病気のプロフィール

2004年6月中旬左胸だけ大きくなる。2週間と待たずに赤く2倍の大きさに。
2004年7月上旬おみくじで大凶を引き病院へ行くことを決心。どこへ行っても乳腺炎と診断されるが一向に快方に向わず。
2004年8月下旬4番目の病院にて乳がんと判明。29歳での告知。浸潤性乳管がんのVb期。病巣が大きいため抗がん剤治療(FEC療法5クール)をうける。
2005年1月上旬手術 左乳房切除、リンパ節郭清。病理結果により炎症性乳癌と判明。リンパ節転移29/35 VC期。ホルモンレセプター、ハーセプテストともに陰性。
2005年1月下旬放射線治療始まる。50グレイを25回に分けて照射。
2005年3月下旬抗がん剤治療(タキソテール 6クール)開始。
2005年7月下旬タキソテール6クール終了。以後経過観察。
2005年12月17日ハミングバード、天国へ旅立つ。

詳しくは100の質問を見てね


家署名の件ペン


皆さんにお願いした署名が39,081名分集まり、先日5月10日に尾辻厚生労働大臣へ要望書と共に提出されました。 署名にご協力いただいた皆様、また趣旨をご理解してくださった皆様、どうもありがとうございました。 詳しくは下記のページをご覧ください。
http://home.s00.itscom.net/777/kaigo/



2005年06月18日

放射線治療3ヶ月後

昨日は放射線科を受診した。3ヶ月後の経過を診てもらう。

受診前にCTとエコーの検査を受けていたのだがCTの結果
が出ていた。特に所見はないとのこと。ただ肺に放射線治療
の痕として白い影が映っていた。左肺を斜めに横切るものと
胸骨の辺りから心臓の上にあった。
でもねぼんやりした影じゃなくていかにも機械で当てました
みたいな直線の影だったんだよ。心臓には照射されないよう
に当ててくれていたのだけど、ちゃんとその通りになっている。
当然なのかもしれないけど「すっげーー」なんて感心した。

影があるので咳や熱は出なかったかと心配してくれたが、当の
本人は憎らしいくらいに元気。照射部の皮膚の状態もいいので
とりあえず放射線科は卒業。やったね。
放射線科は先生や看護士さんに余裕があって、リラックスした
雰囲気で治療ができたので名残惜しい。治療中はほぼ毎日会
っていたっていうのも大きいと思う。

影は消えるかもしれないし、そのまま残るかもとのこと。
皮膚の日焼け跡はきっと消えるでしょうと言われた。

午後からはがん友と通院治療室で待ち合わせ。本当は私も治療
の予定だったのだが日曜日に結婚式があるので念のため治療日
をずらしてもらったので昨日はのんびり付き添いをしていた。

入院中に知り合ったこの人とは年も近いし性格が似ていて馬が
合う。もしも二人が双子の桃太郎だったら、おばあさんに拾わ
れもせずどんぶらこどんぶらこと川を流れてそのまま鬼ヶ島に
行ってそうな勢いがある。うん、それできっと鬼の仲間になって
暴れまわるんだろうな。そうだな、きっとそうだな。

会計を済ませたときには既に6時近く。たまたま通りかかった
放射線科の看護士さんに「まだいたの?!」と驚かれる。
だってお話が楽しかったんだもんね。


posted by ハミングバード at 07:50| Comment(4) | TrackBack(0) | 放射線治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月18日

放射線治療その後2

放射線治療を終えて1ヶ月以上が経った。特に異常なし。

日焼けした部分はどんどん皮がむけ

リボン→うさぎ→シシ神様→マザーグース風魔女

と変遷し、あとはぼろぼろと落ちてしまった。ただ手術跡の下の方と
脇の下あたりは皮がむけずに黒いまま。

あと私の心臓は人より前に出ているらしく、先生が苦心して心臓に
放射線を当てないように胸骨付近は角度を変えて二重に照射して
いるので未だにくっきりと四角く痕が残っている。
胸にどこでもドアができてしまった。
術後の診察の時に自分でも何故こんなに心臓がバクバクしているん
だろうと不思議に思っていた。担当のH先生も気になっていたらしい。
エコーの結果で心臓が前に出ていると判明した時のH先生の得心の
いった晴れやかな笑顔が忘れられない。
しかも私は心臓内の弁が変形していて、心臓の中だけ血流がおかしい
らしい。これは病気ではなく生まれつきのものなので治しようがない
し、日常生活に支障はないのだが「マラソン選手」にはなれないと言
われた。
私は長距離が苦手で本気で走ってるのに普通にビリを取れてたので
これを言われたときは「ビリの理由ができた」と喜んだものだ。

ところでH先生は毎週の診察の度に「左腕にむくみはないかな〜」
と人の腕を見ては「はっ、むくんでる!?」って困った顔をしてから
私の右腕と見比べて「むくみじゃないや」と確認していた。
「そ、そんなに私の腕は太いんですかああああああっ。」
という言葉を毎回呑み込んでいた私でした。

posted by ハミングバード at 10:30| Comment(4) | TrackBack(0) | 放射線治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月15日

