう」と
つぶやくぶげちびちゃん。
ぶげちびちゃんの手を引っ張って歩くぶげ太くん。

そんな二人を見ていて、
ぶげままさんが注いだ愛情の深さを強く感じ、
涙が止まりませんでした・・。

ぶげ太くん!
昨日のぶげ太くん、凛々しかったです。
お父さんの右腕となって、たくましく成長してね!

お母さんにそっくりなぶげちびちゃん!
お母さんのような強くて優しい、
凛とした素敵な女性に成長してね!

そして、ぶげ夫さん!
ぶげままさんは、大きな存在となって、
ぶげ夫さん、ぶげ太くん、ぶげちびちゃんを見守っています。
そう実感できる時が必ず来ます。
有名な歌「1000の風」の詩を今一度読んでみて下さい。
これからも応援しています。

-------------------------------------------------

ぶげままさん、今頃、ハミングバードと再会して、
おしゃべりしているかな?

ぶげままさん、安らかにお眠りください。
心よりご冥福をお祈り申し上げます。
posted by ハミングバード at 23:49| Comment(4) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。