病気のプロフィール

2004年6月中旬左胸だけ大きくなる。2週間と待たずに赤く2倍の大きさに。
2004年7月上旬おみくじで大凶を引き病院へ行くことを決心。どこへ行っても乳腺炎と診断されるが一向に快方に向わず。
2004年8月下旬4番目の病院にて乳がんと判明。29歳での告知。浸潤性乳管がんのVb期。病巣が大きいため抗がん剤治療(FEC療法5クール)をうける。
2005年1月上旬手術 左乳房切除、リンパ節郭清。病理結果により炎症性乳癌と判明。リンパ節転移29/35 VC期。ホルモンレセプター、ハーセプテストともに陰性。
2005年1月下旬放射線治療始まる。50グレイを25回に分けて照射。
2005年3月下旬抗がん剤治療(タキソテール 6クール)開始。
2005年7月下旬タキソテール6クール終了。以後経過観察。
2005年12月17日ハミングバード、天国へ旅立つ。

詳しくは100の質問を見てね


家署名の件ペン


皆さんにお願いした署名が39,081名分集まり、先日5月10日に尾辻厚生労働大臣へ要望書と共に提出されました。 署名にご協力いただいた皆様、また趣旨をご理解してくださった皆様、どうもありがとうございました。 詳しくは下記のページをご覧ください。
http://home.s00.itscom.net/777/kaigo/



2005年10月27日

講座4

はーいはいはい、行ってきました能講座。
4回目の講座は10月25日。私の31回目の誕生日で
ございました。誕生日前夜ものすごい頭痛がして早くに
寝たけれど朝になっても治まらずとんだ誕生日プレゼント
だなあなんて思ってたの。

そういう日に限って外せない予定が入っていたりするよね。
ひとつは年に一度の中学校での朝の読み聞かせ。
ひとつはこの能講座。

頭は痛いけど『スーホの白い馬』を読みたい一心で学校へ。
本番中は頭痛が治まるから不思議よ。そして家に帰ってから
また頭痛。でも行けば治る気がして今度は能講座に出発!

早めに出てまずは海岸を散歩。貝殻が沢山あった。欲しいな
と思ったけど貝は海水に洗われてキラキラしている時が一番
綺麗なので見るだけに。それから稽古場のお庭をぶらついて
いた。そうしたらなんとキツツキが木をつつくドラミングの音が!
キツツキはまだ見たことがないので懸命に探すけど見つから
ない。メジロ、シジュウカラ、スズメ、ヒヨドリ、ムクドリはいたな。
・・・でこの辺りで頭痛が治まったの。そしてお腹が空いたので
前から気になっていた稽古場近くの喫茶店へ初めて入った。
まだ新しくてきれいだし、庭の草木が凝っていて楽しかったなあ。

本題の能講座は、今回は能面について。実際の面を見せても
らいながら話を聞いた。能面を入れる袋があって、使わない
時はすぐしまうのだって。扱い方で能面の表情が変わるのだ
そうだ。でも分からない話じゃないよね。そういうのってありそ
うだもの。
大抵はヒノキで作られるらしいのだけど、艶々していて木じゃ
ないみたい。なんか生生しいんだよなあ。今回はちょっと怖さ
を感じてしまって、写真を撮ってもいいと言われたけど抵抗が
あってやめてしまった。だってもろに顔なんだもの。それが畳
の上にあって、覗き込むようにして写真を撮るのって怖い。

能面の中に猩々(しょうじょう)と言うのがあって、これは中国
の酒好きの精らしいのだが、顔が赤くて、眼が笑っている愉快
な顔をしていた。この面が小学校の同級生にそっくりで、これ
には親しみが湧いたなあ。

疲れていたこともあって謡はボロボロ。舞の方も途中でお腹が
すいてつらかったけど、やっぱり行ってよかったと清清しい気持
ちで帰途についた。あと2回練習をしたら発表会。発表会では
謡と舞をしようと思うのだけど、服装は自由なの。着物や袴は
ないから私は洋装でチャレンジ。和服に似せるんじゃなくて
正反対のスタイルでかっこよくできなかなと思案中。






posted by ハミングバード at 22:07| Comment(10) | TrackBack(0) | お稽古事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月29日

講座3

行ってきました三回目の能講座!

今週始めは病院だったし、読み聞かせは忙しいしで
疲れ気味で、ぎりぎりまで休みたい気持ちだったけ
ど、そんなことをしたら後悔すると思い、出かけた。
前回も行った喫茶店で昼食をすませるとなんとなく
落ち着いてきて気分よく稽古場に向う。

三回目は能装束を見せてもらった。能装束は古けれ
ば古いほどよいものとされ、600年間も使われ続け
ているものがあるそうだ。昔の着物は今のものとは
比べ物にならないほどよくできているのだって。

着方も普通のものとは違っていた。着物って脇に線
が入っていてそれは体の横につけるのだけれど、能
装束はあえて脇線を前の方に持ってきて褄(ツマ、
着物の下のヒラヒラした部分)も通常より上に持って
くる。そうやって下の部分をねじり、能楽師が静止し
ていても装束で螺旋状の動きを表現するというとーっ
てもヒソヤカナ演出なのだ。


