病気のプロフィール

2004年6月中旬左胸だけ大きくなる。2週間と待たずに赤く2倍の大きさに。
2004年7月上旬おみくじで大凶を引き病院へ行くことを決心。どこへ行っても乳腺炎と診断されるが一向に快方に向わず。
2004年8月下旬4番目の病院にて乳がんと判明。29歳での告知。浸潤性乳管がんのVb期。病巣が大きいため抗がん剤治療(FEC療法5クール)をうける。
2005年1月上旬手術 左乳房切除、リンパ節郭清。病理結果により炎症性乳癌と判明。リンパ節転移29/35 VC期。ホルモンレセプター、ハーセプテストともに陰性。
2005年1月下旬放射線治療始まる。50グレイを25回に分けて照射。
2005年3月下旬抗がん剤治療(タキソテール 6クール)開始。
2005年7月下旬タキソテール6クール終了。以後経過観察。
2005年12月17日ハミングバード、天国へ旅立つ。

詳しくは100の質問を見てね


家署名の件ペン


皆さんにお願いした署名が39,081名分集まり、先日5月10日に尾辻厚生労働大臣へ要望書と共に提出されました。 署名にご協力いただいた皆様、また趣旨をご理解してくださった皆様、どうもありがとうございました。 詳しくは下記のページをご覧ください。
http://home.s00.itscom.net/777/kaigo/



2005年06月19日

鎧装着

今日は友人の結婚式。

重装備で式場へと向かわせてもらう。

ドレスはやや肩があいたタイプなのでブラの線が見えない
ようにしたかったがリマンマのブラは胸をカバーするために
肩紐が体の中心に向かっているものが多い。

よってビスチェ(リマンマの専門店にて購入)を肩紐で固定
してシリコンタイプの人工乳房を入れることにした。
買うときには完璧だと思っていたら、人工乳房の重み(172
g)で動くと次第に胸のトップの位置がずれることが分かった。
買うときは試着室で跳びはねないからなあ・・・。ビスチェの
生地もやわらかいものだったので重みで伸びてしまうようだ。
フィット感は最高なのでシリコンではない軽いパットなら大丈
夫だった。が、パットと言っても自分の手作り。中身はストッ
キングなのよ〜。折角買ったシリコンタイプのを活用したいの
よ〜。

というわけで・・・バストアップキャミたるバストを下から持ち
上げてくれるボディースーツのような補正下着でさらに矯正。
肩紐も嬉しい位肩のラインぎりぎりの作りだ。今度はばっちり。
縦揺れ上等!!

と思ったら、下着がドレスのわきから見えてるじゃないの!
ブラピタとかいう両面テープでとめる。

未だかつてここまで自分の格好に気を使ったことがない。

そうして出来上がった私の体は正直な話、手術前よりも立派だ。
今回、下着の底力を目の当たりにした私。下着ってすごい。
夢中になる人の気持ちがよ〜く分かった。


【関連する記事】
posted by ハミングバード at 07:20| Comment(2) | TrackBack(0) | ブレストフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
鎧装着、ご苦労様です。結婚式って、ある意味呼ばれる側も戦だね。
ボディースーツとかビスチェを付けると明らかに
ラインがスッとなって、「やっぱ補正だね!」
って思うんだけど、ついつい普段はテキトーなんだよね。
今回はお呼ばれ服、新調したの?ハミイちゃん、いつも素敵なの着てるよね。




Posted by びたき at 2005年06月21日 23:20
びたきちゃん、おはよう。

ビスチェの肩紐をすべらないようにビニール製
のに変えたら、すべらなすぎて肩が擦りむけた。
・・・名誉の負傷よね。

>ついつい普段はテキトーなんだよね

もちろん、テキトーですよ。毎日ではつらい。
でもある程度揃っているといざという時に心
強いことが分かりました。

お呼ばれの服は新調しなかったです。
お気に入りのピンクでいきました。でもそろそろ
これも皆に見せてしまったから、次は新調するか
レンタルに挑戦するか今から悩んでます。
Posted by ハミングバード at 2005年06月22日 08:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4454319

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。