病気のプロフィール

2004年6月中旬左胸だけ大きくなる。2週間と待たずに赤く2倍の大きさに。
2004年7月上旬おみくじで大凶を引き病院へ行くことを決心。どこへ行っても乳腺炎と診断されるが一向に快方に向わず。
2004年8月下旬4番目の病院にて乳がんと判明。29歳での告知。浸潤性乳管がんのVb期。病巣が大きいため抗がん剤治療(FEC療法5クール)をうける。
2005年1月上旬手術 左乳房切除、リンパ節郭清。病理結果により炎症性乳癌と判明。リンパ節転移29/35 VC期。ホルモンレセプター、ハーセプテストともに陰性。
2005年1月下旬放射線治療始まる。50グレイを25回に分けて照射。
2005年3月下旬抗がん剤治療(タキソテール 6クール)開始。
2005年7月下旬タキソテール6クール終了。以後経過観察。
2005年12月17日ハミングバード、天国へ旅立つ。

詳しくは100の質問を見てね


家署名の件ペン


皆さんにお願いした署名が39,081名分集まり、先日5月10日に尾辻厚生労働大臣へ要望書と共に提出されました。 署名にご協力いただいた皆様、また趣旨をご理解してくださった皆様、どうもありがとうございました。 詳しくは下記のページをご覧ください。
http://home.s00.itscom.net/777/kaigo/



2006年03月04日

おひなさま

こんばんは。ハミ夫です。

昨日は「おひなさま」でしたね。

その前夜。ハミングバードの大学時代のY先輩(本当に慈悲深い、
優しい方(^^))から電話を頂きました。

「おひなさまのときは、はまぐりを食べるのよ〜」

早速、はまぐり汁の作り方を教えて頂きました。

そして昨日。「ちらし寿司」も一緒に、と考えたのですが、
時間が無くて断念・・。はまぐり汁だけでしたが、作ってみました!
出来上がったのがコレです。

はまぐり汁.jpg

味付けはお塩と醤油を少々。あと、ちょっぴりみりんを入れました。
「三つ葉を入れるとアクセントになるわよ〜」
というアドバイスを頂いたのですが、お店では売り切れ_| ̄|○ 
仕方なく、ねぎを入れてみました。
味は、それなりに出来た気がします(^^)。

「はまぐり」は、貝殻の大きさや形がひとつひとつ違うので、
同じ貝殻同士でないとピッタリ合わないそうです。それゆえ、
夫婦の愛のシンボルとして、結婚式やひな祭りなどの席で
欠かせない食材となったということです。

なるほど。夫婦愛の象徴だったのですね。
Y先輩、ご連絡ありがとうございました!

ハミングバードと育んできた大切な愛を確かめながら
ハミングバードと一緒に、ゆっくりと頂きました。
posted by ハミングバード at 19:43| Comment(13) | TrackBack(0) | 節句・行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月27日

ハミングバードとのクリスマスイブ

こんにちは。ハミ夫です。

しばらく、落ち着いてパソコンの前に座ることができませんでした・・・。
というのも、ハミングバードの遺品整理とともに、ハミングバードの側で
仕事やパソコンができるように、自分の部屋から居間へパソコンを引っ越す
作業などを進めていて、てんやわんやの状況でした。

今では、ハミ夫の部屋は納戸となり、
ハミングバードの遺品を大切に保管しています。
そして、無事、パソコンも起動し、右を見れば、ハミングバードの
さわやかな笑顔が目に飛び込んでくる環境です。

------------------------------------------------

3日前の晩は、クリスマスイブ。
ハミングバードが大好きだった不二家のケーキと、
クリスマスチキンを求めて、車を飛ばしました。

どこも混んでいて、品切れ状態・・。
それでも、何とかハミングバードが好きだった
不二家の生クリームを含んだケーキと、
なかなかおいしそうなクリスマスチキンをゲット!

