病気のプロフィール

2004年6月中旬左胸だけ大きくなる。2週間と待たずに赤く2倍の大きさに。
2004年7月上旬おみくじで大凶を引き病院へ行くことを決心。どこへ行っても乳腺炎と診断されるが一向に快方に向わず。
2004年8月下旬4番目の病院にて乳がんと判明。29歳での告知。浸潤性乳管がんのVb期。病巣が大きいため抗がん剤治療(FEC療法5クール)をうける。
2005年1月上旬手術 左乳房切除、リンパ節郭清。病理結果により炎症性乳癌と判明。リンパ節転移29/35 VC期。ホルモンレセプター、ハーセプテストともに陰性。
2005年1月下旬放射線治療始まる。50グレイを25回に分けて照射。
2005年3月下旬抗がん剤治療(タキソテール 6クール)開始。
2005年7月下旬タキソテール6クール終了。以後経過観察。
2005年12月17日ハミングバード、天国へ旅立つ。

詳しくは100の質問を見てね


家署名の件ペン


皆さんにお願いした署名が39,081名分集まり、先日5月10日に尾辻厚生労働大臣へ要望書と共に提出されました。 署名にご協力いただいた皆様、また趣旨をご理解してくださった皆様、どうもありがとうございました。 詳しくは下記のページをご覧ください。
http://home.s00.itscom.net/777/kaigo/



2006年09月09日

リレーフォーライフ2006

先週の9月2日(土)。
ハミングバードの両親と私の3人で、
リレーフォーライフ2006に参加しました。
もちろん、ハミングバードも参加!(写真を持っていきました)

昼間はサバイバーズラップ。
陸上競技場のトラックをリレーを組んで8時間(!)歩き続けました。
サバイバー(がん患者)やがんを克服した方々、サバイバーの家族や遺族が、
がんと闘う方々の勇気を称え、がん撲滅、がんを取り巻く社会環境が良い方向に
変わっていくことを祈りながら、前へ前へと歩きました。

夜はルミナリエ。
参加者が、それぞれの想いや故人へのメッセージを用紙に書き、
それをローソクが入っている容器に巻き付けてルミナリエを作成。
トラックに沿って置いていきました。
最後は、自分のルミナリエを持ってトラックを歩き、ゴール地点にルミナリエが集結。
これをもって、サバイバーズラップが終了し、
集まったローソクの灯を囲んで、皆で深い祈りを捧げました。

-------------------------------------------------------------------

サバイバーズラップも終盤。
太陽が沈んで辺りが暗くなり、秋を感じさせる涼しい風が吹き始めると、
トラックに置かれたルミナリエの灯りが次第に浮かび上がってきました。

20:20頃。参加者全員が、それぞれの思いを胸に、ルミナリエを持って最後の1周。
皆が次々とゴールを迎え、とうとう最後のルミナリエがゴールイン。
その瞬間の深い感動。疲れが喜びに変わった瞬間でもありました。

そして、集まった灯火を囲んで30秒間の深い祈り。
短いようで長かった・・。
ハミングバードを想い、家族を想い、乳がんで知り合った仲間を想い、
リレーフォーライフで知り合った仲間を想い、
がん撲滅、がん医療の進歩を祈り・・・。

すごいスピードで、いろんな事が頭の中をよぎり、
自然と涙があふれてきました。

何という一体感!
競技場の仲間・同志が一カ所に集まって祈った、あの30秒間。
今想うと、あのとき、ものすごいエネルギーみたいなものが
高い密度で私たちの頭上に発生していたように感じます。

素晴らしかった・・
参加して本当に良かった・・

---------------------------------------------------------

今回のリレーフォーライフの発起人、シュウさんこと三浦秀昭さんに
心より感謝申し上げます。

ご自身も、がんと闘っていらっしゃるシュウさん。
ステージに立ったシュウさんから感じた生命力。
説得力のある話と、自信に満ちあふれたその表情。
リレーフォーライフでの感動は、最後のシュウさんのご挨拶の中に
凝縮されていました。

--------------------------------------------------------------------

今回のリレーフォーライフ参加は、ロッキーさんからのお電話がなければ
実現できませんでした。本当にありがとうございましたm(_ _)m

そして、その電話はハミングバードの尽力によるものでもありました。

「ハミングバードの携帯電話、ここ数ヶ月、充電が切れたままだな・・」

自分の携帯の機種変更を考えながら、ふと、ハミングバードの携帯電話が
気になり、不意に充電を始めること数十分。

「♪♪♪・・」
「えっ!?携帯電話が鳴っている!」

それがロッキーさんからの電話だったのです。
数ヶ月ぶりに充電を始めた数十分後にロッキーさんから電話。

「ロッキーさんから電話が来るから充電しておいて(^^)/」

ハミングバードがそう伝えた、としか思えない、
ハミングバードらしい、さりげない気遣い。
さりげないけど、ものすごいインパクトがあったよ〜

---------------------------------------------------------

当日、ルミナリエにて、ステージでインタビューを受けてほしい、
という話を偶然頂きました。

「えっ!?僕がですか?」
「はい。今回参加されての感想や想いを語ってください」

一瞬、頭の中が真っ白になったのですが、ハミングバードのためにも
ここは、がんばってみよう!と決意し、引き受けました。

本番はもちろん緊張し、何を言ったのかハッキリ覚えていないのですが、

「ハミングバードは、ブログのコミュニティの中で、
 皆で支え合いながら闘い抜いた」
「今回のリレーフォーライフで、より大きなコミュニティが
 生まれることを望む」

