病気のプロフィール

2004年6月中旬左胸だけ大きくなる。2週間と待たずに赤く2倍の大きさに。
2004年7月上旬おみくじで大凶を引き病院へ行くことを決心。どこへ行っても乳腺炎と診断されるが一向に快方に向わず。
2004年8月下旬4番目の病院にて乳がんと判明。29歳での告知。浸潤性乳管がんのVb期。病巣が大きいため抗がん剤治療(FEC療法5クール)をうける。
2005年1月上旬手術 左乳房切除、リンパ節郭清。病理結果により炎症性乳癌と判明。リンパ節転移29/35 VC期。ホルモンレセプター、ハーセプテストともに陰性。
2005年1月下旬放射線治療始まる。50グレイを25回に分けて照射。
2005年3月下旬抗がん剤治療(タキソテール 6クール)開始。
2005年7月下旬タキソテール6クール終了。以後経過観察。
2005年12月17日ハミングバード、天国へ旅立つ。

詳しくは100の質問を見てね


家署名の件ペン


皆さんにお願いした署名が39,081名分集まり、先日5月10日に尾辻厚生労働大臣へ要望書と共に提出されました。 署名にご協力いただいた皆様、また趣旨をご理解してくださった皆様、どうもありがとうございました。 詳しくは下記のページをご覧ください。
http://home.s00.itscom.net/777/kaigo/



2005年07月26日

杉浦日向子

杉浦日向子が22日に亡くなった。

杉浦日向子は江戸の町を愛し、その時代の漫画やエッセイを
描いていた。14年前に筆を折ってからは漫画は描かず執筆や
テレビの解説などをしていたようだ。

うまい絵で見せる漫画ではないけれど、心の機微に通じた何気
ないストーリーや映画のようなコマ割は、今、読んでも新鮮だ。
そして、本人が熱心に勉強されていたこともあって江戸の町の
描写に説得力がある。おかげで私もすっかり江戸に魅了された。

江戸の人のように生きたいと言っていたから筆を折ったと知った
ときには隠居したんだなと思った。江戸の町では女の方が自由に
生きていたと言っていたから彼女が離婚したと聞いたときは相手
のほうがタジタジになるようなやり取りがあったのではと想像した。
漫画だけでなく杉浦日向子の生き様も大好きだった。

一読者として私が知る限りでは彼女が亡くなったからと言って涙を
流すよりは、彼女の作品と江戸を愛し続ける事がお悔みになるのだ
と思う。それでもやっぱり今は悲しいけれど。




posted by ハミングバード at 07:20| Comment(8) | TrackBack(3) | つれづれなるもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ハミングバードさん、はじめまして。TBありがとうございます。
日向子さんが亡くなられた衝撃からまだ立ち直れずにいますが、たぶん彼女はしめっぽいのは嫌いですね。
「笑って見送ってくんな」とか言ってそうです。
日向子作品、私はこれからも読みつづけます。
Posted by まゆ at 2005年07月26日 20:35
TBありがとうございました。

杉浦さんの書く江戸の町衆のダンディズムはカッコいいですよね。杉浦さんは、生き方に粋な通を感じることができる人でした。自分たちの暮らしの中に江戸時代があることを思うと、なんだか豊かな心になりますね。
Posted by 真魚 at 2005年07月27日 02:43
まゆさん、はじめまして。

『百日紅』、私も気に入ってます。ご本人には消化不良の作品だった
そうですが、私もこれからも読み続けたいと思います。北斎もいいけど
娘と女弟子の対比が面白かったな。日向子作品は面白いのに切なくも
あって筋が分かっているのにドキドキさせられます。

話は変わってしまいますがまゆさんの「空と海の青は異なる色だけど、
どっちも好き。」という言葉、とても素敵ですね。
Posted by ハミングバード at 2005年07月27日 07:10
ハミングバードさん、TBありがとうございました。
杉浦さんは、江戸の粋の伝道師だったのだと思います。まだまだ日向子流「粋」の域に至りませんが、杉浦作品をいつまでも味わっていたいですね。
Posted by ホイッチトイッチ at 2005年07月27日 07:12
真魚さん、はじめまして。

彼女の書く作品はかっこよくて痛快、そして切ない。短編の
「袖もぎ様」と「もず」は何度も読みたいのに切なくて読む
のをためらいます。『百物語』もお気に入りのひとつです。
今の季節にぴったりですし。

真魚さんの「杉浦日向子は江戸に帰ったのだと思う」という
言葉に心が救われました。本当に江戸からきて江戸に帰っ
ていったのでしょうね。
Posted by ハミングバード at 2005年07月27日 07:19
ホイッチトイッチさん、はじめまして。

日向子流の「粋」に至れたら、どんなにいいでしょうか。
彼女には同じ女として憧れを抱いていました。

杉浦作品をこれからもドキドキしつつ読み返したいと思い
ます。

お仕事と育児、がんばってくださいね。
Posted by ハミングバード at 2005年07月27日 07:34
TB返し頂きましてありがとうございました…<m(__)m>
杉浦さんは江戸の何処かの路地を歩いているような気がします。
私も微力ながら、ひとの命に触れる職業を目指す身です。頑張りたいと思います。
Posted by Myrrha at 2005年08月03日 23:47
Myrrhaさん、こんにちは。

そうですね、江戸の町でほおずきなんかを眺めてにっこり
しているかもしれないですよね。

Myrrhaさんのこと、応援してますね。いい音楽をばんばん
聴いて、がんばってください。
Posted by ハミングバード at 2005年08月04日 15:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

杉浦日向子さん
Excerpt:  NHKテレビなどで何回かお見かけしたくらいで、著作は読んだことはありませんが、見てきたように江戸を語る語り口はなんとなく気になっていました。そのうちに、まとまった本なども読んでみたいと思っていました..
Weblog: 5号館のつぶやき
Tracked: 2005-07-26 12:06

夭折という言葉を噛み締めた-----杉浦日向子さん逝く
Excerpt: 天才に限って若くして逝くという、良く言われる言葉がここまで真実だと思わされるのは
Weblog: BigBang
Tracked: 2005-07-27 02:20

巨星堕つ
Excerpt: 訃報:杉浦日向子さん46歳=江戸研究家、エッセイスト ウィキペディア:杉浦日向子 日向子姐さん。 貴女様に直接逢った事もない私が、貴女をこう呼ぶのを今日だけはどうか お許し頂けないでし..
Weblog: Myrrha RIOT!!
Tracked: 2005-08-03 18:16
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。