喜び勇んで帰宅。
早速、ハミングバードの夕食にケーキとチキンを添えました。

ハミングバード、ハミ夫、ハミ夫の母、の3人による、
ちょっぴり渋めのクリスマスイブ、でした。

--------------------------------------------------

クリスマスといえば、
去年のクリスマスはすごかった。

仕事から帰ってきて、着替えて、居間をのぞいたら、
テーブルの上に七面鳥の丸焼きみたいな食べ物が。

とにかくジャンボでした。

僕は、これまで、クリスマスに、そのような食べ物を
食べたことがなかったので、ナイフとフォークを持って
あたふたしてましたが、ハミングバードが、上手に
切り分けてくれて、無事完食。おいしかったです(^^)

---------------------------------------------------
---------------------------------------------------

ハミングバードが息をひきとってから、1週間と3日が経ちました。

通夜、告別式を終えた頃までは、
ハミングバードの笑顔を見るたびに、涙がこみ上げてきたのですが、

「いつまでもメソメソしていては、
 笑顔で旅立ったハミングバードに申し訳ない」

「ハミングバードに心配かけないように、
 これからの生活をしっかり組み立てて行こう」

と考え、自炊の修行、早寝早起きをはじめています。

そして、あれこれやっていると、これまでのように、

「こうしたほうがいいよ」
「これ、忘れているよ」

と、ハミングバードが僕に伝えてくれているような気がします。

なぜ、そう感じるかというと、これまでの僕では考えつきそうもない、
ちょっとした情報が、ふと頭をよぎるのです。
だから、さびしくない、とも思うし、
まだ、心配かけちゃっているのかな?とも思います。

--------------------------------------------------------------

数日ぶりにハミングバードのブログをみて、
お世話になった皆様が、今でも、このブログに書き込んで
下さっているのを拝見し、とても、とてもありがたいと感じました。
心から感謝申し上げます。

私から、ハミングバードについて伝えたいことが少々残っているので
少しずつですが、更新を続けます。

何より、お越し下さっている皆様が一番お分かりかと思いますが、
ハミングバードが残した、このブログの言葉・文章からは、
いつ読んでも「活き活きとした生命力」が感じられるはずです。

ハミングバード自身の言葉は、これ以上増えることはありませんが、
これまで蓄積してきた小話や経過報告などが、今後も、皆様の
お役に立てれば、と考えております。

ぜひ、今後も、ハミングバードの乳がん体験記をご覧頂きたいと思います。

※ハミングバードの通夜・告別式は、無事終了致しました。
 謹んで、ご報告申し上げます。

※告別式にお越し下さいました関西オフ会の皆様、
 通夜や告別式にお越しくださいました、地元・同じ病院で
 お世話になっておりました方々、本当にありがとうございました。
 心より感謝申し上げます。

 ハミングバードも、皆様に見守られながら、
 天国へ旅立つことができ、幸せでした。
 「あー!○○さーん!がんばってね!」
 と皆様お一人お一人を確認しながら、羽ばたいていったと思います。

posted by ハミングバード at 12:01| Comment(18) | TrackBack(0) | 節句・行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月15日

十三夜さん

三夜さんjpg.jpg

十三夜さんなので、お供えをしました。
栗餡のお団子に、真ん中は栗まんじゅうです。
お団子は13個。下に九つ、上に四つ並べます。

十三夜というのは満月ではありません。少し欠けた月を
愛でるのは日本独自の風習だとか。それなので、お供え
のお盆も円形ではないものを使ってみました。

お盆.jpg











外はあいにくの雨ですが、少し変わった月を一緒に眺めませんか?