といったようなことを話したハズです。
もちろん、ハミングバードも一緒にステージ上がりました(^^)

そして、ルミナリエに書いたハミングバードへのメッセージ

「笑顔とやさしさと勇気をありがとう
 また会える日まで、オレがんばるよ」

を紹介しました。

遺言の中で「生まれ変わったら、またどこかで会おうね」
と話していたハミングバード。がんと闘い抜いて、生まれ変わった
ハミングバードに、会っても恥ずかしくないように大きくなりたい
という決意。リレーフォーライフを自分の出発点にしたかった
気持ちの表れでもありました。

-------------------------------------------------------------

リレーフォーライフでは、素敵な出会いがたくさんありました。

■ロッキーさん
ハミングバードがお世話になっていた頃から話は聞いていましたが、
お会いするのは初めてでした。目を見ただけで、強さ、優しさ、生命力
を感じることができる方でした。ロッキーさんと話ができて本当に良かったです。

■seimamaさん
何と!以前は同じ市民だったんですね!一緒にお話ししていて、
以前住んでいた地域の雰囲気を懐かしく思い出しました。
もっとお話がしたかったです〜。

■はるちさん
リレーフォーライフに参加する数日前に、ご本人の有名なブログにて
その壮絶ながんとの闘いを知りました。当日、絶対お会いしたい!と
考えていたことをチームの方に伝えると、すぐに会いに来てくださいました!!
その美しさ、笑顔の輝きに驚きました!ホントにキラキラ輝いていました。
また必ずリレーフォーライフでお会いしましょう!

■Takeさん
初めてお会いしたのに、昔からの友人のような不思議な方でした。
一緒に歩きながらたくさんお話しましたね。
Takeさんの一言一言には優しさがありました(^^)
mixiへの招待、ありがとうございました。今後ともよろしくお願い致します(^^)/
とっても素敵な奥様。大切になさって下さい!

■indyさん
笑顔が素敵なindyさん。歩きながらたくさんお話しましたね!
いろんな話で笑ったり驚いたり。時間が短く感じられました(^^)
試験がんばって下さい!(もしかして試験は明日!?)

■もか。さんとそのご家族
もっともっとお話ししたかったです〜。そういえば、第九のコーラスの練習
されているんですよね(私、クラシック音楽大好きなんです)。
そんな話もしたかったなぁ・・。
お嬢様から、私のインタビューへの感想を頂いた時、実はとっても
うれしかったんです〜。よろしくお伝えください。

■ヒデ&ポッコさん
会場で一番最初にお話しした気品のあるご夫婦。
お話が途中になってしまった気がします。もっとお話したかったです。
またリレーフォーライフでお会いしましょう!

■笙さん
ルミナリエでのインタビューのあと、私のゼッケンをご覧になって、
話しかけてくださった仙台の方。シュウさんのブログでも紹介されていた方で、
とても落ち着いた品のある方でした。いつでもご連絡下さい(^^)/

お名前を失念していまい、大変申し訳ないのですが、
笙さんとご一緒に歩かれていた、福岡の方ともご縁がありました。
素敵な旦那様を肺ガンで亡くされたとのこと。医療の地域格差などについて
もっとお話ししたかったです。

■みのこう門さん
がんと闘いながら、全国を走っているという超人的なサバイバー。
その存在と屈託のない笑顔に、ものすごく勇気づけられました。
応援しています(^^)/

■TAKA変酋長さん
自ら編集長となって情報誌を発行し続ける、影響力大のサバイバー。
ほんの少ししかお話しする機会がありませんでしたが、私の目の前に
立っていたTAKA変酋長さん、ものすごく大きく感じました。

その他、掲示板に書き込み頂いた、リレーフォーライフスタッフの
ファルモルビシンさんや雨のち晴れさんとも、少しだけお話ができました(^^)
おーちゃんさんとはお会いできなかったのですが、その後、メールにて
ご連絡を頂きました。

また、ルミナリエのインタビューにご指名くださったTOMさんからも
メールを頂きました。

私が参加したチーム「癌でもいいじゃん♪」には、その他にも
お話できなかったメンバーの方がいらっしゃいました。
ぜひ、次のリレーフォーライフでお話しましょう!