舞いの方は集中できなくて前回ほど気持ちよくはな
れなかったけれど、舞い自体は覚えてきたぞーー。
それと両肘は常に張った状態を保つのだけど、手術
した左側は突っ張った感じがいつもあるので容易に
構えることができる。これぞ怪我の功名よお。
肩の高さに腕を持ってくるといい感じに腋の下が伸
びて気持ちいいの、ストレッチも兼ねた舞い・・・・・・
なんて言ったらきっと先生に怒られるなあ。


写真は稽古場のお庭。
庭の向こうは海。

庭.jpg
posted by ハミングバード at 22:20| Comment(12) | TrackBack(0) | お稽古事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月18日

講座2

16日。行ってきました能の講座、第二回目。
13日に里帰りしたのに講座のために一回戻った。
6回しかないレッスンなので1回でも休みたくない。

なーんて気合いを入れてる割には全然復習しないで
過ごしてしまった。公民館で練習できるかなと思った
ら5人からの団体に貸し出すそうで利用不可。うーん
いい場所を探さねば。やっぱり海?その前に暑すぎて
練習する気力ナシだった。これが一番の問題。やる気
があればどこでだって練習ができるものだよねー。


それでも先生の指導がよくて2回目よりも舞の動きが
スムーズに!!!(注:当社比)


(た、楽ちい)



とすっかり気分だけなりきる私がおりました。

扇や手を自分の目線に構える動きがあるのだけど構えた先に
「何か」を見ることになっていてそれが幽玄の世界であったり
草木であったりするらしい。「見て」と言われると本当にそれらが
見えるようですっかりトリップ。自然に重心も下になって心も体も
気持ちよくなってしまった。なんだろーあの安定感。

しかも今回はいい喫茶店を見つけてしまった。講座が13時半
からなのでランチをでかけた先で食べたいのに表通りにはファ
ミレスばかり。ファミレスでもいいけれど新規開拓したいじゃな
いの。それに16日はお盆休みで家族連れが多く、お店の外に
まで並んでいるのを見かけてそれだけは避けたいと車を走らせ
ていたら、店構えのいい喫茶店を発見!

入るとそこは古い家具やランプに囲まれた雰囲気のいいお店。
クラシックのレコードを大きなスピーカーで聴かせてくれてコー
ヒーもおいしい。偏屈者っぽいマスターが音楽の話には饒舌に
なるのがおかしい。最後にグレゴリオ聖歌を聴いて店を出た。
グレゴリオ聖歌を初めて聴いた。聖歌っていうと西洋というイメ
ージだったけれどエキゾチックで惹きつけられた。
お店はとても居心地のいい場所で、今回の講座を楽しめたのは
ここのおかげかなと思った。また次回も行こうかと思っているけ
れど、実はもう一軒よさそうなコーヒー屋さんを見つけてしまった。
うーん悩むなあ。



posted by ハミングバード at 09:10| Comment(5) | TrackBack(0) | お稽古事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月19日

答えはノー

というわけで正解は5番の「能」でした。

月1で半年間、6回の講座と1曲の謡(うたい・能の歌のこと)を
習うのが基本で希望者のみ1曲の仕舞(しまい・能の舞のこと)
を習うことができるのです。仕舞は一曲といってもその一部だけ
で3分半くらいの舞をやります。服装は自由。ただし仕舞を習う人
は白足袋持参です。
講座から仕舞までやって一回3時間半。でもあっという間に時間が
経ってしまった。先生はプロの能楽師で、能をもっと一般的に広め
たいということでこのような講座を開いているそうです。地元の小学
生にも教えているのだって。

バイト先の女の子が大学時代に能のサークルに入っていたと聞い
て能って一般の人にもできるんだと知ったの。機会があったらやっ
てみたいな〜なんて思っていたらこの講座を見つけたんだ。で、
迷わず飛び込んだ。能なんて滅多に習えないでしょ。動きもそん
なに激しくないし腕への負担は少なそう。ペープサートを持ち上げ
てる方がつらかった・・。それよりも明日腹筋が痛くなってそうで怖
い。謡は自然とお腹から声が出るみたい。

絶対平均年齢高いと思ったらその通りだったのだけど、な、なんと
そのバイト先の女の子も来てて笑った。その子とは勤めてる店舗が
違うから二回しか会ったことがなかったんだけど、今度一緒に練習
しようって事になって、ひょんな事から仲良くなるものだと感心。
彼女の舞う姿はとっても様になってて先生にもほめられてたし、色々
教わってしまおうと計画中。ただ、練習場所がね〜。カラオケボックス
で謡の練習って怪しいし(実際お経に聞こえると思うよ)彼女は学生時
代、海で練習したらしい・・波の音で自分の声が消えるからあまり怪し
まれなかったとか。

最初、先生の謡を聞いたときには「失敗した!」って思ったのだけど
実際うたってみたら楽しかった。昔の人もカラオケみたいな感覚で
謡をうたっていたのだって。江戸時代には謡曲ブームで謡の本が
売られ、そのお陰で識字率があがったとか。

講座の場所も皇室の静養地跡で風情があってうっとり。
半年間は退屈しなくてすみそう。最後には発表会もあるんだ。

能を習って、自然と体が鍛えられると嬉しいのだけど・・。
本当はスポーツジムにいってボクササイズをやりたかったのだけど
夏に始めるのは危険すぎ。初日から倒れそう。それにジムはあの
空気が少し苦手なんだ。基本的に運動は外でやりたいのです。






posted by ハミングバード at 22:26| Comment(6) | TrackBack(0) | お稽古事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。