病気のプロフィール

2004年6月中旬左胸だけ大きくなる。2週間と待たずに赤く2倍の大きさに。
2004年7月上旬おみくじで大凶を引き病院へ行くことを決心。どこへ行っても乳腺炎と診断されるが一向に快方に向わず。
2004年8月下旬4番目の病院にて乳がんと判明。29歳での告知。浸潤性乳管がんのVb期。病巣が大きいため抗がん剤治療(FEC療法5クール)をうける。
2005年1月上旬手術 左乳房切除、リンパ節郭清。病理結果により炎症性乳癌と判明。リンパ節転移29/35 VC期。ホルモンレセプター、ハーセプテストともに陰性。
2005年1月下旬放射線治療始まる。50グレイを25回に分けて照射。
2005年3月下旬抗がん剤治療(タキソテール 6クール)開始。
2005年7月下旬タキソテール6クール終了。以後経過観察。
2005年12月17日ハミングバード、天国へ旅立つ。

詳しくは100の質問を見てね


家署名の件ペン


皆さんにお願いした署名が39,081名分集まり、先日5月10日に尾辻厚生労働大臣へ要望書と共に提出されました。 署名にご協力いただいた皆様、また趣旨をご理解してくださった皆様、どうもありがとうございました。 詳しくは下記のページをご覧ください。
http://home.s00.itscom.net/777/kaigo/



2005年09月27日

治療終了後初検査

@CT(胸部、腹部、腰椎)

特に転移を疑う所見なし。

肺に放射線治療のあとの白い影が映ったがこれは前から。
特に問題なし。先生曰く、ばんばん運動していいらしい。

A血液検査

腫瘍マーカーに問題なし。

(でも私は、今までのデータを見てみると数値に表れにくい
タイプとのこと)


採血で新たな猛者登場。私の肘の関節付近の血管から採血
できた人がいた。

「ハミングバードさん、いつもどこから採ってます?」

「ここがベストです」

と関節辺りを指差す。血管はでません。触って探してもらいます。

「ああ、ここね。確かにあるねえ。ムズカシイナ・・」

「・・・手の甲でもいいですよ。」

「ええい、悔しいっ。やってみてもいい?」

(そのチャレンジ精神かった!)

「ええ、いいですよ」

ブスーーーーーーっ。

チューーーーーーっ。

「やったーー」

やった、うれしいっ。地味な喜び。
でも採血し辛いに人間にとっては大きな喜びなのだ。




posted by ハミングバード at 17:04| Comment(6) | TrackBack(0) | 術後の検査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月20日

検査、いっぱい

先日、検査をみっちり受けた。

@CT(胸部から腰椎にかけて)

念のため検査かな。

結果、所見なし。
肺に放射線治療のあとの白い影が映ったが、問題なし。


Aエコー(胸部)

右鎖骨上に痛みがあったのとその部分が硬くなっていた
ので見てもらう。最近は左鎖骨上も痛かった。

結果、悪性を疑う所見なし。
右胸の右下に8mmの※線維腺腫が見つかる。まだしこり
としては触れない。以後経過観察。

検査中、やたら右胸を触診されたのと「前の画像をみせて」
を連発され、かなりびびる。エコーは自分でも画像が見えて
しまうから心臓に悪い・・。

※線維腺腫 乳房にできる良性の腫瘍。15〜30歳代によく見ら
れる。球状のしこりでクリクリと動く硬いしこり。ただししこりが大き
くなる場合には美容的に問題を考え切除をする場合がある。
また、良性の腫瘍ではあるが大きくなる時に潰瘍を作り乳房を切
除する必要が出てくる時がある。

BMRI(頭部)

時々頭痛があるので私の希望で検査。

結果、所見なし。

C骨シンチ

左側の肋骨、胸側も背中もどこにもぶつけてないのに
痛かったので検査。

結果、所見なし。

検査中、日曜日の結婚式のことを思い出し、吹きだす。
検査に影響なし。

全ての検査結果に悪性を疑う所見なし。
さんざん、検査を受けたのでタキソテール6クール目終了の際には
検査はなし。

posted by ハミングバード at 09:21| Comment(4) | TrackBack(0) | 術後の検査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月18日

@MRI検査

1月末より、断続的な腰痛が続いたため4月15日に
腰椎のMRI検査をうける。

結果、所見なし。

先ほど、K先生より電話で結果をきく。
結果よりも電話待ちの間の方がどきどきしちゃって私も
なんだかなあって感じだけど電話って苦手なんだよねえ。
だからと言ってテレビ電話なんて言語道断だし。見るのは
いいけど、見られるのはイヤ。今重要なのは電話じゃなく
って結果の方なんだけど、心拍数あがりすぎでした。ふう。

MRIの検査を入れてくれたのはYOU先生でK先生はあまり
検査には積極的ではない様子。今回のも必要ないんじゃない?
って思っていたようだけど、やはりお師匠が入れた検査だから
何も言わなかったのかな?
YOU先生は体の異常を訴えるといつもはニコニコなのに急に
真顔になるから「検査しよう」と言われると「した方がいい」って
思うし、K先生は「ふふーん」っていつも通りクールだから「私って
大袈裟?恥ずかしい」と思いつつ大丈夫なんだと安心したりする。
先生も色々なんだよね。

検査ばかりすると費用もかさむし、転移のことばかり考えてしまって
良くないとも聞く。でも体に異常を感じるのに何もしないのも怖いし
難しいなあ。まあ、これからよく考えようっと。

それよりも何よりもまだ術後半年も経ってないんだっけ。
ちょっと心配しすぎたかなあ。





posted by ハミングバード at 10:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 術後の検査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。