---------------------------------------------------------------

あれから1週間。
テーマソング「命のリレー」を思い出すと、
あの会場の雰囲気や感動がよみがえってきます。

会社へはリレーフォーライフで頂いたリストバンドを付けて出社。
少しずつ、がんについて語っていこうと考えています。
そして、今回のリレーフォーライフで知り合った皆様との
ご縁を大切にしていきたいと思います。

posted by ハミングバード at 23:00| Comment(27) | TrackBack(2) | 日常の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月21日

ハミングバードの新盆

大変ご無沙汰しております。ハミ夫です。

しばらく、帰宅が遅かったり、休日が忙しかったりで
なかなかブログを更新できませんでした・・・。

「ブログ更新したいな・・」

そう感じながら、ハミングバードとの思い出など、
書きたい話題をメモっていました(20〜30個くらい?)。
何でもないような話ばかりですが、
少しずつアップしていこうと思っています(^^)

------------------------------------------------------------

8月13日、ハミングバードの新盆でした。

「ハミングバードが帰ってくる!」
前日は、お部屋の掃除をしたり、洗濯物を片付けたり・・
きれいなお部屋にお迎えできるよう準備をしました。

新盆当日。
お坊様がいらっしゃって、朝9:00から読経開始。
そう。朝一番のお出迎えだったのです。

帰ってくるときは、早くこちらに着くように、
馬に乗ってくるといいます。
ハミングバードのことだから、遅れることはないはず。
朝一番のお出迎えができてホントに良かったです(^^)

驚いたのが、お越し下さったお坊様とのご縁。
初めてお会いした方だったのですが、
何と、ハミングバードが卒業した幼稚園の園長先生とお知り合い。
それも、大の親友だとか。

ハミングバードが卒業したのは北海道の幼稚園。
近所の幼稚園ではないわけです(^^)

「これは驚きましたな!」

ホントに何気ない話から、突然、数十年前の旧友の名前を聞いたお坊様。
よほど嬉しかったのか、目をキラキラさせて、
その園長先生との思い出話を始めました。

最初は緊張感がありましたが、この話を機にとっても和やかな雰囲気に。
何とも、ハミングバードらしい演出付きの新盆となりました(^^)

その後は、ハミングバードのご家族、以前会社でお世話になった
友人と一緒に昼食へ。
ハミングバードが一緒だと、何だかとっても楽しくて、
話も弾んで楽しい時間を過ごすことができました(^^)

----------------------------------------------------------------

その日の午後、車を運転中に「1122」のナンバーを2回、
「○○まで11km □□まで22km」という道路標識を発見。
いつものように、何気なく、すっと目に飛び込んできました。

(『1122』は僕達の結婚記念日『11月22日(いい夫婦)』を
 思い出させる僕の好きな4桁の数字なのです)

この数字を見るたびに、ハミングバードが話しかけているようで、
嬉しくなります(^^)

そして、翌日の14日は出勤だったのですが(休みの予定が急きょ出勤に・・)、
Excelで会社の資料を作成していて、集計した計算結果が「1122」になったときは、
「休みなのに大変だね。がんばって!」
とハミングバードに声をかけられたように感じて、眠気が覚めました(^^)

「1122」といえば、2ヶ月くらい前になるのですが、
自宅の使用電力計の数値が「1122」になった瞬間を目撃し、
その日の午後、スーパーで手にとった野菜サラダのドレッシングの
賞味期限が「2006.11.22」だったこともありました。

-----------------------------------------------------------------

おはようの挨拶
会社へ出かける時の挨拶
家へ帰ってきたときの挨拶
ご飯を頂くときの「いただきます」
おやすみの挨拶 などなど

何をするにも、まずはハミングバードに声をかけている気がします。

新盆は終えて、
ますます、ハミングバードが愛しくなりました。
posted by ハミングバード at 02:13| Comment(35) | TrackBack(0) | 日常の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月25日

犬ボード

ハミングバードが雑貨屋さん(100円ショップ?)で

・伝言ボード
・文字を書くペン
・紙をはさむマグネット

を買ってきました。

冷蔵庫の脇に引っかけて・・
マグネットをつけて・・・

ここでハミングバードはひらめいた。

犬ボード.jpg

伝言ボードは、犬ボードになり、
そのまま、台所のオブジェとなりました。

--------------------------------------------------------

僕は、これを見て一目惚れ。
「これ、いいね!」
「うん」

僕が褒めても、ハミングバードは本に夢中でニコニコ顔。

この犬ボードについて話したのは、これだけ。
この、ハミングバードのさりげないところが大好き。

消さないでおいたということは、
ハミングバードもお気に入りだった証拠。
そして、僕が気に入っていることをキチンと
覚えていたのだと思います。

その後も、このボードを見るたびに、癒やされました。

引っ越すときも、このボードだけは、
消えてしまわないように、そっとタオルでくるんで
自分の車で運びました。

-------------------------------------------------------

今でも、台所で僕を癒やし続けている犬ボード。
ハミングバードの感性を感じる宝物です。
posted by ハミングバード at 23:56| Comment(12) | TrackBack(0) | ハミングバードとの思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月28日

ハミングバードの親友Mちゃんの結婚式

先日、ハミングバードの親友Mちゃんの結婚式に出席しました。

新婦のMちゃん、同じテーブルだったSちゃん、ハミングバードの3人は、
小学校からの大の仲良しグループ。社会人になってからも、よく遊んでいました。
3人がそろうと、毎回爆笑の連続。ホントに気が合った仲間でした。
(よく、笑いすぎて、ひぃひぃ言っていました)

