病気のプロフィール

2004年6月中旬左胸だけ大きくなる。2週間と待たずに赤く2倍の大きさに。
2004年7月上旬おみくじで大凶を引き病院へ行くことを決心。どこへ行っても乳腺炎と診断されるが一向に快方に向わず。
2004年8月下旬4番目の病院にて乳がんと判明。29歳での告知。浸潤性乳管がんのVb期。病巣が大きいため抗がん剤治療(FEC療法5クール)をうける。
2005年1月上旬手術 左乳房切除、リンパ節郭清。病理結果により炎症性乳癌と判明。リンパ節転移29/35 VC期。ホルモンレセプター、ハーセプテストともに陰性。
2005年1月下旬放射線治療始まる。50グレイを25回に分けて照射。
2005年3月下旬抗がん剤治療(タキソテール 6クール)開始。
2005年7月下旬タキソテール6クール終了。以後経過観察。
2005年12月17日ハミングバード、天国へ旅立つ。

詳しくは100の質問を見てね


家署名の件ペン


皆さんにお願いした署名が39,081名分集まり、先日5月10日に尾辻厚生労働大臣へ要望書と共に提出されました。 署名にご協力いただいた皆様、また趣旨をご理解してくださった皆様、どうもありがとうございました。 詳しくは下記のページをご覧ください。
http://home.s00.itscom.net/777/kaigo/



2005年09月02日

久しぶりに

子どもたちの夏休みも終わって、読み聞かせも
再開しました。久々に記事を書いてます。

と、言っても今日は、まだ夏休みが何たるかも知ら
ない乳幼児向けの読み聞かせ。まだ暑いから参加
者が少ないかと思ったけれど、27組の親子が集ま
ってくれました。
みんなで輪になって歩いたり、絵本を読んだり。
私たちが知らぬ間にすっぽりと虹に包まれている
ようなそんな平和な風景でした。

絵本を読んでる仲間のところに子どもたちが群が
って温もりを確かめるようにぺたぺたと触っている
のが印象的でした。この方は三人のお母さんでや
さしくて頼れるお母さんっていうオーラを発している。
私なんか受付でお母さん方が記帳している間に預
かった赤ちゃんを泣かせているというのに・・・・。
お母さんってすごいなあ。世の母親というものを無
条件に尊敬してしまう私でありました。

片づけを終えて公民館を出ると、何組かの親子が
遊んでいた。子どもたちが私に「あかい実があるよ」
と教えてくれる。一緒になってついて行くと見たこと
のない木の実。ふと視線を落とすと

「取って〜、それ取って〜」

と私を見上げる子どもたちの無言のおねだり。
確かに私なら手を伸ばすだけで取れてしまう。改めて
子どもたちの小ささを実感。

赤い実を渡すと男の子は「爆弾だぞーーー」と私に
ぶつける真似をする。女の子たちは大事そうに手の
ひらで遊ばせている。うーん、この差。
女の子は紅い実に何を思うのかしらん。

来週からは小学校で読み聞かせ。練習、練習。




私の腕を腫らし、数人の体調不良者を出したぺープ
サート作り。登場人物が多すぎて、メンバーの誰一人
本番を見ていない。本番が終わって私も燃え尽きた。

特大ぺープサート.jpg
ラストシーン用のぺープサート。特大サイズ。
これが登場した時は歓声があがった。


男の子jpg.jpg
我が子のように思い入れのある主人公の男の子。
下書きまで写真に撮りました。親バカ。







posted by ハミングバード at 14:29| Comment(6) | TrackBack(1) | 絵本の読み聞かせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月04日

ほげー

ここ数日、根を詰めてペープサート作りに励んだ。
本番まで約2週間。細かいところは追々手を入れると
して一応、練習に使えるところまでできた。


でもお陰で家の中は荒れ果てている。ごはんも乏しかった。
なのに体重が増えている☆■?○!!★でも最早、本番を
迎えるまでは体重なんてどうでもいい。

ただの紙にはさみを入れて顔と色をつけただけで命が生まれる。
大事に扱えば、少なくとも10年位はサークルの財産として
人の目を楽しませるのだ。素晴らしき哉。途中、何度も手を
抜こうとするけれど「手を抜くな、手を抜くな」とどこかで
声がする。私にもうしろの百太郎がついているのだろうか。

明日も朝から作業する。あと少し、あと少し。

荒れ果てた我が家.jpg


posted by ハミングバード at 23:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 絵本の読み聞かせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月28日

ちいさな戦士

ペープサート作成最終日。今日は朝から一日中
公民館で作業してました。

ま、全然終わらなくてあと半分残ってます。フフ。
もうみんなで持ち帰りのゲリラ戦です。来週から
は練習もしなくてはいけないのでなんとかしなく
ては!!でもその前に読み聞かせ会で七夕飾りを
使うので、そっちを先に作らねば。

