病気のプロフィール

2004年6月中旬左胸だけ大きくなる。2週間と待たずに赤く2倍の大きさに。
2004年7月上旬おみくじで大凶を引き病院へ行くことを決心。どこへ行っても乳腺炎と診断されるが一向に快方に向わず。
2004年8月下旬4番目の病院にて乳がんと判明。29歳での告知。浸潤性乳管がんのVb期。病巣が大きいため抗がん剤治療(FEC療法5クール)をうける。
2005年1月上旬手術 左乳房切除、リンパ節郭清。病理結果により炎症性乳癌と判明。リンパ節転移29/35 VC期。ホルモンレセプター、ハーセプテストともに陰性。
2005年1月下旬放射線治療始まる。50グレイを25回に分けて照射。
2005年3月下旬抗がん剤治療(タキソテール 6クール)開始。
2005年7月下旬タキソテール6クール終了。以後経過観察。
2005年12月17日ハミングバード、天国へ旅立つ。

詳しくは100の質問を見てね


家署名の件ペン


皆さんにお願いした署名が39,081名分集まり、先日5月10日に尾辻厚生労働大臣へ要望書と共に提出されました。 署名にご協力いただいた皆様、また趣旨をご理解してくださった皆様、どうもありがとうございました。 詳しくは下記のページをご覧ください。
http://home.s00.itscom.net/777/kaigo/



2005年09月27日

2ヶ月後の受診

昨日は久々の診察にちょっとドキドキしながらの通院。

先生の診察に3時間待たされちゃった。でも私、そんな
の気にしない。だって昨日は貴公子だったんだもの。
流行のヒラヒラしたブラウスを着ていただけなんだけど
夫が私を見るなり「キコウシみてえだ」って言うから私も
その気になったの。
そんなわけで貴公子は病院の庭のバラに「私のために
咲け!」と言いながら人気のない庭をずんずん進んで
いきました。

すると見たこともない木の実を発見。

ちいさな木のタ.jpg

この小さな実が鈴なりに木になっていた。

(へええ?!かっわいい〜)

ちょっと斜面を登って木に近づくと足元にはこおろぎ。
さっきから「ころころ〜りりり〜」って聞こえると思った。
しばらく木を眺めていると見知らぬ鳥がやってきた。頭部に
黒の2本ライン。濃いグレーの羽にオレンジのお腹。ジョウ
ビタキにも似てるけどなんか違う。口ばしにはかの木の実。
そしてそれを両脚にはさんでつつきだした。

カカカカカッ バッバッバッ

つついては皮を取りの繰り返し。脚がちょっと内股。

「ジージージー」

急に鳴きだしたと思ったら5〜6羽の仲間がやってきた。
一瞬にして野鳥天国!1mも離れていないところで野鳥
がえさを食べてる。そのうち実を取っては別の木で食べ
始めたことに気付いて、やはり邪魔だったのだなとその
場を去った。それでも貴公子大満足。
後で調べたらヤマガラという鳥だった。

そしてその後夢見心地で診察に。
久々の先生の姿に溜息。雄弁な私も無口になりました。
(すみません、いっつもこんなこと言っていて。でも
本当だからっ。もう言わずにはいられないからっ。)

検査結果異常なし。
9月に入ってからの腰の痛みも通院当日の朝より消失。

とにかく何だろう。また免疫上げて帰ってきました。
次は1月に検査。三ヶ月以上、先生の顔を見ないなんて!
ワナワナワナ・・・ブルブルブル・・・。ということを避けるため
に7月に治療を終える際に一緒に写真を撮っていただきま
した。これで何とか耐えられそうだわ。

そうそう図書室に2005年度版の『乳癌診療ガイドライン』
が置いてありました。全部で5冊。アマゾンでは売り切れ。
内容は難しい箇所もあるけれど、一度目を通すといいかも。

本ガイドラインは,乳癌診療に携わる医師および医療従事者を対象として,実地医療での疑問点(Research Questions;RQ)を整理し,Evidence-based Medicine(EBM)の手法に基づいて現時点での回答(推奨)を体系的にまとめることで,誰もがその時点での最良の医療が享受できることを目的として作成された。また,その根拠となった構造化抄録のすべてをCD-ROMとして収録・貼付した。

ということです。
読んでいたら欲しくなってしまったけど、とりあえず借りる
だけにしてみた。後で市の図書館にリクエストしようかな。
うちの図書館、かなりマイナーな本も入れてくれるんだよね。













posted by ハミングバード at 18:39| Comment(12) | TrackBack(0) | 無治療の日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月13日

首が痛い2

4日後、診察に行く。

本当だったらすでに実家でのんびりしてるはずだった。
去年の夏から予定がずれまくり。終わらない夏ってこう
いうのを言うのかな。

ばたばたしていたので地元の友だちにも連絡を取っていな
かったからまだいいけど、遊ぶ予定がいっぱいだったら
さらに悔しかったろうな。また友だちにも迷惑をかけて
しまうし・・。

青ざめたのは父と母。結果が分かるまで言いたくなかった
けど、実家に帰る予定でいたので嘘はつけなかった。
二人は何回も電話をしてきていた。そうだよね。不安だよね。
ごめんね。でも何をしても結果はひとつ。私は診察を待つべく
いつものソファーに腰をおろした。

すると後方からさわやかな風。

(はっ。K先生の登場よっ)

診察室に向かうK先生のご登場。

(やっぱり素敵〜黒ハート

事態の深刻さも忘れうっとり。あれ?先生がこっちを見てる。

(やばっ、悪い結果かもしれないのだからあまり見ては
先生が気まずい思いをするって思ってたのに、つい見て
しまった。バカっ、私のバカっ。でも先生が素敵だから)

と、先生がニコリと笑いながら、お、お、お、お、お、お、

オッケーサインを出していらっしゃる!!!