天体観測jpg.jpg







posted by ハミングバード at 19:59| Comment(10) | TrackBack(0) | 節句・行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月14日

明日は雨

明日は十三夜さんなのに天気予報は雨
うーん残念。十五夜さんも月の出はよかったけど
雲をかぶりがちだったし。あーやや欠け月が見たかったなあ。

十三夜さんは別名栗名月、もしくは豆名月といいます。
なので明日はお月見団子と栗饅頭をお供えしようと思
っています。
ごはんは栗ごはんにしようっと。重陽の節句も栗ごはん
でお祝いしました。
posted by ハミングバード at 16:34| Comment(4) | TrackBack(0) | 節句・行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月18日

十五夜さん

日没.jpg


私は待っていました。
月が昇ってくるのを。

今日はお出かけついでに海に出て、そこに昇る月を見られ
たらどんなに素敵なことでしょうと胸を高鳴らせていました。
海に着いたのが5時前。私はずっと待っていました。

途中、カップルだらけの海に業を煮やし、思わず
カップル殲滅作戦を練った私だったけれど

「もっとハートフルに!ピースフルに!」をモットーに
こんなものを購入し心を静めました。




焼いもjpg.jpg




一時間が過ぎたころ

「はっ」

私は気付きました。

(月は東に日は西に・・・・)

そう、上の写真を見てください。太陽が海に沈む・・・という
ことは月は反対から昇る!逆だったーーー。

「私の時間を返してーーーーーー」

悔しいのでそのまま更に待ち続け午後6時30分。
私は見ました。律儀に海の反対側から昇る月を。

五夜さん.jpg



お家ではこのようにお供えをしました。
お月見団子はとてもおいしかったです。
その頃には月はすっかり雲の中でした。


お供えjpg.jpg


来月の十三夜さんは10月15日です。
posted by ハミングバード at 23:52| Comment(10) | TrackBack(0) | 節句・行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月16日

お月見準備

18日は十五夜さんなのでその準備をしています。

十五夜さんは中秋の名月、または芋名月と呼ばれます。
それなのでお団子のほかに里芋とさつまいもをお供え
しようと思います。季節の味覚で梨も一緒に。
晩ご飯は五穀米にさつまいもを入れて秋刀魚とお芋の
味噌汁、それと何かきのこを使った副菜と簡単な酢の
物でも作ります。

最近は室礼(しつらい)に興味があります。
室礼ってお正月に床の間に鏡餅なんかを飾りますよね、
あれです。うちはアパートなので床の間はないけれど
代わりにサイドボードにのせてしまいます。そんなわけ
でここ最近、三方を探していました。

三方.jpg

それが高い割には作りが雑で気に入ったものが見つからず
とうとうダイソーで買ってしまいました・・。当日はここに奉書
(奉る時に使う和紙)を敷いてお団子をお供えします。
楽しみ〜♪

室礼というのは基本的に板と板が重なることはタブーとされて
いるそうで、布の敷物を使うそうです。兎柄のランチョンマット
に満月ということで丸いお盆を使ってみることにしました〜。

明日はススキを取りに行ってきます。
そうそう、スーパーにススキが売っていました。驚きです。
一緒にお花が売っていたな。七種類はなかったけれど秋の
七草のつもりかなと思いました。

(秋の七草・萩、尾花、葛、撫子、女郎花(オミナエシ)、藤袴、桔梗)



室礼については

『室礼』 叢文社 山本三千子 著を参考にさせてもらっています。
綺麗な写真と詳しい説明があってとてもいい本なんです。
posted by ハミングバード at 15:40| Comment(19) | TrackBack(0) | 節句・行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月11日

重陽の節句2

9月9日の重陽の節句で被綿でお肌のお手入れと書き
ましたが正確にはそれで老いを拭いさるという風習だっ
たので、訂正しました。老いを拭い去るを美肌を保つみ
たいに記憶してました。ごめんなさい。

聞くところによると昔のお化粧品は肌荒れをしたらしい
です。それで晩年の清少納言はひどく醜かったとか。
あまり聞かない話ですが、清少納言は美しい女性だった
ようです。小野小町もそうですが、美しい人の晩年とい
うのはよく言われませんね。周囲が嫉妬してささやかな
仕返しのつもりで言い伝えたのでしょうか。
清少納言について言えば、彼女が仕えた定子は、時の人
藤原道長の娘、彰子のライバル的存在でした。なぜなら
定子は彰子よりも先に入内し、並々ならぬ一条天皇の寵
愛を受けていたからです。定子は道長の目の上のこぶ。
それに仕える清少納言がよく言われないのは当たり前だ
ったのです。だから紫式部が清少納言をよく言わなかっ
たのは当然でお仕事でもあったわけです。