焦る私を助けてくれる、ちいさな戦士たちを紹介。

これからも僕たちをよろしく.jpg

手前3個はでんぷん糊です。幼稚園の頃使いません
でしたか?真ん中はフエキ糊なんですけど、商品名
が「動物」。犬が帽子をかぶっているんだけど、もっと
かわいい名前をつけたっていいじゃないか。

後ろの右端のは厚紙用のプリットです。結構きっちり
貼れます。そのお隣のプリットは限定版のキャップ付
プリットです。
posted by ハミングバード at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵本の読み聞かせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月09日

ペープサート2

ペープサート集合1.jpg
ペープサートの見本が完成して、今週から本格的な
作業を始めた。上の写真は完成した見本。

先週、人事不省と言いながら、自分を騙して無理やり
見本を作って打ち合わせにも参加してしまった。それ
でなんとか形になってきた。

見本を見ながら話し合ううち、どんどん動物たちが大
きくなっていく。A1判の大きな紙をさらに張り合わせ
て懐かしの鉛筆で下絵を描いていくのはとても気持ち
が良かった。

あと3回集まって、6月いっぱいでの完成を目指す。
ちょっと時間が足りなくて手を抜こうとするんだけど
そう思えば思うほどみんないいアイデアがどんどん
浮かんでしまって手抜きできないでいる。なんだかと
てもいい傾向だと思う。ギリギリまでアイデアを出し
合ってよりよいものを作りたい。
posted by ハミングバード at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵本の読み聞かせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月24日

ペープサート

今日は7月にやるちょっと大き目の読み聞かせの打ち
合わせに行った。毎年恒例の公民館主催の子ども会だ。
本を読むだけではつまらないので、紙芝居や人形劇
も一緒にやっているのだがそれらは他のサークルから
借りてきてやっていた。今回は自分たちで何かを作ろ
うではないかということになって「ペープサート」を作る
ことになった。

ペープサートとは紙に絵を描いたものに棒をつけて、
舞台の上で動かして物語を展開する。いわばキャラク
ターが動く紙芝居だ。
舞台も背景を変えたり、キャラクター以外の小道具も
出す。舞台の大きさを3m弱の幅で作るので結構大掛
かりだ。そこでまずミニチュアの舞台装置を作ってそ
れをたたき台にしてよりよいものを作った方がいいだ
ろうということで、またまた工作好きの私がその役目
をかってでた。

だって一度作れば何年も使えるし、サークルの財産に
なる。またほかのサークルに貸し出しもできる。そう
なるとますますいいものを作っておきたいもんね。

この間のシールブックも評判がよかったらしい。特に
お母さんたちにうけていたそうだ。子どものために作
られたものって懐かしさや温かさがあって大人だって
嬉しくなるものかもしれない。喜んでもらえたと聞い
てますますやる気がでた。私も昔、こうして誰かに夢や
憧れを分けてもらっていたと思う。その小さな積み重ね
が私を作り私を支えている。だから今はそのお返しがし
たいんだ。

明るいもの美しいもの温もりのあるものこれら全てが
目に見えない力になり、困難や不幸にあった時の勇気の
源になっていると私は思う。守るべき小さな子ども、
そして疲れきった大人たちに少しでもほっとできる時を
提供できたらと思う。
posted by ハミングバード at 22:35| Comment(4) | TrackBack(0) | 絵本の読み聞かせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月26日

完成

ブック型シールカードが完成した。今回はぐりとぐらを中心に
やまわきゆりこさんが描くキャラクターを使用した。下の写真は表紙。
ぐりとぐらが大増殖している。
月に一度の乳幼児向けの読み聞かせのボランティアで子ども達の
出席カードとして使ってもらう。出席した子はカードにシールを貼れ
るのだ。シールも手作り。といっても画像を取り込んでシールラベル
に印刷しただけだけど。

ぐりぐら増殖.jpg

↓カードの中身。紺色で描かれている文字とイラストは私の手書き。
ぶたさんとかりすさんと書かれている欄がシールを貼る場所。

昨日になってイラストを描きこむことを思いついて、一日中作業を
した。今日の朝から皆さんと製本作業をする予定だったのでかなり
あせって作った。だけど久々に夢中で絵を描いた。子どもを喜ばせる
つもりが自分で楽しんでしまった。

今日の作業中に来年もブック型をやろうかという話になった。
来年は何のキャラクターがいいかな。

ブック1.jpg

ブック2.jpg
posted by ハミングバード at 22:21| Comment(0) | TrackBack(1) | 絵本の読み聞かせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月05日

読み聞かせ

今日は久々に読み聞かせの集まりに参加してきた。
私の血色の良さにみんな驚く。(病気のことはサ
ークルの方全員が知っている。胸が腫れてきた時
いろいろ相談していたし、隠す必要性を感じなか
ったからだ)
そうだよね、顔がツヤツヤしてるよね。入院中も
言われたよ。でもね、お化粧を落とすと顔色悪い
んだよ。だから嫌いなお化粧をしているんだよ〜。
私の顔色が悪いのは病気のせいなのか、年のせい
でくすんできたのかそれをはっきりさせるつもり
はナイ。

