病気のプロフィール

2004年6月中旬左胸だけ大きくなる。2週間と待たずに赤く2倍の大きさに。
2004年7月上旬おみくじで大凶を引き病院へ行くことを決心。どこへ行っても乳腺炎と診断されるが一向に快方に向わず。
2004年8月下旬4番目の病院にて乳がんと判明。29歳での告知。浸潤性乳管がんのVb期。病巣が大きいため抗がん剤治療(FEC療法5クール)をうける。
2005年1月上旬手術 左乳房切除、リンパ節郭清。病理結果により炎症性乳癌と判明。リンパ節転移29/35 VC期。ホルモンレセプター、ハーセプテストともに陰性。
2005年1月下旬放射線治療始まる。50グレイを25回に分けて照射。
2005年3月下旬抗がん剤治療(タキソテール 6クール)開始。
2005年7月下旬タキソテール6クール終了。以後経過観察。
2005年12月17日ハミングバード、天国へ旅立つ。

詳しくは100の質問を見てね


家署名の件ペン


皆さんにお願いした署名が39,081名分集まり、先日5月10日に尾辻厚生労働大臣へ要望書と共に提出されました。 署名にご協力いただいた皆様、また趣旨をご理解してくださった皆様、どうもありがとうございました。 詳しくは下記のページをご覧ください。
http://home.s00.itscom.net/777/kaigo/



2005年09月04日

下着の力

去年の7月に胸を腫らして、今年の5月に専用の下着を買い
求めるまでの11ヶ月間をキャミソールや胸帯で過ごした私。

その間にたびたび指摘されてきたことだったけれどお店で
さらに実感したこと、それは・・・・姿勢の悪さ!!
患部をかばうのか左に片寄って、しかも猫背。

小学生のとき、お友だちの姿勢のよさを母が褒めて以来
自分も褒められたくてキープし続けた姿勢。キリキリ・・。

「お母さん!私もほめて〜」

それから合唱部に入ったし、弓道もやったし、姿勢をよく
しているのは私にとってあたり前のことだったと言うのに。
それが下着を着けて、シリコンを入れたら左右のバランスが
とれるのか、自然と姿勢がよくなった。でもつけない楽さを
覚えてしまったから前より苦痛に感じるけど、それは贅沢っ
てものだと思う。
しかし、下着をとると11ヶ月の習慣であっと言う間に姿勢
が悪くなる。先日、夫にも指摘されてしまった。ふう。


そして、そして、恐ろしいことに右胸が貧相になっている。
ダイエットのせいもあると思うけど、下着をつけていなかった
ことでお肉がながれたのでは・・。怖いわね、人間の体って。

右胸の危機はKEA工房さんで発覚した。
自分のサイズにあったシリコンを買うのに、今までのサイズを
教えて、それを試着してみる。ブラの左側にモゾモゾとシリコ
ンを入れてもらう。

結果・・・私の一言。

「あの〜明らかにシリコンの方がボリュームがあります〜」

というわけでワンサイズダウン。

「あの〜まだ本家本元がシリコンに負けてます〜」


・・・・・・・・・・・・・。


「パット入れましょう!パット」


サササササッ


「ほーら、これで左右均等に!」



「わーい、本当だあ」 あはは うふふ

本家本元の方にまで補正だよ!!!
パットなんて使ったことがなかったけれど、うまく補正ができる
んだなあ、騙されるよ、ホントに。




















posted by ハミングバード at 08:13| Comment(18) | TrackBack(0) | ブレストフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月03日

人工乳房

手術によって胸を傷つけてしまった私。
ブレストフォーム(人工乳房)や専用の下着、または自らの
創意工夫で胸をカバーしています。手術後は水着のパッドに
ストッキングを詰め、胸帯に入れて約4ヶ月過ごしました。
それが意外に快適だったし、人目をごまかせると分かったの
だが、何分、みすぼらしい。
もし倒れでもして病院に運ばれるようなことがあって、服を
脱がせた途端にストッキングがベローンなんて出てきたら・・・
まあ、絶対ネタにするだろうね。

それが今年の6月に結婚式にお呼ばれして、きちんとした下着
でおしゃれがしたくなったのと、メールでやり取りしている同病の
Kさんが専用下着のお話してくれたことで一気に買う気満々になり
渡りに船とばかりにKさんがおすすめしてくれたKEA工房さんへ
行ってみることにした。