ちなみに紫式部が出仕した時にはすでに清少納言は宮仕え
を退いていました。



ついでなので『枕草子』の本文を紹介します。
(枕草子 第七段。重陽の節句のところだけの抜粋です。)


九月九日は、暁方より雨すこし降りて、菊の露もこちたく

おほひたる綿なども、いたく濡れ、うつしの香ももてはや

されたる。つとめてはやみにたれど、なほ曇りて、ややも

せば降り落ちぬべく見えたるも、をかし。



(9月9日は、明け方まだ暗いころから、雨が少し降って
菊の露もびっしり置き、菊の着せ綿などもしずくするほど
濡れて、花の移り香もそのせいでいっそう香り高いといっ
た風情。夜来の雨も、翌朝早くにはもうやんだけれども、
まだ空はどんより雲っていて、ややもするとまた降り落ち
て来そうな空模様も風情がある。)

『新版 枕草子』石田穣二=訳注 角川文庫より

訳注によると宮中での重陽の節句の宴は円融天皇(在位969
〜984)の御代までだったみたい。清少納言の仕えた定子が
入内した一条天皇の在位は986〜1011年。清少納言がお
勤めしたのが993〜1000年くらいまで。宴はやらなくても
被綿などの風習は残ったようです。







posted by ハミングバード at 12:19| Comment(6) | TrackBack(0) | 節句・行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月09日

重陽の節句

重陽の日.jpg

本日9月9日は重陽の節句です。

中国の陰陽説によると偶数を「陰」、奇数を「陽」とし陽の
数字が重なることをおめでたい事と考え、お祝いの日と
されるようになりました。
平安時代に中国から伝わり、宮中の行事とされた。清少納言の
『枕草子』の中でも、重陽の日の前夜にまだつぼみの菊の花に
真綿をかぶせ(被綿・きせわたと言う)、その綿でお肌の手入れ
をするという
身の老いを拭い捨てる話があります。
菊花を浮かべたお酒を飲んだり詩を詠んだりして穢れをはらい
長寿を願ったそう。それなので別名 菊の節句 とも言われて
いる。

あまり一般的な行事ではないけれど、ちょっとだけ菊の花を
飾ってお祝いしてみました。菊は香りが良くて好きな花です。
下の写真は菊酒のつもり。

重陽.jpg


次は9月18日が十五夜さんなのでお月見団子をお供えしよう
と思う。10月に十三夜さんがあるけれど、このふたつ月を愛で
るのがお月見で一方しか見ないのは「片月見」と言って不吉な
ものとされているのだって。前にそれをやってしまったので今年
は二つとも見るぞ。




posted by ハミングバード at 20:52| Comment(10) | TrackBack(0) | 節句・行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月07日

我が家の七夕さま

我が家のオ夕さま.jpg

やるかやるまいかと迷って結局、飾ることにした。
手前はお供え物で紙で出来たなすびやひょうたん。
もみの木の下にはプレゼントを置くそうだけど笹の
葉の下にはお供え物。

これぞジャパニーズ・クリスマスツリー?!

posted by ハミングバード at 21:22| Comment(2) | TrackBack(1) | 節句・行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

七夕☆豆知識

ささのは さらさら
のきばにゆれる
おほしさま きらきら
きんぎんすなご

ごしきの たんざく
わたしがかいた
おほしさま きらきら
そらからみてる


さて、この「たなばたさま」の中に出てくる
「五色の短冊」の五色とは何色かご存知?