----------------------------------------------------------------------

ハミングバードが天国へ旅立つ前、遺言の中にもあったこの結婚式。

ハミングバードも出席させたい、と考えて、写真を見ていたら、
会社の同僚の結婚式に出席したときのハミングバードの写真が!
L判より大きめ、結婚式用におめかししたハミングバードが写真いっぱいに
写っているではありませんか!
この写真を胸ポケットに入れてお出かけしました。

結婚式、披露宴ともに、シンプルで華やかな雰囲気で、とても良かったです(^^)
何より、新婦Mちゃんの素敵なこと!チャーミングなMちゃんは、何を着ても
素敵でした(*^_^*)。新郎のK君も凛々しくて、とても良い表情でした。

-----------------------------------------------------------------------

そんな中、ハミングバードも一緒に見守っているんだ!と
ハッキリ感じた出来事がありました。

この日の天気予報は「曇のち雨」・・・。
家を出発したとき、既に傘をさしていました。

ところが!
チャペルにて結婚式を終えて、外に出たとき、
太陽が顔を出しているではありませんか!!

皆に囲まれて歩く新婦Mちゃん、新郎K君を照らす、暖かな陽の光。
ハミングバードが「おめでとう!!」「今日のMちゃん、素敵だよ!!」
「K君、私の大事なMちゃんをよろしくね!」
と声をかけていたのです。

Sちゃんも、私のところへ駆け寄ってきて
「これ、絶対ハミングバードだよ!ハミングバードが照らしているんだよ!」
と話していました。
「そうだよね。絶対そうだよね!」
私も力一杯答えました。

お二人を祝福するフラワーシャワー。
教会の鐘が鳴り、お約束のブーケトス。
その間、ハミングバードの太陽は、ずっとお二人を照らしていました。

------------------------------------------------------------------------

披露宴の間、新婦のMちゃんに了解を得て、
高砂の机の上に、一番近くでMちゃんの晴れ姿を見られるように、
そっとハミングバードの写真を置かせてもらいました。

お二人の写真を紹介するスライドショーでは、
「私の親友です」という形でハミングバードが写った写真が紹介されました。
Mちゃん、ありがとう。そのさりげない演出がとてもうれしかったです。

友人祝辞の大役を終えたSちゃん(祝辞良かったよ!!)と、
Sちゃんの旦那様とも、いろいろと楽しいお話ができて、
とても有意義な時間でした(^^)

----------------------------------------------------------------------

Mちゃん、ホントに素敵でした。
やさしいK君と、いつまでもお幸せに(^o^)
温かい素敵な家庭を築いてくださいね。

-------------------------------------------------------------------

実は、今回の結婚式のように、ハミングバードを感じた事が
何度かありました。

3月の中旬、ハミングバードの高校時代のお友達、Jちゃん、Mちゃん、Yちゃんが
ハミングバードに会いに来て下さった時。
その一週間後、ハミングバードの大学時代のお友達、Y.Yさん、Hさん、K.Yさん、
Iさんがハミングバードに会いに来て下さった時。
そして、今月、ハミングバードと同じ会社に勤めていたときに、いろいろと
お世話になっていたHさんが来て下さった時。

このいずれの日も、天気予報は「雨」
しかし、ハミングバードと会っている間、雨が降ることはありませんでした。
今月Hさんと会ったときは、「今日はありがとうございました〜」と手を振って
お別れをして、家に入ろうとした瞬間からバタバタ〜っと雨が降り出しました。

高校時代のお友達Mちゃんは、しきりに「ミラクルだ」と言っていました。
高校時代から、ハミングバードは何か不思議な力を持っているようだった
とも言っていました。私も同感です(^o^)

ずっと、ハミングバードは見守ってくれているのだと感じる出来事でした。
posted by ハミングバード at 12:14| Comment(20) | TrackBack(0) | 日常の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月07日

ゴールデンウィークはいかがでしたか?

こんにちは。ハミ夫です。

お天気に恵まれた今年のゴールデンウィーク。
皆さんはどこかお出かけになりましたか?

私は、特別、遠出もせず、のんびり過ごしました(^^)
ある意味、これが一番贅沢な時間の使い方かもしれませんね。

-----------------------------------------------------------------------

とても大切なお客様。Hinataさんのご家族SAIさん。
なかなかお返事ができず、申し訳ございませんでした・・。

>生前中は姉が大変お世話になり、本当に有難うございました。

>今まで姉を支えてくださって、本当にありがとうございました。
>ハミ夫さんほか、助けてくださったお仲間に本当に感謝しています♪

こちらこそ、Hinataさんには大変お世話になりました。

Hinataさんとハミングバードが初めてやり取りしたのは、昨年10月30日。
ハミングバードが入院する2週間ほど前でした。
入院中、ハミングバードにお送り下さった温かいお言葉の数々。
そして、今にして思えば、骨転移による腰痛で大変な時に、
天国へ旅立ったハミングバードのもとへお越し下さいました。

たまに、ハミングバードが鳥(ハクセキレイ?)になって会いに来てくれた!
と感じることがあります。そして、先日、その鳥が2羽、通勤で駅に向かう
僕の周りを楽しそうに飛び回っていました。

「あ。ハミングバードとHinataさん、天国で出会えたんだな」

そう感じました。

血液型が同じB型。ハミングバードとは気が合って、きっと盛り上がって
いると思います(^^)

SAIさん。
どうぞ、これからもお元気で。

もし、機会がございましたら、このブログで2月7日に紹介致しました、
「1000の風」という詩をご覧になってみて下さい。
どこの書店にもあると思います。ネット上にも掲載されています。

そして、また気が向いたら、ぜひ、このブログに遊びに
いらっしゃって下さいね(^^)

その他、コメントを下さいました皆様、本当にいつもありがとうございます!

