病気のプロフィール

2004年6月中旬左胸だけ大きくなる。2週間と待たずに赤く2倍の大きさに。
2004年7月上旬おみくじで大凶を引き病院へ行くことを決心。どこへ行っても乳腺炎と診断されるが一向に快方に向わず。
2004年8月下旬4番目の病院にて乳がんと判明。29歳での告知。浸潤性乳管がんのVb期。病巣が大きいため抗がん剤治療(FEC療法5クール)をうける。
2005年1月上旬手術 左乳房切除、リンパ節郭清。病理結果により炎症性乳癌と判明。リンパ節転移29/35 VC期。ホルモンレセプター、ハーセプテストともに陰性。
2005年1月下旬放射線治療始まる。50グレイを25回に分けて照射。
2005年3月下旬抗がん剤治療(タキソテール 6クール)開始。
2005年7月下旬タキソテール6クール終了。以後経過観察。
2005年12月17日ハミングバード、天国へ旅立つ。

詳しくは100の質問を見てね


家署名の件ペン


皆さんにお願いした署名が39,081名分集まり、先日5月10日に尾辻厚生労働大臣へ要望書と共に提出されました。 署名にご協力いただいた皆様、また趣旨をご理解してくださった皆様、どうもありがとうございました。 詳しくは下記のページをご覧ください。
http://home.s00.itscom.net/777/kaigo/



2005年03月04日

炎症性乳癌

炎症性乳癌ってなあに?

皮膚の発赤、熱感、時に痛みを伴い乳腺炎とよく似た症状。
皮膚の特徴としては乳房の毛穴のくぼみが目立ちオレンジ
の皮や豚の皮のような状態になります。これはリンパ管に
がん細胞が詰まり、リンパ液の流れが阻害されるために皮
膚がむくみこのような状態になるそうです。そしてしこり
にはならないが乳房の皮膚が硬くなる。あと私は腋の下の
リンパ節がるいるいと腫れていた。
(※通常の乳癌でも放置すれば、発赤、浮腫(むくみ)痛み
 潰瘍による出血があるそうです。)
非常に稀で乳癌の中で1%くらい。進行が早く、予後が悪い。
5年生存率約30%という報告がある。


確かに通常の乳癌であれば、リンパ節転移があるかが重要な
予後因子になるというのに、炎症性乳癌は最初からリンパ管
にがんがいるんだもの。これは足が速いと言わざるを得ない。
がんが見つかった時にはすでにかなり進行している状態だ。
TNM分類からはずして考えられてしまうのも分かる気がす
る。
(※TNM分類とは癌の進行度と広がりの程度を表わすステ
 ージ分類です。Tががんの大きさNがリンパ節転移の程度
 Mが他臓器への転移を表す)
主治医の先生によると、がんは通常1〜2年をかけてゆっく
り成長するけれど(のんびりさんは10年かけるのもいるそ
う)3ヶ月ほどで爆発的に増殖するものもあるとのこと。そ
れが炎症性乳癌にあてはまるかは分からないけれど、がんの
中には俊足もいるのだ。


もし、上記のような症状を見つけたら、乳腺外科(乳腺外来
乳腺科、乳腺専門クリニック)にかかることをお勧めします。
勇気と根気が必要だけれど、大丈夫。どんな時もあなたは
ひとりじゃないよ。

☆参考までに私の場合☆
胸が赤くぱんぱんに腫れ(赤いメロンみたい)二週間で2倍
に腫れた。痛みがあり、微熱がでた。そして腋の下のリンパ
節が腫れごろごろしていた。胸も重たい。2番目の病院で乳
腺炎ということになり、膿を出すために切開した。やや腫れ
と赤みが引いたようだったが今度はゴリゴリに硬くなって皮
膚がまさしく豚の皮みたいになった。その時の先生が、切開
しても治らないのを心配して炎症性乳癌を疑い、他の病院を
紹介してくれた。しかしその病院でも診断がつかず、今のが
んセンターでやっとがんだということが分かった。今の病院
にかかるころには赤みがひいていたため、最初は硬癌タイプ
だと診断されていたが術後の病理結果により、炎症性乳癌と
いうことになった。

【関連する記事】
posted by ハミングバード at 20:46| Comment(3) | TrackBack(0) | 炎症性乳癌のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
1パーセントに30パーセント・・・。数字って何て無機質なのかなあ。
私たち人間は有機体だというのにね。
江原さんが言っていたけど、人間の一生って、殆ど一瞬なんだって。
3歳でなくなってしまった子供と、100歳で亡くなった老人も、どちらも変わらないんだって。
一瞬か・・・・それは絶対数字で表すことの出来ないもなんだろうね。
一瞬を生きるために私たちは、日々悩んだり心配してる訳?って思っちゃったけど、到底まだ理解できないよ。理解できたら仙人だよ・・・
Posted by びたき at 2005年03月05日 10:48
生まれてから死ぬまで 悩み苦しみ
たった一歩のためだけに わたしたちは生かされる
花のごとく散る命でも

びたきちゃんのコメントを読んで思いついたので書き
とめておくよ。人生には詩がないとね。

思い切り悩んで苦しんで最後に笑おうぜい!
Posted by ハミングバード at 2005年03月05日 19:50
樹状細胞融合免疫療法 、   というのもあります。http://blogs.yahoo.co.jp/shibababa/44141236.html?p=1&t=2
Posted by おセッカイ at 2007年09月02日 17:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。