答えは

青・赤・黄・白・黒(同じ色として実際には紫が使われます)

これは中国の陰陽五行説にに端を発するもの。陰陽五行説とは
宇宙の森羅万象を木・火・土・金・水で表します。そのそれぞれ
の色が青・赤・黄・白・黒なのです。
このほかにこいのぼりのふきながしや神社仏閣の境内にかけられ
ている垂幕も同様の色が使われていることがあります。注意して
見てみると楽しいですよ。

今日は学校帰りの小学生が小さな笹飾りを手に歩いているのを
見かけました。子どもが季節を運んでくるお家って素敵だなと
思いました。
posted by ハミングバード at 17:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 節句・行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お願いは

お願いは 明日の夢で遊ぼう

charaが昔、そう歌っていた。むかし見たイタリアの映画の
「大人は昨日の夢で遊ぶけれど 子どもは明日の夢で遊ぶ」
という科白からこの歌詞を作ったのだそうだ。

大人は昨日(過去)の失敗や栄光に囚われて、明日(未来)
に夢を見ることを忘れてしまう。そういうことではないだろうか。

年を重ねれば重ねるほど過去が増えるのだからそれに囚われる
のは当たり前で、失敗を恐れる気持ちというのは大人の知恵でも
あるわけなんだけど、それでも敢えて「明日の夢で遊ぼう」と歌う
この歌が気に入っている。

笹飾り.jpg


posted by ハミングバード at 00:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 節句・行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月05日

端午の節句

今日は5月5日、端午の節句。その由来について書かれている
昔話を2つ紹介します。

1「食わず女房」
昔、ものを食わない女房が欲しいと言っている欲張りな若者が
いました。そこへ美しい娘がやってきて自分はものを食わない
ので嫁にしてほしいと言います。男は喜んで娘を女房にした。

しかし、不思議なことに家の食べ物が減っていくので、男は
出かけるふりをして家の様子を伺っていると、女は頭の天辺に
ある大きな口でがっぱがっぱとものを食っていた。

驚いた男は娘を追い出そうとするが、鬼婆に変身した娘は男を
大桶に入れて、仲間のところへ運んでいく。命からがら逃げた
男が飛び込んだところにはよもぎと菖蒲が生えていた。
追いかけてきた鬼婆はよもぎは苦くて嫌いだし、菖蒲は刀の刃
のようにするどいので怖くて近寄れず、男は助かりました。

以来、5月5日には魔よけとして家の屋根によもぎと菖蒲を差す
ようになったそうです。

2「蛇婿入り」
昔、娘と母親がふたりで暮らしていました。そこへ若者がやって
きて娘といい仲になりましたが、実は若者は蛇でした。
驚いた母親は娘が蛇に取り殺されてしまうと思い、一計を講じて
蛇に致命傷を負わせます。蛇の後をつけた母親は蛇の住処でこんな
会話を聞きます。

若蛇「大変なことになった。ゆうべ人間に針を刺されてしまった」
母蛇「お前はもうだめだ。針の鉄の毒で死んでしまう」
若蛇「でも娘にたくさんの子を作ってきた。俺の子孫は残る」
母蛇「でもね、人間は利口なもので三月の桃酒、五月の菖蒲酒
九月の菊酒を娘に飲ませれば、腹にいる蛇の子なんかおろされ
てしまうよ」

それを聞いた人間の母親は娘に桃酒を飲ませた。娘のお腹には
たらいに一杯も蛇の子がいました。
以来、三月には桃酒、五月には菖蒲酒、九月には菊酒をのむように
なったということです。

※参考図書 『日本の昔話』1巻、2巻 福音館書店 おざわとしお再話

私はお酒は飲まなかったけれど、柏餅(餡入り草もちと味噌餡)を
食べて、菖蒲湯に入りました。菖蒲湯はどうしようかなと思っていたら、
大変タイムリーなメールをいただき、これは入るしかないな!と
やる気満々になって菖蒲の葉を購入いたしました。9月は菊酒を
飲んでみたい。安房直子が書いた『ハンカチの上の花畑』っていう
童話に菊酒が出てくるんだけど妙においしそうで前から気になって
たんだよね。9月が楽しみ。

しょうぶと柏餅1.jpg

しょうぶ湯1.jpg
菖蒲湯。うちのお風呂が小さいのか、菖蒲が長いのか・・
お風呂が小さいのです!






posted by ハミングバード at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 節句・行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。