病気のプロフィール

2004年6月中旬左胸だけ大きくなる。2週間と待たずに赤く2倍の大きさに。
2004年7月上旬おみくじで大凶を引き病院へ行くことを決心。どこへ行っても乳腺炎と診断されるが一向に快方に向わず。
2004年8月下旬4番目の病院にて乳がんと判明。29歳での告知。浸潤性乳管がんのVb期。病巣が大きいため抗がん剤治療(FEC療法5クール)をうける。
2005年1月上旬手術 左乳房切除、リンパ節郭清。病理結果により炎症性乳癌と判明。リンパ節転移29/35 VC期。ホルモンレセプター、ハーセプテストともに陰性。
2005年1月下旬放射線治療始まる。50グレイを25回に分けて照射。
2005年3月下旬抗がん剤治療(タキソテール 6クール)開始。
2005年7月下旬タキソテール6クール終了。以後経過観察。
2005年12月17日ハミングバード、天国へ旅立つ。

詳しくは100の質問を見てね


家署名の件ペン


皆さんにお願いした署名が39,081名分集まり、先日5月10日に尾辻厚生労働大臣へ要望書と共に提出されました。 署名にご協力いただいた皆様、また趣旨をご理解してくださった皆様、どうもありがとうございました。 詳しくは下記のページをご覧ください。
http://home.s00.itscom.net/777/kaigo/



2005年11月14日

風立ちぬ

先週の金曜日、11日。痛かった脚の検査を終え担当医より
骨転移を告げられました。

背骨と仙骨への転移により、神経に触り痛みとしびれの症状
が出ていたそうです。その日から強力な痛み止めをもらい
痛みのほうは我慢できる程度に抑えてきましたが、副作用の
吐気が出てしまい、今までブログをアップできませんでした。

メールをくださった皆さん。ご心配おかけしました。今は吐気
も治まり大丈夫です。ありがとう。後でお返事しますからね〜。
コメントもありがとう。嬉しかったです。みんなのところにも
遊びに行くからねーー。一昨日くらいまでは読んではいたのよ。

そんなわけで担当医曰く派手に転移しているらしいし、私の方
にも派手に痛みが出ているしで明日から入院して放射線治療を
受けることになりました。

しかも!痛みの場所が腰から足先にかけてということで担当が
乳腺ではなく、整形外科なの。しばしK先生ともお別れ。あお
ーーーん。だからさっきから主治医じゃなくて担当医と書いて
いるのです。まあ、そんなことを言っている場合でもなさそう
なので大人しく治療を受けてまいります。

痛みが出てから2週間たらずで転移発覚。オフ会に行った後で
よかったよ。ホント。って言っているけどまたみんなに会いに
行く気満々です。関東でも関西でも。
でも12月4日は無理かなあ。ごめんね、れもんさん。

なんとなく緊迫感のない報告となりましたが、あまりに痛くて
深刻になる機会を逃したというのが実情です。

症状や使った痛み止めについてはまた今度。




これで私も嫌な言い方をすると末期がん患者となりました。
でも逝くにはちょっと早いでしょ?まだまだ風の音が聴こえる
間はあきらめるまいよ。私の大好きな小説のセリフ。


「風立ちぬ いざ生きめやも」


風が吹いた。さあ、生きていかねばならない。ってね。
これからもどうぞよろしくね。
posted by ハミングバード at 23:25| Comment(38) | TrackBack(0) | 骨転移 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。