皆様の中で、ハミングバードが生き続けているのを実感でき、
何よりうれしいです(^o^)

-----------------------------------------------------------------------

私も、すっかり鳥好きになりました。

ふっくらした小さな体。可愛い鳴き声。
ぴょんぴょん飛び跳ねる愛くるしいしぐさ。
そして、美しい毛色。

見ていて全然飽きません。

鳥といえば、現在、電車通勤なのですが、この路線では、
電車に乗り降りするときに「ピヨピヨ、ピヨピヨ」と鳥の鳴き声が流れます。

毎朝、電車に乗るときに「ピヨピヨ(いってらっしゃい)」
夜、電車から降りて「ピヨピヨ(お帰りなさい。お疲れ様)」

ハミングバードが出迎えてくれているようで、
思わず「いってきます」「ただいま」とつぶやいています。

映画の台詞のようですが、願いが叶うのなら
「もう一度会って抱きしめたい」とホントに心から思います。
日が経つにつれて、そんな、ハミングバードへのピュアな
気持ちが、さらに強くなってきたように感じます。
posted by ハミングバード at 13:14| Comment(28) | TrackBack(0) | 日常の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月06日

ご無沙汰しております

大変ご無沙汰しております。ハミ夫です。

3月の中旬に、無事、故郷へ引っ越しました。
そして、ハミングバードのお墓も近くなりました。
すぐに会いに行けます(^^)

引っ越し先が区画整理中だったこともあり、しばらく電話やネットの環境が
整いませんでした・・。電話は数日で開通したのですが、3月下旬まで
「ネットにつながらない!」という、これまでのハミ夫にとって信じられない
生活が続きました(>_<)

そして、ようやく4月2日に開通!!
閉ざされた世界から脱出した感じです(^o^)

新しい生活、職場にも慣れてきて、ようやく「ゆとり」がでてきたように
思います。ブログの方も、少しずつ更新していきます。
これからもどうぞよろしくお願い致しますm(_ _)m

----------------------------------------------------------------------

引っ越して1週間ほど経った3月19日の朝、ハミングバードと同じ病気と
闘っていたHinataさんが天国へ旅立たれました・・・。

その悲報は、その日の午後、ハミングバードの父から電話で受けました。

その2〜3日前の朝、突然、胸騒ぎというか、急にHinataさんのことが
気になっていました。

「そういえば、Hinataさんのブログに書き込んだままだけど、あれから
どうしただろうか・・。ネットが開通したら、Hinataさんのブログを見に行こう。」

そう考えていた矢先のことでした・・・。

骨転移による腰の痛みをこらえながら、新幹線に乗ってハミングバードの
ご供養にお越し下さったHinataさん・・・。
そのときのHinataさんの素敵な笑顔を思い出しながら、涙。
しばらくハミングバードの側で考えました。
そしてHinataさんに会いに行こう!と決心。

翌々日の早朝、東京へ出て新幹線でHinataさんの故郷へ。

Hinataさんは、とびきりの笑顔で迎えて下さいました。
「Hinataさん、ハミ夫です!会いに来たよ!!」
あぁ・・。また涙が止まらない・・。

Hinataさんは、小さい頃から明るく活発な方だったそうです。
入院する前日までお仕事を続けていらっしゃったそうで、
やるとなったら、とことんやり抜くタイプ。

お会いしたときの、あの凜とした雰囲気。素敵な笑顔。
きびきびとしたしぐさ。なるほど、と思いました。

お酒も好きだったそうです。それなら、ハミングバードも交えて
おいしいお酒を一緒に飲みたかったなぁ・・。

Hinataさん、安らかにお休み下さい。
そして、ハミングバードをよろしくお願いします。

--------------------------------------------------------------

Hinataさんの故郷へ向かう途中、京都駅から京都タワーが見えました。

ハミングバードも、こうして西へひとり旅をしたんだなぁ・・。
ハミングバードは、きっとここを歩いたんだ!
ここで写真を撮ったのかな?