さて今年で8年目になるこの読み聞かせサークル
は今は定年退職された校長先生が子どもの本離れ
を危惧して地域の人に呼びかけたのがきっかけだ
という。
去年、6年間読み聞かせを聞いていた子どもたち
が中学校にあがった。なんとその新一年生は今ま
でになく中学校の図書室を利用しているそうだ。
みんなの6年間の努力が報われたと思う。本を読
むのは楽しいが、本が好きなだけでは続けられな
い年数だ。6年間で200冊以上の絵本を読み聞
かせたそうだ。
児童文学評論家の赤木かんこさんの講演会に行っ
た方から聞いた話なのだが「子どもは食事と愛情
が満たされて初めて知的好奇心が湧いてくる。今
は食事に不自由する子はほとんどいないが愛情を
求めている子は沢山いる、読み聞かせは読むだけ
ではなく愛情を注いであげてください」とおっしゃっ
たらしい。サークルのメンバーは間違いなく愛情を
注いでいたに違いない。

でも初代メンバーの面々を見ていると、みんな楽
しむのが上手だ。「愛情注ぐぞ〜!がんばるぞ〜
!」なんて気負ってばかりでは長続きしないだろう。

今日の集まりでは5月から始まる乳幼児向けの読
み聞かせの打ち合わせをした。その中で、スタンプ
カードを作ろうということになった。
「本にこだわって本型の台紙なんていいんじゃない?」
「だったらいっそミニブックにしてしまいましょうよ」
「じゃあ、月ごとにキャラクターのシール貼ってもらうことにしてさ」
「キャラクターが多いといえばぐりとぐらいいよねえ」
「表紙はあのイラストがいいよね」「大きさ決めちゃおう!」
わあわあ。がやがや。あっという間に決定。こういう
共通の趣味を持つ人間の連帯感が心地いい。工作
大好きな私がひな型作りを仰せつかった。もう少し
お休みをもらおうかと思っていたが、再来週から始まる
小学校の読み聞かせにも参加したくなってしまった。
人に会うとテンションが上がって楽しいなあ。






posted by ハミングバード at 14:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 絵本の読み聞かせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月02日

ボランティア

約二年前から絵本の読み聞かせのボランティアをやっている。
週に一回、近所の小学校に行って授業が始まる前に絵本の
読み聞かせや本の朗読をする。それと月に一回これまた近所
の公民館で乳幼児向けの読み聞かせをやっている。

きっかけは回覧板にボランティアの募集のチラシがあったからだ。

ここ数年、少年犯罪が多発していて、そのような犯罪を起こすの
はほんの一部の人間だと分かっていても私の中での未成年のイメ
ージはだんだんと悪いものになっていた。
でもある日、イメージだけでそういう風に思うのはおかしいし、
それは私にとって不幸でつまらないことだと思って、実際子ど
もたちと触れ合うことがあればそういうイメージも払拭できる
だろうと何か学校関係の仕事はないだろうかと探していたのだった。
それと私は趣味で芝居をやっていたのだが、引っ越した先にこ
こぞと思える劇団がなくて、仕方がないのでひとりで朗読なん
かして寂しさを紛らわせていたのだが、観客がひとりもなく、
また見せる予定だってないのを虚しく思っていたのだった。

そこへボランティア募集のチラシが舞い込んできた。これは私の
二つの希望を叶えてくれると喜び、早速ボランティアの代表に
電話をした。平均年齢40歳のサークルに20代後半の私が入
るというので代表は少し驚いていたが、是非とも入れて欲しい
と頼んだ。
読み聞かせは、聞き手の邪魔にならないように特に登場人物の
セリフに感情を込めすぎないように指導された。聞いている
子どもは絵を見ながら自由に物語の世界で遊ぶのだ、そこに
やたら色気をだしておどけたり、悲しい声色を出したりする
と押し付けがましくなってしまうというのだ。代表は芝居を
していた私には物足りなのではと心配していたが、なんの!
芝居の時だって100パーセント感情を爆発させているわけで
はないし、逆にセーブして観客が引かない程度にテンションを
保っているのだ。感情を抑えて、100パーセント聞き手の
ために本を読む、これはいい修行になるなあと内心嬉しさで
いっぱいだった。そして何より聞いてくれる人がいるという
のは読み甲斐がある。子どもは素直な反応をしてくれるので
自分が上手いか下手かがよく分かる。でも、必ず「もっと
読んで」「次のお話はなに」と言ってくれるのだ。

去年の秋頃から体調を崩すことが多かったので、読み聞かせの
方は休んで資料を作る仕事をさせてもらっていた。今年に
入ってから、市内の病院に入院している子どもたちのために
お話をテープに吹き込むという仕事が舞い込んできた。直接
会ってお話ができないのは残念だけど心をこめて作った。

もちろん今では、未成年に対するイメージだって払拭され
芝居心もやや満たされ(う〜芝居が一番だな、やっぱり)
いいボランティアを見つけたなと思っている。

posted by ハミングバード at 21:12| Comment(4) | TrackBack(0) | 絵本の読み聞かせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。