KEA工房さんは予約制なので他のお客さんがいなくて落ち着いた
ムード。ただ同じビルでブライダル用の下着も売っていて私は最初
そっちの階へ行ってしまった。他のお客さんもいるし、話と違うなと
思っていたら「式のご予定は?」と問われ、自分が間違ったことに
気づいた次第であります。後で丁寧に謝られてしまいました。
私の方こそ申し訳ありませんでした。

同年代らしき女の人が担当して一緒に下着をつけてくれる。
話しすぎず、黙りすぎずで好感の持てる人だったなーー。
手術によって今まで着ていた服が着られなくなったという話
をしていて、私が

「まあ、別にその服を着なければいいんですけど」

と言ったら

ぴかぴか(新しい)そんなことはありませんよ。あきらめないでくださいぴかぴか(新しい)

と言って、HPに載っている以外の色々な下着を出してきてくれた
時は嬉しかったな。頭ではそんなことはないと思いながらもおしゃれ
を諦めて卑屈になってる自分を発見。彼女のあの一言を聞けただけ
でもお店に行った甲斐があると思った。

ティアドロップベーシックというシリコンタイプの人工乳房とブラを
数点購入。ブラは一点を除いて普通の下着と見た目が変わらない。
数日後、家に宅配便で届けてもらう。久々にレースの下着に囲まれて
かなりいい気分だった。
専用の下着って少し高いような感じだけど、色々と考えて作られて
いるので安心できる。普通の下着は工夫も必要だし、当たり外れが
あるから無駄にしてしまう時もある。そういうのが嫌なら専用下着を
買ったほうが楽かな。

ただKさんが言うには普通の下着の方がやはりラインが綺麗に出
るらしい。私も取っておいたブラで試したら「なーるほど」って感じ
だった。ただシリコンを入れるためのポケットなんかがないからその
まま入れるしかないけどジャストフィットって物もあって気にしない
で使えるときもあるし、KEA工房さんでは手持ちのブラにポケット
をつけるなどの仕立て直しもしてくれる。(要相談だけど。)
やり方は色々あるね!

ワコールとかユコーでも専用の下着を売っているけれど、こういう
専門店があってよかったなとつくづく思う。



これらの事も書きたくて新しく「ブレストフォーム」の
カテゴリーを作ってしまった。とうとう20個。カテゴリー欄
が大変なことになってるよ。でもまだ増やす予定たらーっ(汗)
posted by ハミングバード at 18:40| Comment(4) | TrackBack(9) | ブレストフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月19日

鎧装着

今日は友人の結婚式。

重装備で式場へと向かわせてもらう。

ドレスはやや肩があいたタイプなのでブラの線が見えない
ようにしたかったがリマンマのブラは胸をカバーするために
肩紐が体の中心に向かっているものが多い。

よってビスチェ(リマンマの専門店にて購入)を肩紐で固定
してシリコンタイプの人工乳房を入れることにした。
買うときには完璧だと思っていたら、人工乳房の重み(172
g)で動くと次第に胸のトップの位置がずれることが分かった。
買うときは試着室で跳びはねないからなあ・・・。ビスチェの
生地もやわらかいものだったので重みで伸びてしまうようだ。
フィット感は最高なのでシリコンではない軽いパットなら大丈
夫だった。が、パットと言っても自分の手作り。中身はストッ
キングなのよ〜。折角買ったシリコンタイプのを活用したいの
よ〜。

というわけで・・・バストアップキャミたるバストを下から持ち
上げてくれるボディースーツのような補正下着でさらに矯正。
肩紐も嬉しい位肩のラインぎりぎりの作りだ。今度はばっちり。
縦揺れ上等!!

と思ったら、下着がドレスのわきから見えてるじゃないの!
ブラピタとかいう両面テープでとめる。

未だかつてここまで自分の格好に気を使ったことがない。

そうして出来上がった私の体は正直な話、手術前よりも立派だ。
今回、下着の底力を目の当たりにした私。下着ってすごい。
夢中になる人の気持ちがよ〜く分かった。


posted by ハミングバード at 07:20| Comment(2) | TrackBack(0) | ブレストフォーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。