そんなことを考えながら、涙でにじむ景色をしばらく眺めていました。

考えてみたら、こうして一人で西へ出かけるのは、今回で2度目。
1度目は仕事だったので、初めてきたような気分でした。
Hinataさんと「関西は外国のようですよ」みたいな話で
盛り上がったのを思い出しました。

次に西へ出かけるのは、関西オフ会参加の時かな!?
posted by ハミングバード at 00:56| Comment(10) | TrackBack(0) | 日常の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月04日

おひなさま

こんばんは。ハミ夫です。

昨日は「おひなさま」でしたね。

その前夜。ハミングバードの大学時代のY先輩(本当に慈悲深い、
優しい方(^^))から電話を頂きました。

「おひなさまのときは、はまぐりを食べるのよ〜」

早速、はまぐり汁の作り方を教えて頂きました。

そして昨日。「ちらし寿司」も一緒に、と考えたのですが、
時間が無くて断念・・。はまぐり汁だけでしたが、作ってみました!
出来上がったのがコレです。

はまぐり汁.jpg

味付けはお塩と醤油を少々。あと、ちょっぴりみりんを入れました。
「三つ葉を入れるとアクセントになるわよ〜」
というアドバイスを頂いたのですが、お店では売り切れ_| ̄|○ 
仕方なく、ねぎを入れてみました。
味は、それなりに出来た気がします(^^)。

「はまぐり」は、貝殻の大きさや形がひとつひとつ違うので、
同じ貝殻同士でないとピッタリ合わないそうです。それゆえ、
夫婦の愛のシンボルとして、結婚式やひな祭りなどの席で
欠かせない食材となったということです。

なるほど。夫婦愛の象徴だったのですね。
Y先輩、ご連絡ありがとうございました!

ハミングバードと育んできた大切な愛を確かめながら
ハミングバードと一緒に、ゆっくりと頂きました。
posted by ハミングバード at 19:43| Comment(13) | TrackBack(0) | 節句・行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月26日

ご無沙汰しております

ご無沙汰しております。ハミ夫です。

ハミングバードの納骨式後、いろいろと忙しく、なかなかブログを更新
できませんでした・・・。しかし、おかげさまで、ハミ夫の転職先と
引っ越し先が決まり、現在、あれこれ準備をしております。3月中旬に
ハミングバードが待つ故郷へ引っ越します。

どちらも、トントン拍子で話が進みました。特に、引っ越し先は、あと数時間
遅れていたら、お目当てだった、たった一件の物件を逃すところでした。
何より、その物件の名前が、ハミングバードと新婚生活をおくった物件の
名前と一緒だったのです!これもハミングバードの力添えがあったからだと
思います(^^)。ハミングバードに感謝ですm(_ _)m

----------------------------------------------------------------------

ハミングバードがお世話になった病院に通っているお友達がいらっしゃいました!
2月11日に、pumitaさん、Nさん、やすっちさん、マーシャさんの4名
(べっちさんがご都合によりお越し頂けなかったのが残念(>_<))、
2月12日に、はやぶささんがいらっしゃいました(^^)。

う〜ん!両日ともにとても楽しかったです!!関西オフ会の皆様と
お会いしたときも感じたのですが、やっぱり、初めて会ったとは思えない
ほど話がはずむし、何より、皆様、本当に素敵な方々でした(*^_^*)。

そのときのお話をいくつかご紹介したいと思います。

----------------------------------------------------------------------

以前紹介した詩「1000の風」。pumitaさんもこの書籍を持っていて、
私に読ませたいと準備をして下さっていたそうです。
ところが、その書籍が見当たらない・・。それが2月3日のこと。
そして、納骨式にてお坊さんから、その詩を私が聞いたのが2月4日。
ブログを読んだpumitaさん、驚かれたそうです。
間違いなく、ハミングバードがpumitaさんのその強い気持ちを察して、
私に伝えたのだと思います(^o^)。

----------------------------------------------------------------------

Nさんから、次の写真データを頂きました。
051219_椿 小.gif
「椿の花」です。Nさんのご自宅にて、この一輪だけが、力強く咲き続けて
います。そうです。間違いなく、ハミングバードがNさんに、これまでの
ように「ありがとう」「治療がんばってね!」と微笑みかけているのです!
椿の花言葉は「気取らぬ魅力」「高潔な理性」とのことです。ハミングバード
にピッタリの花言葉だと感じました。
美しい写真、本当にありがとうございました。

----------------------------------------------------------------------

pumitaさん、Nさん、マーシャさん、やすっちさんがお帰りになるとき
でした。この日に頂いたチューリップ、まだつぼみだったのですが、
何と!ふんわりと咲いているではないですか!

ハミングバードとこのブログを思わせる、やさしいピンク色が印象的(^^)。
皆さんがお帰りになるのを微笑んで見送るかのように、優しく咲きました。
これには、私もビックリ。皆さんがお帰りになった後、うれしくて話かけて
いました(^^)。

そのときの模様については、pumitaさん、マーシャさんのブログでも
ご紹介くださっています。

----------------------------------------------------------------------

はやぶささんとハミングバードの劇的な出会いのお話も素敵でした。

はやぶささんもハミングバードと同じ病院に通っていらっしゃるのですが、
日頃から、ハミングバードのブログをご覧になっていたはやぶささん、
「もしかしたら、同じ病院かも?」と感じていたそうです。

そしてある日、はやぶささんは病院内を歩いている女性を見て、
「もしかして、あの子がハミングバードでは?」と直感で感じます。
そして、思い切って声をかけてみます。
「ハミングバードさんですか?」
「はい!?そうです!あれ?もしかして、はやぶささん?」

このときの模様について、ハミングバードは、会社から帰ったハミ夫に
一生懸命、説明してくれたのを思い出しました。
「今日ね、突然、ハミングバードさんですか?って声をかけられたの!」
そのうれしそうな笑顔。
「けど、私も『あ、この方、はやぶささんだ。』って感じたんだよね」