「ナパアーーーーッ」

(先生っかわいい〜)

目に見えない鼻血を噴き出す私。
そのまま去る先生。

(もう、今日の診察終わりでいいな。帰ろう)



というのはウソでそのあとちゃんと診察してもらいました。

細胞診の結果は2。良性。
炎症反応が多く見られた。腫れもやや小さくなっているので
そのまま放っておけば治るでしょうとのこと。先生の診断は
鳥が原因の細菌感染。言わば「ネコひっかき症」。動物由来の
感染症で犬や鳥が原因でも「ネコひっかき症」と言うらしい。

「感染が鳥ちゃんのせいじゃないとしたら・・・」

と真顔で夫の顔を見る先生。

「ええ〜オレが感染源っすか〜?」

とやたらはしゃぐ夫。あんた感染源だよ、感染源。
でも先生に話しかけられてはしゃぐ気持ちはよく分かるわあ。

よく真顔で冗談を言う先生。お茶目で可愛くてさわやかな先生。
しかも「鳥ちゃん」って。もう、うちの子たちの名前は「鳥ちゃん」
に変更。



首の腫れは現在、やや小さくなり、痛みはほとんど無くなった。
体、弱りすぎ・・。
鳥ちゃんたちとはこのまま今まで通りに生活しても大丈夫だ
そうです。よかったああああハートたち(複数ハート)飼うなといわれても飼うけどお。



posted by ハミングバード at 01:16| Comment(10) | TrackBack(0) | 無治療の日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月12日

首が痛い

先週の土曜日、6日のことでありました。朝起きたら、首が痛い。

(あれ〜寝違えたかな〜?)

とそのまま放っておいたが夜になっても痛いので不思議に思って
触ってみた。すると右側のリンパ節が腫れている。鎖骨のすぐ上
と更にその上、2ヶ所だ。

次の日、痛みはないが腫れたままで、押したり顔を横に向けると
痛みがある。ただし熱はない。またのどや耳の痛みもない。

(転移かな・・・)

ネットで調べると原因は炎症であったりがん、もしくはがんの
転移も疑われるとある。ほかのサイトも見るとがんの転移は
痛みがないことが多いが例外もあるとのこと。
私のがんは痛みがあった・・去年の夏を思い出した。
今度は腋の下じゃなくて頸部リンパ節かあ。

月曜日、飛び入りで乳腺外科を診察。
その前にエコーをしてもらう。

(あー見てる、みてる。すっごい首みてるよ。イテテテテテ。
 痛いって。あのゼリーみたいなの髪についてるし。かつら
 取ればよかった。あーあ。)

いつもは途中で気持ちよく眠ってしまう私もその日はギラギラ
してた。

診察。3時の予定が5時半。疲れているけど全然眠れない。
だって分かるまで落ち着かないもん。人もまばらなので待合の
奥のソファーでタオルケットを借りて横になってごーろごろ。

(転移は嫌だけど、なってたら仕方がない。覚悟しなくちゃね)

(それよりも、もしそうなったら先生変わってしまうのかな。
 イヤだなあ。それは嫌だなあ)

手術後の診察で、思ったより私の病理結果が悪かったため主治医を
部長であるYOU先生にしますと告げられたことがあった。その時は
K先生のままにしてくださいとお願いしたが、転移をしたらまたそう
言われるのかもしれない。

呼び出しのポケベルが鳴る。

「○○の1番へお入りください」

ガーン

(い、い、い、1番ってYOU先生の部屋じゃない!うそ〜
 うわ〜ショック。先生の変更がまずショック。)


こんなに急に変更するわけはないと思いつつも否定しきれないこの
不安。

(YOU先生がいやなんじゃなくてK先生がいいんだってば!!)

とYOU先生の顔を思い出しながらなんて言えば失礼じゃないかなと
考え考えドアを開けた。そこには

にこやかなK先生。

(Kせえんせえええええ〜黒ハート黒ハート黒ハート

「あっちの部屋、カルテが開かなくなって、こっちの部屋に
急遽変更しました。ごめんね。」

(ぎゃあああああっ、びっくりした。早く言ってくださいよおお)
(しかも先生が笑ってる。まだはっきり結果が出ないんだな。)

まあ、とにかく先生の顔を見てご満悦な私。
今、大事なのは結果のはず、どうも人とずれているのは昔から
なのである。診察はサクサク進み、腫れている部分から細胞を
とってもらった。首に針を刺されて痛いだろうと思っていたら
これっぽっちも痛くない。K先生に名医の予感。予感というか
希望なんだけど♪

細胞をとり終って、椅子に座るとカルテが開いている。さっきの
エコーの結果が出てる。先生は何気なく違うページに変えたけど
見てしまった。

『悪性の可能性あり』

(うっ。でもこうなったら結果は早く分かったほうがいい。)

「先生、結果はいつ出ますか?」

今度は先生がちょっと「うっ」。でも先生はエコーの結果には一切
触れずに話し出した。

・痛みがあること(痛むがんもあります)
・私が鳥を飼っていること
・転移の場所としては変わっていること(ないわけではない)

あと多分、転移にしては時期的に早いこと・・・

などから炎症の可能性が強いということで細胞診の結果が出るまで
抗生剤を服用することになった。結果は4日後。
ただし悪性の可能性は捨てきれないと言われた。

























posted by ハミングバード at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 無治療の日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。