病気のプロフィール

2004年6月中旬左胸だけ大きくなる。2週間と待たずに赤く2倍の大きさに。
2004年7月上旬おみくじで大凶を引き病院へ行くことを決心。どこへ行っても乳腺炎と診断されるが一向に快方に向わず。
2004年8月下旬4番目の病院にて乳がんと判明。29歳での告知。浸潤性乳管がんのVb期。病巣が大きいため抗がん剤治療(FEC療法5クール)をうける。
2005年1月上旬手術 左乳房切除、リンパ節郭清。病理結果により炎症性乳癌と判明。リンパ節転移29/35 VC期。ホルモンレセプター、ハーセプテストともに陰性。
2005年1月下旬放射線治療始まる。50グレイを25回に分けて照射。
2005年3月下旬抗がん剤治療(タキソテール 6クール)開始。
2005年7月下旬タキソテール6クール終了。以後経過観察。
2005年12月17日ハミングバード、天国へ旅立つ。

詳しくは100の質問を見てね


家署名の件ペン


皆さんにお願いした署名が39,081名分集まり、先日5月10日に尾辻厚生労働大臣へ要望書と共に提出されました。 署名にご協力いただいた皆様、また趣旨をご理解してくださった皆様、どうもありがとうございました。 詳しくは下記のページをご覧ください。
http://home.s00.itscom.net/777/kaigo/



2005年03月05日

われ泣きぬれて

東海の小島の磯の白砂に われ泣きぬれて 蟹とたはむる(石川啄木)

わっちにも泣くことがあるんですぜ
だけど蟹とたわむれてる暇はないんですぜ
火事ですぜ、体の中が火事ですぜ
飛び火を食い止めなきゃあならんのですぜ
涙を乾して、火消しですぜ

「わたし死ぬんですか?」
いきなりディープなセリフだ。炎症性乳がんと聞いたとき思わず
口をついてでた。今思えば、炎症性だろうがなんだろうが乳がん
は怖い病気で、しかも私は局所進行乳がんで最初っから高リスク
なのに炎症性乳がんじゃないと安心していた。先生にも再三確認
を取っていた。それなのにふたを開けたらこの結果。
ショックだった。私が診察室に入ったときの先生の暗い顔を見て
あまりいい結果じゃなかったのかなと、ちらと覚悟はしていたけ
れどこれじゃああんまりだ。でも先生が言ってくれたことが良か
った。先生はいつもクールな女医さんだ。

「まだ、あなたの人生の計画を変える必要はありません。もしも
の時はきちんとお話をします。あなたはせっかく手術ができたん
です。これからの治療をしっかり受けてください。いいですね。
いい?ね?いいですねっ。」最後のほうは微妙に脅しが入って
いた気がする。もしもの時って・・・と思った方、これががん治療
の現場なんです。オブラートにくるんで、うまく目隠してされてい
るけど患者は命がけで、先生たちはその命のやり取りをしている。
静かで激しい戦い。ちなみに私の先生ははっきりものを言うタイプ
だ。主治医の変更が途中であったのだが、最初の男の先生はオブラ
ートでよくよくくるんでくれた。でも私は事実ならはっきり告げて
もらいたいタイプの人間だ。

私は先生の言葉に我にかえった。そうだ、手術をうけて病巣を取れた。
進行性乳がん(がんが大きかったり、リンパ節への転移が多い進行
してしまっている乳がん)の患者さんで、術前療法が効かず、手術を
受けられないでいる患者さんに入院中知り合ったことを思い出した。
ここであきらめたら、その人に申し訳ないと思った。先生、もうちょ
っとやさしくしてくれたっていいじゃないとも思ったけど、今、甘や
かされたら立ち上がれなくなるなと思って、失礼しますといつもの通
り診察室を出た。

会計を済ませているときに、視線を感じふと見ると、診察室にいたはず
の先生がじっと見ている。なんだか会えたのが嬉しくて思わずニコニコ
してしまった。ちょうどお昼の時間だ休憩に入るのかな。先生は何も言
わずそのまま行ってしまったけど、心配してくれたのかなと自分にいい
ように考えた。ふふ、患者って健気。

先生の目は透き通る暗い海の底で息をしている水。そうとっても素敵な
目をしているのです。それを見るといつも落ち着いてしまう。いい先生
に会えたなと思う。乳がんは大凶だったけど、病院と先生は大吉じゃん。
人生はいいこと半分、いやなこと半分。つらいときには好きなだけ泣け
ばいい。好きなだけ叫んだらいい。

東海の〜小島の磯の白砂に〜われ泣きぬれて蟹とたはむる〜

近所の人にちょっとおかしく思われるかもしれないけどいいよねっ☆
アハっ☆




posted by ハミングバード at 02:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 炎症性乳癌のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月04日

炎症性乳癌

炎症性乳癌ってなあに?

皮膚の発赤、熱感、時に痛みを伴い乳腺炎とよく似た症状。
皮膚の特徴としては乳房の毛穴のくぼみが目立ちオレンジ
の皮や豚の皮のような状態になります。これはリンパ管に
がん細胞が詰まり、リンパ液の流れが阻害されるために皮
膚がむくみこのような状態になるそうです。そしてしこり
にはならないが乳房の皮膚が硬くなる。あと私は腋の下の
リンパ節がるいるいと腫れていた。
(※通常の乳癌でも放置すれば、発赤、浮腫(むくみ)痛み
 潰瘍による出血があるそうです。)
非常に稀で乳癌の中で1%くらい。進行が早く、予後が悪い。
5年生存率約30%という報告がある。


確かに通常の乳癌であれば、リンパ節転移があるかが重要な
予後因子になるというのに、炎症性乳癌は最初からリンパ管
にがんがいるんだもの。これは足が速いと言わざるを得ない。
がんが見つかった時にはすでにかなり進行している状態だ。
TNM分類からはずして考えられてしまうのも分かる気がす
る。
(※TNM分類とは癌の進行度と広がりの程度を表わすステ
 ージ分類です。Tががんの大きさNがリンパ節転移の程度
 Mが他臓器への転移を表す)
主治医の先生によると、がんは通常1〜2年をかけてゆっく
り成長するけれど(のんびりさんは10年かけるのもいるそ
う)3ヶ月ほどで爆発的に増殖するものもあるとのこと。そ
れが炎症性乳癌にあてはまるかは分からないけれど、がんの
中には俊足もいるのだ。


もし、上記のような症状を見つけたら、乳腺外科(乳腺外来
乳腺科、乳腺専門クリニック)にかかることをお勧めします。
勇気と根気が必要だけれど、大丈夫。どんな時もあなたは
ひとりじゃないよ。

☆参考までに私の場合☆
胸が赤くぱんぱんに腫れ(赤いメロンみたい)二週間で2倍
に腫れた。痛みがあり、微熱がでた。そして腋の下のリンパ
節が腫れごろごろしていた。胸も重たい。2番目の病院で乳
腺炎ということになり、膿を出すために切開した。やや腫れ
と赤みが引いたようだったが今度はゴリゴリに硬くなって皮
膚がまさしく豚の皮みたいになった。その時の先生が、切開
しても治らないのを心配して炎症性乳癌を疑い、他の病院を
紹介してくれた。しかしその病院でも診断がつかず、今のが
んセンターでやっとがんだということが分かった。今の病院
にかかるころには赤みがひいていたため、最初は硬癌タイプ
だと診断されていたが術後の病理結果により、炎症性乳癌と
いうことになった。

posted by ハミングバード at 20:46| Comment(3) | TrackBack(0) | 炎症性乳癌のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。