ハミ夫も、さすがに「すごいなぁ」と感じました。
ハミングバードに声をかけて下さったはやぶささんに感謝です(^o^)。

----------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------

そういえば・・。

もうお気付きの方もいらっしゃるかもしれませんが、
「ハミングバード」という名前の由来は、これまたYUKIの歌です。
「COMMUNE」というアルバムの7曲目「ハミングバード」がその歌です。

メロディーは、
あっけらかんとしているような・・
ちょっと物悲しいような・・
それでいて、とても洗練されています。
小柄で美しく、優しい名曲です。

歌詞は、
ハミングバードが乳ガンと自分の関係を恋にたとえた詩や
K先生への想いをふと感じさせる部分があったり・・・

「ハミングバード フライアウェイ」
「さすらうよ フライドアウェイ」
     :
「さえずるのよ?・・・いつまで?」

ハミングバードは、ガンと闘う自分をこの歌詞に重ねたのだと思います。

そして後半は、今、私たちに向けて伝えている言葉にも聞こえます。

「ゆら ゆら 漂う風になる」

この部分は「1000の風」を感じます。

ハミングバードが天国へ旅立つとき、ハミングバードが愛したYUKIの
CDの歌詞も棺の中に入れました。そんなこともあり、今、YUKIのCDを
聴くと、ハミングバードのメッセージに聴こえてきます。

YUKIの「ハミングバード」、ぜひ聴いてみて下さい(^o^)。


※pumitaさん、マーシャさんのブログへのリンクを追加しました!
(やすっちさんのブログが見つかりませんでした・・・(>_<))
posted by ハミングバード at 20:21| Comment(11) | TrackBack(1) | 日常の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月07日

ハミングバードの納骨式

こんばんは。ハミ夫です。

いつもたくさんのコメントを頂き、誠にありがとうございます!
お一人お一人にコメントをお返ししたいのですが、時間が思うように
とれません(>_<)。しかし、ひとつひとつ、有難く読ませて頂いております。
どうかご容赦ください。

--------------------------------------------------------------------------

2月4日(土)、故郷にある墓苑に、ハミングバードのお骨を無事に納骨致しました。

私は、前日、故郷にあるハミングバードの実家へ向かったのですが、
空にはモクモク大量の雲。とても寒い風。ちょっと天気が心配・・・。
その夜、ものすごい突風が吹き荒れていて、なかなか寝付けません。
・・ん?これだけ風が吹いているということは、明日は晴れてくれるか??

そして、納骨式当日の朝を迎えました。
天気は快晴!雲ひとつありません。・・・んー!!ホントに良かった(^^)。
ハミングバードが夜のうちに雲を追い払っていたのかな?

粛々と納骨式は進行し、とうとう、ハミングバードはお墓の中へ・・
もう、ひたすら涙が出ました・・。すると、最後に、お坊さんが一息ついてから、

「ハミングバードさんが話していると思って聞いてください」

と、おっしゃって、一遍の詩を朗読されました。
その詩の名は「1000の風」。

素敵な詩でした。そして、悲しみは安堵となり、
ハミングバードが私の心の中に飛び込んできたようでした。

「ハミングバードは、もっともっと大きな存在になって
 皆を見守ってくれているんだ」

そう感じるとともに、自分の外側ではなく、
ハミングバードが自分の心の中に生き続けているんだ、
と感じました。

この詩は、Web上でも公開されています。ここで全文紹介したい、
とも考えたのですが、書籍も何種類か出ているようなので、
ぜひ、そちらをご覧頂ければと思います。

ハミングバードを胸に抱いて自宅へ帰宅。
遺影をご安置して、ハミングバードとの静かな生活が始まっています。

----------------------------------------------------------------------------

pumitaさんへ
>寂しいですが、ハミちゃんは いつも傍にいると思います☆
>だから、ハミ夫さんは 今までどおり、笑顔でハミちゃんに話しかけてほしいです…

ご心配頂き、ありがとうございます。
pumitaさんのおっしゃるとおり、ハミングバードは、これまで通り、私の傍らにいます。
そして、ハミングバードに話しかけながら、毎日を送っています(^^)。

----------------------------------------------------------------------------

お坊さんの「1000の風」の朗読を聞いていて、

「ハミングバードも、ちょっと似たような詩を書いていたような・・・」

と感じてブログを見ていたら・・・ありました。
2005年5月6日に掲載した「あなたに上に」です。
何となく、ですけど、似たようなスケールの大きさや慈悲深さを感じます。

ところで、この詩の中に、次のような一節を見つけました。


  明々後日は雷
  
  あなたが見てるすぐそこでピカッと光ってみせるからね


そういえば、オフ会 in 静岡の帰り道で、駅についたそのとき、
たった一度だけ雷がピカッと光りました。
(そのときの模様を、Hinataさんがブログに書いてくださっています)
やはり、あれはハミングバードだったのかもしれませんね!

-----------------------------------------------------------------------------

ちょっと気になったコメントがあったので一言。

カワセミさん、ハミングバードの夢をご覧になったのですね!