放射線治療 その後

放射線治療を終えて一週間が経過した。

☆皮膚の痛み、かゆみは治まる
☆皮がむけてきた

そんな症状である。とりあえず一安心。
放射線を正確にあてるために胸にマーカーで書かれた黒い
線がなかなか消えないのが悩み。このマーカーなんとかな
らないかなあ。線が薄くなるたびに技師の方たちが「ちょ
っと書き足しますね〜」って胸やら腋にキュキュキューっ
と書いていく。当然なすがまま、まるで耳なし芳一だった。

皮がむけて私の胸に地図ができたみたい。どんな形になっ
ていくのかちょっと楽しみにしている。


放射線 私の胸に 地図残し  (ハミングバード)


それよりも先日、肉を大量に食べてから体脂肪率が30%を
超えてることのほうが心配だ。ええーい、何がダイエットだ。
ばっかも〜ん。(父の口癖)
posted by ハミングバード at 11:10| Comment(4) | TrackBack(0) | 放射線治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月07日

放射線治療終了

やったー。放射線治療が終わったよう。
1ヶ月半の通院を終えて、無事終了。最後には放射線
技師さんと看護師さんと握手を交わしてお別れしてきた。
担当の先生には今度の診察の時によくお礼を言おうっと。
放射線科には放射線科の担当の先生がいるのだ。ドクター
H。まだ若いのになかなかどうしてしっかりした先生だ。
私は不覚にも一度彼の前で涙を流してしまった。(それ
も病気以外のことで!)それでなんとなく心を許している。
その先生ともお別れか。いいことだけど、やっぱり寂しい。

★放射線治療の副作用★
だるさ、眠気、照射部の日焼け・かゆみ、息苦しさ、動悸

一度、泣けてくるほどだるくなったことがあったが翌日
にはケロリとしていた。
ああ、これが副作用のない治療ってやつね!とおおはしゃ
ぎな私。それに比べて抗がん剤のFEC療法は今思えば
きつかった。その時は比べるものがないから、こういうも
のだと思って過ごしていたのだが・・。

FEC療法は4クールの予定だったのが急遽5クールに変
更になったのもあって、5クール目の私はかなり暗かった。
その頃には抗がん剤をうつと思っただけで吐き気がしていた
し、体力も落ちていた。抗がん剤治療を通院で受けていたの
で、通院治療室というところへ行く。そこでは自分の担当の
看護師さんがついてくれる。担当のSさんは一つ年下のとっ
ても可愛い、ウェットな看護師さんだ。
最後の抗がん剤の日だというのに、私はお礼も言わずに出て
きてしまった。しかも打つ前に「回が増すほど恐怖が増す」
となんとも恐ろしげな弱音をはいていた。暗い、くらすぎる。
放射線科の時となんという違いだろう。(もちろん放射線科
にくる患者さんがみんな私のように元気いっぱいというわけ
ではないのでどこの配属の看護師さんも苦労があるとは思う
けど)
次の抗がん剤の時も担当がSさんだったら、最後にはきちんと
お礼を言いたい。どんなに体がきつくても感謝の気持ちや、や
さしさを失いたくないと思うから。
posted by ハミングバード at 19:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 放射線治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月02日

放射線治療

25回の予定の放射線治療。今日で22回目が終わった。
体がだるい。とにかくだるい。今週に入ってから特に
ひどく、昨日がピークだった。夜の帳が落ちる頃、ものす
ごいだるさに襲われて、眠ろうにも眠れない。神経が逆立
つようだった。眠る前のあかちゃんがぐずる気持ちがよく
分かった。

放射線治療は放射線(]線)を照射して、がん細胞に打撃
を与える治療。
大きな塊りになった癌より、小さな癌に有効らしい。
だから私も癌を摘出した手術後に患部に残っているであろう
目に見えない微小ながん細胞をやっつけて、再発を防ぐこの
治療を受けている。

私の場合、副作用が眠気とだるさと患部の日焼け程度だった
ので放射線治療にはかなり感謝をしているのです。
昨日は眠れなくて困ったけれど、たかが一日だけのこと。
この一ヶ月間、自らの衰えを感じることなく過ごせたこの
喜び。健康っていいなあ、としみじみ思う。
やっぱり体力を奪われると、気力も思考力も鈍ってしまう。
それは屈辱的ですらある。

放射線治療の副作用は、例えば10年20年先に照射した
患部やその付近に新たな癌が発生する危険性や遺伝子を
傷つけてしまう可能性があるなど、慎重な扱いが必要だ
けれど、私にとっては目下の副作用が少ない救世主のよ
うな存在。先生ならびに技師、看護士さんは放射能を武
器に戦うゴーストバスターズなのです。(古いな)
先生たちに「ナイス リニアック」と拍手を送りたい。

でも私はこっそり「日焼けサロン」とよんでいるんだけど。
posted by ハミングバード at 23:10| Comment(4) | TrackBack(0) | 放射線治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。