その中で、

 『「YUKIの曲集めてるの〜♪」って言ってiPodをいじってました。
  なぜiPod!?』

とあり、驚きました。

実は、我が家には、私のiPod、ハミングバードのiPodShuffleがあります。
私のiPodには、YUKIの「joy」までのすべてのアルバムの曲がインポートされています!
ハミングバードのiPodShuffleには、ハミングバードお気に入りのYUKIの曲やCharaの
曲が入っています。

ハミングバードが病院での待ち時間に音楽を聴きたい、ということで、
私のススメで購入したiPodShuffle。大変気に入った様子で、よく首にぶら下げて
いました。

そして!
納骨のために故郷へ向かった4日、車の中で、iPodを接続してYUKIのオンパレード。
不思議なことに、目的地の高速道路出口の料金所へ入る直前、最後の曲がぴったり
終了(曲が終わって、料金所のおじさんと話すまでの時間はたったの数秒でした)。

まさに、出発してからの数時間で、YUKIの「joy」までのすべての曲を「時間内に」
聞き終えた、といった感じ。これまでも故郷と自宅の間を、ハミングバードと一緒に
ドライブしてきましたが、そのとき、決まって車の中はYUKI。私もYUKIが大好き。

ということで、ハミングバードがiPodをいじって、YUKIの曲を聴いているのは、
納得のワンシーンです(^^)。

>ハミちゃんは薄ピンクのジャージ
>ハミ夫さんは薄いブルーのジャージを着ていました。

ユニクロで買っておこうと思います(^^ゞ
posted by ハミングバード at 00:44| Comment(14) | TrackBack(1) | 日常の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月02日

近況と詩の件です

ご無沙汰しております。ハミ夫です。

2月に入りました。

お花に囲まれたハミングバードに、感謝の気持ちを込めて、
毎日、毎食、私と同じ食事をお供えし、仕事以外の時間は、
ずっと同じ部屋で生活を共にしてきました。

そして、今週末、四十九日を迎えるハミングバードは故郷へ帰ります。

今でも、ハミングバードが側にいる気がして、
声をかけたり、一緒にご飯食べたり、おやすみの挨拶をしたり、
何となく、寂しくなかったのですが、
うーん、さすがにちょっと寂しくなるな、と思います・・。

「生まれ変わったら、またどこかで会おうね」

ハミングバードは、遺言の中で、透き通った美しい声で
私に言いました。今でも忘れられない、本当に美しい声でした。

ハミングバードを胸の中で感じながら、
また会える日を待ちたいと思います。

----------------------------------------------------------

さて。
カワセミさんご指摘の「詩」の件です。

掲載しようと考えていた詩は、YUKIの歌の歌詞でした。

しかし、よく考えてみたら、ブログに歌詞を
掲載することはできないのですよね・・。
あの時は、何気なく、何も考えずにお知らせしておりました。
申し訳ございませんでした・・・。

ということで、ここでは、その歌を紹介したいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

■「プリズム」(YUKIのアルバム「PRISMIC」の10曲目)

息を引き取ったハミングバードが病院から我が家に帰ってきた夜、
添い寝をし、夜中に目が覚めたときに、私の頭の中に「鮮明な音」で
流れてきた歌が、この「プリズム」でした。
次の日、歌詞を読んで、

「これは、天国へ旅立つハミングバードの気持ちなんだ」

と確信しました。ハミングバードは、それを私に伝えたかったのだ
と思います。

曲全体が、まさに「プリズム」のようにキラキラ輝いている曲です。
本当に美しい名曲です。

-----------------------------------------------------------------------------------

■「Home Sweet Home」(YUKI のアルバム「joy」の13曲目)

全摘手術が終わり、骨転移のために再入院するまでの間、
ハミングバードがよく聞き、よく歌ってくれた歌です。
車で、このアルバムを聞いていて、「Home Sweet Home」が
始まると、ハミングバードは、決まって、YUKIと一緒に
歌っていました。闘病中のハミングバードの気持ちが
こめられていると思います。再入院しているとき、何度となく、

「早くお家へ帰りたいです」

と看護師さんに話をしていたハミングバードを思い出します。

ゆったりしたテンポの透き通るような美しい曲ですが、
その中に、激しい心の葛藤が込められています。

-----------------------------------------------------------------------------------

これらの歌は、通夜・告別式の前後に、会場で繰り返し流しました。
ハミングバードの気持ちを、ハミングバードが大好きだったYUKIの歌にのせて
伝えることができれば、と思ったからです。

もし、機会がございましたら、ぜひ、聞いて頂きたい、と思います。
そして、歌詞を読んで頂きたいと思います。

そして、何より、こんなに素敵な歌を創って下さった、
YUKIさんに、心より感謝申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

ちなみに、ハミングバードは歌が上手でした。よく通る声で、かわいい口を
大きく開けて歌っていました。

ところで、べっちさんがご覧になった夢、最高ですね!
ハミングバードが歌っていたのは、きっとYUKIの曲です。
私は、少々アコースティックギターを弾くので、
今度は、私も一緒に参加したいです!
posted by ハミングバード at 01:37| Comment(16) | TrackBack(0) | 死せる詩人の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。